ライティングを外注する際の注意点と分かりやすい依頼方法とは?

SEO対策
コンテンツSEO
ライティング
2018.09.29
2020.10.22
ライティング注意点

SEOは「コンテンツありき」といわれるように、
いかにして検索ユーザーが求めるコンテンツを作れるかが重要な要素の一つとなっています。

コンテンツを作るにあたりいくつかの方法があります。
これは、メディアの規模や企業によっても様々で、アフィリエイトをしている個人の方は、
サイト運用者本人が作成しているケースも珍しくはないでしょう。

コンテンツを作成する方法

コンテンツを作成する方法は主に、下記3方法に絞られかと思います。

  • サイト運用者本人が作成
  • ライティング代行企業へ外注
  • クラウドソーシングのメディア利用し個人へ外注

 

サイト運用者本人が作成

小規模なサイトであればあるほどサイト運用者本人が作成しているケースが多いかと思います。
運用者本人がコンテンツを作成するので、一番サイト運用者の作りたいコンテンツを作成できるでしょう。(本人が作るのであたりまえですが笑)

一番意図したコンテンツが作成できるという点がメリットとしてありますが、
デメリットとしては、コンテンツ作成に多大な労力がかかってしまう点です。

ライティングをした経験のある人はわかると思いますが、コンテンツを作るというのはかなりの労力ですよね?笑
各有私も苦手なタイプなのでライティングには非常に時間がかかってしまいます。

コンテンツづくりばかりに時間を費やしてしまうと、
戦略的な仕事に時間を避けなくなってしまうなどのデメリットがあります。

ライティング代行企業へ外注

企業サイトや企業が運営しているメディアサイトなどでは、
ライティングを代行してくれる企業へ外注することは多いかと思います。

ライティング費用は恒常的にかかってしまいますが、
サイト運用者本人がコンテンツを作成しなくて良いので、
空いた時間をサイト運用に関わる戦略的な仕事にあてることができます。
ここが最大のメリットかと思います。

ただ、もちろんデメリットもあり、
しっかりと要件定義した上で外注しないと、
納品されたコンテンツがイメージしていた内容と異なってしまうことも多々あるかと思います。

一度要件伝えただけで、イメージ通りのコンテンツが納品されることは、
稀なケースだったりするのですが、そういったとこを鑑みた上でしっかりと要件定義するこが大事です。

クラウドソーシングのメディア利用し個人へ外注

「クラウドワークス」「サグワークス」などの企業が運用するクラウドソーシングサービスを利用し、
個人へ外注するという方法もあります。

メリットは、「安い」という点です。
シンプルで分かりやすいですね。

ただ、デメリットとしては、しっかりとしたコンテンツが上がってこなかったり、
納期が守られなかったり、最悪の場合、低評価受けるようなコピーコンテンツが納品される
ケースもございます。

もちろんしっかりと対応してくれる方もいらっしゃいますが、
企業へ外注するよりも上記リスクが高いです。

しっかりとしたコンテンツを納品してもらうためには

じゃあ実際、どういうやり方が一番よいかという話になるかと思います。
どのようにライターまたは企業へ依頼すればよいのでしょうか?

一番の肝は、「要件定義」です。

要件定義で納品物のクオリティが7割以上決まると言っても過言ではありません。
サイト制作と同様にしっかりと、

  • コンテンツの伝えたいこと
  • どういったユーザーに向けてのコンテンツか
  • コンテンツの文字数
  • 言い回しはどうすればよいか、ですます調がよいのか
  • コンテンツの構成は
  • 本文中に含めたいキーワードは
  • 記載してほしくない内容はあるか

など、しっかりと要件を企業やライターへ伝えることがしっかりとしたコンテンツを納品してもらうために必要です。

色々とメリット、デメリット、注意点を記載してきましたが、
正直、ケースバイケースで使い分けるのが一番良いかと思います。

弊社では直契約のライターが数多くおりますので、
柔軟にコンテンツ制作が可能な体制があります。

もちろんSEO会社ではありますので、コピーコンテンツチェックも含め、
SEOを意識したコンテンツのご納品が可能ですので、なにかコンテンツ制作にお困りの際は、
お気軽にご相談くださいませ!

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)