Googleが高品質ページに求めるE-A-Tとは?

SEO対策実例・コラム
2018.05.31
Googleが高品質ページに求めるE-A-Tとは?

Googleの検索結果で上位表示を目指す上で、確認しておきたい資料として「検索品質評価ガイドライン」というものがございます。
英語にはなりますが、PDFファイルを見ることができます。

この資料の複数の項目において「Expertise/Authoritativeness/Trustworthiness(E-A-T)」という単語が出てきます。
今回はこのE-A-Tについて解説し、どのようなサイトをGoogleは高品質なページとして認識しているのか考えていきたいと思います。

E-A-Tとは?

冒頭でも書かせていただきましたが、E-A-Tとは、以下の英単語の頭文字をとったものとなります。

  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

これらの要素が含まれているページが高品質なページとGoogleは考えているようです。
確かに、専門性が高く、権威があり、信頼できるコンテンツはGoogleの検索結果において高く評価され上位表示されやすい傾向にあります。
今後も安定して上位化を目指すには、これらが備わったコンテンツを作成していく必要があると考えられます。

専門性・権威性・信頼性とは?

専門性・権威性・信頼性に関して、Googleは以下のように例を示しています。

・高品質の医療アドバイスは、適切な医療専門知識や認定を受けた人や組織から受けるべきである。高品質の医学的アドバイスや情報は専門的なスタイルで書かれていなければならず、定期的に編集、レビュー、更新されるべきである。
・科学的な話題に関する高品質の情報ページは、そのような合意が存在する問題に関する十分に確立された科学的コンセンサスを表すべきである。
・高品質の財務アドバイス、法律アドバイス、税務アドバイスなどは、専門家から入手し、定期的に更新および更新する必要がある。
・家の増改築(数千ドルの費用がかかり、あなたの生活状況に影響を与える)や育児問題に関するアドバイス(家族の将来の幸福に影響を与える)などの高品質アドバイスページは、「専門家」または経験豊富な情報源ユーザーであれば信頼できる。
・写真やギター演奏などの趣味の高品質ページにも専門知識が必要である。

上記の例を確認しますと、専門の資格を有した人でないとGoogleに評価されるコンテンツを作成できないかのように感じますが、そうではないということもGoogleはこの資料の中で書いています。

多くの人が、商品やレストランについて非常に詳細で役立つレビューを書いています。多くの人々が、フォーラムやブログなどでヒントや経験を共有しています。これらの一般の人たちは、生活の中での経験があるトピックの専門家とみなされます。コンテンツを作成する人物が、トピックに関する「専門家」となるような経験と量を持っている場合、私たちはこの「日常生活の専門知識」を評価し、正式な教育や訓練を受けていなくても、人/ウェブページ/ウェブサイトにペナルティを与えることはないです。

つまり、専門的な資格を持っていなくても、日常生活の中で得た知識や経験でも特定の分野で役立つ情報であれば評価されるということになります。

具体例として医療の分野でも一般の人がE-A-Tを含むコンテンツを提供できるという例も書かれています。

たとえば、特定の病気の人々のためのフォーラムやサポートページがあります。個人的な経験を共有することは、毎日の専門知識の一形態です。この例を考えてみましょう。ここでは、フォーラムの参加者は、愛する人がどのくらい肝臓癌で暮らしていたかを伝えています。これは、個人的な経験(専門家である)を共有する例であり、医学的アドバイスではありません。特定の医療情報とアドバイス(日常生活から得た経験の説明ではなく)は、医師または他の医療従事者から受けるべきである。

上記のように、家族が重い病で闘病している場合、その様子などは提供する人が医療関係者ではなくても、専門性を含んだコンテンツとなり得るということになります。
実際にその人が経験している事実を共有していることになるため、家族が同じ病気で苦しんでいるという人にとっては、非常に有益なコンテンツになるのだと思います。

E-A-Tを含むコンテンツとは?

E-A-T(専門性・権威性・信頼性)という言葉を聞くと、非常に難しいコンテンツを書かなければいけないような気がしてしまいますが、ほとんどの方は、運営されているサイトに掲載する内容に関して専門的な知識を有していることが多いと思いますので、その知識や経験を活かした専門的なコンテンツを定期的にユーザーに提供し続けることが大切になってくると思います。
継続して提供することで、ユーザーから信頼されるサイトに成長していくことができますし、その分野での権威もついてきます。

まとめ

今回は、「検索品質評価ガイドライン」のE-A-Tに関して説明させていただきました。
英語の資料となるのですが、資料のそこら中に「E-A-T」に関する内容が書かれていますため、上記は一部となります。
もっと読み込みたいという方は、Google翻訳をお供に是非読み込んでみてください。

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)