SEOと呼ばれる検索エンジン最適化とは何?仕組みや目的、手法を徹底解説!

SEO対策実例・コラム
2019.07.12
2019.07.14
SEOと呼ばれる検索エンジン最適化とは何?仕組みや目的、手法を徹底解説!

インターネットに関わっている仕事をしていても、いなくても「SEO」や「検索エンジン」という言葉を耳にする機会は多いのではないでしょうか。

「SEO」と呼ばれる検索エンジン最適化を理解することで、ユーザー(検索者)の検索意図やサイトにたどり着く道筋を知ることができ、Webサイトをさらに活用できます。

この記事では、YahooやGoogle、Bingなど複数ある検索エンジンの中でも、日本でのシェア率が高くYahooに検索結果の情報を提供しているGoogleについて、SEOの仕組みや目的、手法を徹底解説いたします。

そもそも「SEO」とは

「SEO」とはSearch Engine Optimizationの略です。「検索エンジン最適化」のことを「SEO」と呼びます。ユーザーがGoogleで検索した時にWebサイトが上位表示されたり、検索エンジンで多く露出させることを検索エンジン最適化=SEO対策と呼びます。

検索エンジン最適化とは

先述した通り、検索エンジン最適化とは検索結果上で上位表示させ、多くユーザーに見られる機会を増やす施策のことをいいます。つまり、サイトの検索順位を上げる施策のことです。

検索エンジン最適化を行うことで、サイトが上位表示されてその分ユーザーの目に止まったり、クリックされる率も高まります。ユーザーがサイトに訪れるとそこで紹介しているサービスや商品が売れる可能性が高くなります。

検索結果でサイトが上位表示されるためには、実際にGoogleもオフィシャルで「ユーザーのニーズにあった答えを返すことが評価されるページ」だと公表しています。ユーザーの求めている情報や意図を汲み取って正確な情報を回答していくことが最適エンジン最適化の基本と言えます。

検索エンジンの仕組み

検索エンジンがインターネット上で公開されているサイトを認識して、検索結果に表示されるまでの仕組みは次の3段階で説明できます。

1、クローリング

Googleはサイト情報の収集をプログラム(クローラー)が行っています。ですので検索結果にサイトを表示させるとなると、まずはプログラム(クローラー)に認識させる必要があります。この作業が「クローリング」です。

クローリングとは「巡回」という意味があり、プログラムがページを巡回して情報を収集するという意味です。ちなみにクローリングの時点では検索結果にサイトは反映されません。

2、インデクシング

クローリングにより認識されたサイトはデータベースに収納されて保存されます。このデータベースに保存する作業のことを「インデクシング」と呼びます。

集められたデータをそのまま保存してしまうと、不要なデータも一緒に保存してしまう可能性があります。インデクシングにより情報を整理してデータベースに格納させます。
そのため、インデクシングには多少の時間がかかりますが、これにより初めて検索エンジンにサイトが表示される準備が整います。

3、スコアリング

インデクシングが完了したWebページは、ユーザーが検索するキーワードなどの情報と照合して表示される検索順位が決まります。この作業を「スコアリング」と呼びます。スコアリングのルールのことをアルゴリズムと呼び、アルゴリズムは日々変化しています。

検索順位を決めるアルゴリズムは200項目の評価基準があると言われており、最終的にそのアルゴリズムに高い評価を受けたサイトが検索結果の上位に表示されることになるのです。

検索エンジン最適化(SEO)の目的とは?

検索エンジン最適化(SEO)の目的とはズバリ、ビジネスの成長にあります。ビジネスを成長させるには、サイトを多く露出させてユーザーに認知してもらい、ページに引き込むことが重要です。

ユーザーが検索したワードで上位表示されると、それだけ目に留まる可能性や宣伝広告効果が高まるということ。一言で言うと、目立つためのものです。いくら商品やサイトを作っても知ってもらう機会がなければ、商品は売れません。

検索エンジン最適化(SEO)の目的は、ユーザーにサービスを知ってもらいビジネスを成長させることにあるのです。

ユーザーがインターネットで検索した際に、上位にサイトが表示されることにより、サイト内のサービスを知ってもらう機会が増え、結果的に自社のサービスを候補のひとつとして選んでもらえる可能性が高くなります。

検索ユーザーがサイトに訪問するための導線

ではユーザーがどのようにして検索エンジンを使いサイトに訪問するのかを説明します。 検索ユーザーがサイトに訪問するには3つのステップがあります。

  1. 検索窓でキーワードを入力する
  2. 検索結果をクリック
  3. サイトに訪問する
の3段階です。

ユーザーはまず気になっているキーワードをGoogleなどの検索窓に入力します。入力すると検索結果が表示され、多くのユーザーはその中から上位の検索結果のサイトに訪問する、という流れになります。

そのため、ユーザーをサイトに訪問させやすくするには、ユーザーが検索しそうなキーワードをリサーチ、対策して検索結果の上位に表示させる必要があります。そのためにはページのタイトルを工夫したりサイトの特徴をしっかり把握してユーザーが求めるコンテンツを作成することが大切です。

検索エンジン最適化(SEO)の手法は2つある!

では検索エンジン最適化(SEO)の仕組みや目的をご紹介したところで、次は手法をご紹介していきます。検索エンジン最適化の手法には2つの方法が存在します。それが、「ホワイトハックSEO」と「ブラックハットSEO」です。

それぞれ解説していきます。

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEOとは、Googleが推奨するウェブマスターガイドラインに準拠して検索エンジン最適化を行う手法です。

この手法はGoogleの「スタートアップガイド」にも記載されていて、各項目を実践していき、ユーザーに有益なコンテンツを提供していくことを目的としています。

ブラックハットSEO

ホワイトハットSEOとは逆に、ウェブマスターガイドラインに違反したスパムや不正なやり方で検索順位を上げる方法を「ブラックハットSEO」と呼びます。

具体的には、ページの中に検索キーワードを大量に埋め込んだり、検索エンジンが巡回して読み取ったページとは違うページを表示させたりと行った手法があります。しかし、これらの手法を用いてもGoogleの推奨する方法とは異なるため、検索順位が上がらないことがほとんどです。

詳しくは以下をご覧ください。

SEOのブラックハットとはどんな施策?ペナルティは?効果はあるの?

検索エンジン最適化(SEO)とはユーザーが知りたいことを返すこと!

検索エンジン最適化(SEO)の結論は検索ユーザーが知りたいこと情報をきちんと返しているサイトを作ることに尽きます。Googleはそもそも検索させることを目的としていますので、ユーザーに有益な情報を提供することで、Google自体の価値を高めています。

ユーザーが知りたいことを突き詰めていき、逆算して質の高いサイトを作れば自ずとGoogleに評価されるサイトになります。そうすることで検索順位が上位に来るようになるのです。

まとめ

SEOと呼ばれる検索エンジン最適化について、仕組みや目的、手法を解説してきました。いかがでしたでしょうか。

最適エンジン最適化(SEO)とはユーザーが知りたいキーワードを検索して、表示された検索結果で自社のサイトを上位表示させることです。検索順位は日々変化しており、ユーザーが知りたい情報を返しているサイトが評価されて上位表示される仕組みになっています。

まとめるとユーザーにとって有益なサイトがGoogleで評価されます。ですので検索ユーザーが知りたいことをきちんと返し、ユーザーメリットが高く情報の質の高いコンテンツを作成するようにしていきましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)