SEO戦略とは!?そのメリットとデメリットや手法を解説します!

SEO対策実例・コラム
2019.10.15
SEO戦略とは!?そのメリットとデメリットや手法を解説します!

SEO対策を行うことで、検索結果で上位に表示され、その内容(サービス・商品)を認知してもらったり、購入・問い合わせしてもらうことができます。そのためには様々な戦略を立てることが必要です。

この記事ではそのSEO戦略を立て、実行するために、SEO戦略の内容やメリット・デメリットについて解説いたします。

SEO戦略とは

Googleで検索された時に、上位表示させる施策のことをSEO対策と呼びます。検索で上位表示されると、そのページに検索者が訪れやすく、商品の購入に繋がったり、認知度の向上に繋がったりして、ビジネス面で非常に優位です。

その上位表示される仕組みをうまく取り入れて、戦略的に検索順位を上げていく施作がSEO戦略です。戦略を立てて、キーワード選定から被リンクの獲得を行い、効率的に上位表示されることで、実際にサイトに訪れた訪問者に行動を促します。

SEO対策が検索順位の上位を狙うミクロ的な視点とすれば、SEO戦略はサイトの訪問者に様々な行動をとってもらうために大枠で戦略を立てるマクロ的な視点といえるでしょう。

WEBコンテンツが最終的に目指す目標

WEBコンテンツが最終的に目指す目標は注文やお問い合わせなどのCV(コンバージョン)を上げたり、たくさんの人に見てもらって、サービスの認知度を上げたりすることです。

WEBコンテンツを公開して、検索結果で上位に表示され、これらを果たした時にWEBコンテンツの目的が達成されたと言えます。その行動をとってもらうためにSEO戦略を立てることが非常に重要です。

上位表示をされると、それだけたくさんの人にサイトを見てもらいやすく、訪問されやすいということですが、逆に検索順位が下位の方だとサイトへの訪問客が減り、そもそもWEBコンテンツを作成する意味も無くなってしまいます。

そうならないようにするために、SEO戦略が非常に大事になってきます。

進化してきたSEO対策

検索上位に表示されるように、自社サイトに施作を行うことをSEO対策と呼びますが、近年ではSEO対策は著しく進化してきています。Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートされ、現在ではサイトの内部と外部の両方からアプローチしていくSEO戦略が上位表示されるためには不可欠です。

例えばひとつのWEBコンテンツをアップすると、Googleの「クローラー」と呼ばれる検索エンジンロボットがそのコンテンツを評価します。この「クローラー」の精度が以前より格段に向上しており、小手先のテクニックに頼っているコンテンツは評価されなくなりました。

現在では本当に検索者の意図を汲みとり、的確な答えを提示している良質なコンテンツのみが評価され上位表示されます。

SEO戦略のメリット

ではSEO戦略を立てて実行すると、どういったメリットがあるかをご紹介いたします。

  • 長期的な集客効果が期待できる

SEO戦略に基づき、良質なコンテンツを作成してGoogleで検索結果に上位表示された記事は、クローラーが検索者の意図を汲み取って、答えを導いている良質なコンテンツと評価されたコンテンツです。

一度Googleに評価されたコンテンツは大幅なアップデートがない限り長期的に上位表示され続けます。つまり、検索結果で上位表示されると訪問者も多くなり、集客効果や認知度の向上にダイレクトに繋がります。

  • コストの費用対効果が高い

SEO戦略にはコストはほとんどかかりません。コストをほぼかけずに集客ができたり、問い合わせの数が増えたりなどの広告効果を考えると、非常にコストパフォーマンスが良いと言えます。

  • 人件費がかからない

検索者が求める良質なコンテンツを作ることがSEO戦略です。一度SEO戦略を実施して上位表示されたコンテンツはその後、人の手がかかりません。つまり一度作ってしまえば、人件費はそれほどかかりません。

サイトの立ち上げ時には、外注したり、外部サービスを利用したりして、経費がかかることもありますが、その後の人を雇ったり、育てたりしていく必要はありません。

  • コンテンツが蓄積されるほどSEOに優位に働く

SEO戦略は基本的に長期の戦略となります。良質なコンテンツを時間をかけて蓄積していくほど、長期的にSEOに優位に働きます。サイトの立ち上げ時のコンテンツが少ない時期はSEOで評価されなくても、良質なコンテンツを作り続けていれば、自ずとサイト自体の評価も上がります。

ですので、良質なコンテンツを増やすことが長期的なSEO戦略となり、優位に働くということになります。

  • コンテンツを資産にできる

ユーザーにとって良質なコンテンツを作り、それがGoogleに評価されると、そのコンテンツは価値を生み出し続ける資産になります。ユーザーに良質な情報を提供しているコンテンツの数が増えるほど、資産も増え、流入の数も多くなります。

SEO戦略のデメリット

では逆にSEO戦略のデメリットをご紹介いたします。

  • 効果が出るまでに時間がかかる

SEO戦略は長期の視点が必要です。施作を行ってすぐに結果が出るというものではありません。中にはなかなか結果がでないので途中でSEO戦略を諦めてしまう人もいるでしょう。

いずれにせよ、すぐに成果が出るというものではないことに注意が必要です。

  • 検索エンジンの順位を決定するデータが蓄積されるまで時間が必要

先にご紹介したGoogleのクローラーがGoogleにアップされたコンテンツを、認識して検索エンジンの順位を決定するまでにはある程度の時間がかかります。狙っているキーワードの難易度が高い場合、アップしてから上位表示されるまで数ヶ月かかることも珍しくありません。

  • 最初のうちはサイトでの集客は難しい

検索順位で上位表示されるまでは、サイトでの集客は難しいです。サイトを立ち上げて最初のうちは、ほとんど訪問するユーザーはいません。SEO戦略には長い目が必要です。

  • コンテンツの作成に時間と労力が必要

一度作ってしまえば、コンテンツは資産となりますが、作り上げるまでに時間と労力がかかります。制作を外部に委託したり、外部サービスなどを利用すると費用もかかります。

SEO戦略のやり方

では実際にSEO戦略を立ててWEBコンテンツの目標を達成させるための施作にはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれご紹介いたします。

「ユーザーが求めている情報を返す」が基本

Googleに評価される良質なコンテンツとは、ユーザーが求めている情報を提供することです。サイトに訪問したユーザーに有益な情報だったり役に立つ良質な情報を、提供しているコンテンツは上位表示されやすく、評価されます。

Googleもオフィシャルでユーザーの検索意図を満たすコンテンツを評価すると公表しています。ですのでユーザーが求めている情報を返していきましょう。

信頼性の高い情報を提供する

SEO戦略で大事なことのひとつに、信頼性の高い情報を提供することがあります。例えばコンテンツの信頼性を高めるために第三者の声を盛り込むなどが有効です。

医師のコメントや学者の紹介など権威性も含めることができれば、その情報は社会的に信頼度が高いと見なされ、コンテンツの評価が上がり、サイト自体の評価にも繋がります。

被リンクを獲得する

被リンクとは外部リンクをもらうということです。SEO戦略には内部対策と外部対策があり、その両方が大切です。外部リンクとは自社のサイトではなく、他のサイトに自社のサイトを紹介してもらう、ということ。

他のサイトで紹介されると、そのサイトの信頼性が上がり、SEO的にも評価が高まります。ですので外部のサイトにできるだけ紹介してもらえるようにしましょう。

まとめ

SEO戦略について、そのメリットとデメリットや手法を解説いたしました。いかがでしたでしょうか。

昨今ではGoogleのアルゴリズムも複雑化しており、SEOの対策もより高度な施作が求められます。その上でしっかりと戦略を立ててコンテンツ作りを行うことが重要です。良質なコンテンツの基本は、ユーザーが求めている情報を提供するということです。

SEO戦略をしっかりと立てて、長期的に顧客の獲得が見込めるコンテンツを作っていきましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)