SEO会社が作った無料コピペチェックツール【コンテンツドクター】

コンテンツドクターを使う

記事やコラムなどコンテンツを作成する際、自作することはもちろん、外注ライターへ委託することもあると思います。
そんな時欠かせないのがコピペチェックです。
SEOの視点からもコンテンツの重複(コピー)をGoogleは推奨しておりません。
サイトの評価が得られないだけでなく、最悪の場合に検索結果上から削除されてしまいます。
サイトへアップする前には必ずコピペチェックを行いましょう。
そこでぜひ活用して頂きたいのがこのツール「コンテンツドクター」です。
コンテンツドクターは、「コピペチェック」はもちろん、「キーワード出現率チェック」というキーワードの重要度を数値化する機能もございます。
SEO対策のできたコンテンツ制作にぜひご活用ください。

 

コンテンツドクターはココが違う!!

コンテンツドクターのコピペチェックは、登録された文章からいくつかの短い文章に区切り、その文章をGoogleで検索することで、すでにWeb上に似た文章が無いかチェックを行います。

無料で簡単利用可能

コンテンツドクターは高品質で無料のコピペチェックツールです。
有料会員などのサービスは一切ございません。
だれでも無料で全ての機能をお使い頂けます。

どこにも負けない文字数制限

無料コピペチェックツールの中でトップクラスの1ヶ月に10,000,000文字までチェック可能です。
ストレスフリーにお使い頂けます。

利用制限なし

他社サイトの無料コピペチェックツールによくある「1日に利用できる回数制限」はありません。
何度でもご利用いただけます。

 

コンテンツドクターを使う

 

コンテンツドクターの活用方法

事前準備としてキーワードの設定、本文の作成が終了していることとします。

コンテンツが重複していないか確認

重複率の高いコンテンツを見つけたら対象のURLを開き確認します。


コピペチェック結果の「検索テキスト」の文をコピーし、対象のURL中から検索します。
作成したコンテンツの文章と対象URLの文章を比較します。
部分的な重複であったり、対象ページが404ページなど問題がない場合もあります。
他サイトと文章がまるっきり重複してしまう場合は、修正をしましょう。

コンテンツがキーワードに対して適切であるか確認

コピペチェックを終えたら、タブを「コピペ結果」から「キーワードスコア/共起語」に切り替えて、キーワード出現率をチェックします。
キーワードスコアや共起語を確認し調整することで、より検索エンジンにコンテンツの方向性を正確に伝えられるようにします。

 

コピペチェックツールの使い方

まずはページ上部のメニューから「無料で使ってみる」を選択します。
「コピペチェック」を選択したら、コンテンツの登録画面が表示されます。
記事の登録方法は2つありますので、それぞれ解説します。

個別登録

キーワード

作成したコンテンツで上位表示を狙っているキーワードを入力します。

タイトル

コンテンツのタイトルを入力します。

本文

コンテンツの本文を入力し、「登録」をクリックすると完了です。

一括登録

キーワード、記事タイトル、記事の各セルを入力後、「登録」をクリックすると完了です。
登録方法①に対してこちらの方法では、複数の記事を一括で登録することが可能です。
Excelで原稿を管理している場合は、複数の原稿をExcelから貼り付けて登録できます。

結果画面の見方

登録が完了したらページ上部の「結果一覧」を選択し、登録したコピペチェックが「解析完了」になるまで待ちます。
「解析完了」になったら「結果詳細」から検索結果を確認します。

コピペ結果

ページ下部にある「コピペ結果」から重複しているWeb上のコンテンツを確認できます。

本文

こちらは登録したコンテンツの表示になります。
「検索テキスト」にリストアップされた文章を選択すると、対象の文章が選択表示されます。

検索テキスト

こちらは登録された本文からいくつかの短い文章に区切り、その文章をGoogleで検索した結果がリストアップされたものです。
重複している文章がありましたら、
検索した例文 – 検索の結果重複が見られた本文中の文章が表示されます。
重複 – 本文内に重複がないか検索した結果が表示されます。
検索結果 – コピーサイトが存在していた場合、その件数が表示されます。
最大重複率 – 最も重複が見られたコピーサイトとの重複率が表示されます。
がリストアップされます。
最大一致率が高いものは「黄色 < 赤」と色で表示し、分かりやすくなっています。

検索結果

こちらは「検索テキスト」を選択することで、選択した文章と重複している文章があるページの文字数/一致文字数/一致率がリストアップされます。
一致率が高いほどコピーコンテンツである可能性が高く、「黄色 < 赤」と色で表示し、分かりやすくなっています。
URLをクリックすると、対象のページを閲覧することができます。

キーワードスコア/共起語

「キーワードスコア/共起語」を選択すると、チェック登録した記事の2種類のロジックスコアと共起語が表示されます。
ロジックスコアとは、チェック登録した記事の文章を単語に分解し、キーワードの出現数などを元に、キーワードの重要度を数値化したもののことを指しています。
Googleはコンテンツの内容を理解するために、記事内で使用されているキーワードを解析していると考えています。
当ツールでは、Googleの単語分解ロジックに柔軟に対応できるよう2種類の単語分解ロジックでロジックスコアを算出しています。どちらかのスコア結果で上位化を狙っているキーワードのスコアが3.5〜6.0の範囲に収まっていれば、Googleにコンテンツの方向性を伝えることができていると考えております。
※共起語リストが表示されない場合は、共起語取得中のため、5分ほど時間をおいてページの更新をして下さい。

辞書分解ロジックスコア

こちらは形態素解析を利用した単語の重要度スコアを記載しています。

ペコプラロジックスコア

こちらはペコプラ独自の単語分解ロジックを使用し、単語の重要度スコアを記載しています。

共起語リスト

こちらは登録したコンテンツの「キーワード」に記載しているキーワードに対しての上位20サイトでよく使用されているキーワードを表示します。
また、表示された共起語をどれだけ使用しているかも表示されます。

メモ

「メモ」を選択すると入力スペースが表示されます。
自由にメモを残すことができるスペースとなっております。

 

キーワード出現率チェックの使い方

まずはページ上部のメニューから「無料で使ってみる」を選択します。
「スコアチェック」を選択したら、コンテンツの登録画面が表示されます。
キーワード出現率チェックをする際は、既にWeb上に「公開済みのコンテンツ」と、「公開前のコンテンツ」で入力箇所に違いがありますのでご注意ください。

公開済のコンテンツのキーワード出現率チェック

上記で紹介した「コピペチェック」の結果画面にて確認できた「キーワード/共起語」のみをチェックすることができます。

キーワード

作成したコンテンツのキーワードを記載してください。
こちらにキーワードを入力することで、調査結果画面では共起語も合わせて確認することができます。
※未入力の場合は、共起語は表示されません。

URL

既にWeb上に公開されている場合は、URLを入力してください。
※URLとチェック文章の両方を入力した場合は、チェック文章が優先されますのでご注意ください。
入力後「チェック」をクリックすると完了です。

公開前のコンテンツのキーワード出現率チェック

「キーワード」と「チェック文章」を入力してください。

キーワード

作成するコンテンツの対象キーワードがある場合は、キーワードの欄に記載してください。
こちらにキーワードを入力することで、調査結果画面では共起語も合わせて確認することができます。
※未入力の場合は、共起語は表示されません。

チェック文章

チェックしたい文章を入力して下さい。
正確にキーワードの出現率スコアを調査するためには、Web上に表示したい文章のみを入力していただくことをおすすめ致します。
入力後「チェック」をクリックすると完了です。

結果画面の見方

「チェック」をクリックしたら結果画面に遷移します。
ページ下部に結果の詳細が記載されています。
各項目に関しましては「コピペチェックの使い方」の「検索結果」内で解説しております。

キーワード出現率チェックの注意点

キーワード出現率チェックの結果、仮にスコアが低い場合でも、無理やりキーワードを使用することはおすすめしません。
あくまでも最重要なのは、コンテンツの質であり、キーワードのスコアは質の高いコンテンツの方向性を正確に検索エンジに伝えるための指標です。キーワードの詰め込みすぎはGoogleからペナルティを受ける可能性もありますので、無理な調整は避けましょう。

 

コンテンツドクターを使う

 

コラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)