Googleにインデックス登録されない?確認方法や原因を紹介します

SEO基礎
SEO対策
2021.03.31
Googleにインデックス登録されない?確認方法や原因を紹介します

Googleにインデックス登録されなくて、どうすればいいのかと悩んでいる方はいませんか?本記事では、そういった方のために、Googleにインデックス登録されているかを確認する方法や考えられる原因についての対策方法を、例を上げて分かりやすく解説しています。

また、そもそも「インデックス登録って何?」といった方に対しては、別の記事で紹介をしていますので、そちらをご覧ください。

▼関連記事

Googleにインデックス登録されているかを確認する方法

Googleにインデックス登録されているかを確認する方法

まず始めに、Googleにインデックス登録されているかを確認する方法を紹介していきたいと思います。

確認方法としては、主に2つあります。

  • Googleの検索窓に「site:対象URL」と入力し、確認する方法
  • Google Search Console の「URL検査」と「カバレッジ」の機能を利用し、確認する方法

今回は、ペコプラのサイト(https://pecopla.net/)を例として見ていきたいと思います。

「site:対象URL」をGoogle検索窓に入力し確認する

簡単にインデックス登録を確認する方法として、「site:対象URL」をGoogle検索窓に入力するやり方があります。

このやり方(「site:」で検索)を使用する目的は主に2つあります。

  • サイト全体の大まかなインデックス数を確認したい場合(「site:サイトURL」)
  • 対象URLがインデックス登録されているかを確認したい場合(「site:対象URL」)

今回は、2つ目の対象URLがインデックス登録されているかを確認したいので、検索窓に「site: https://pecopla.net/」と入力します。

site: 検索

検索結果を見ていただくと、一番上に、対象URLに登録されているインデックス数が表示されます(今回は、対象URLがサイトURLなので、サイト全体の大まかなインデックス数「約547件」が表示されています)。

「site:」で検索すると、一番上に「Google Search Consoleをお試しください」というリンクが表示されます。その下に対象URL(pecopla.net)が表示されていれば、Googleのデータベースに登録されていることを意味します(インデックス登録済み)。

Google Search Consoleの「URL検査」と「カバレッジ」機能で確認

詳細なインデックス登録を確認する方法として、Google Search Consoleの「URL検査」と「カバレッジ」機能で確認するやり方があります。

先ほどの「site:」検索で対象URLがインデックス登録されているかを確認することはできます。しかし、サイト全体のインデックス登録を確認する際、「site:」検索は大まかなインデックス数を表示しているのみで、新規コンテンツの追加や削除を行っていなくても、検索するたびにインデックス数に増減があったりして、明確なデータではありません。

そういった際に、使用するのがGoogle Search Consoleです。

Google Search Consoleは、先ほどの「site:」検索で一番上に表示される「Google Search Consoleをお試しください」というリンクをクリックしてくと、「プロパティを検索」で対象URLを開く必要がないので、手間は省けます。

ちなみに、リンクは下記の通りですので、よく使う場合は、ブックマークをしておくのもいいでしょう。

https://search.google.com/search-console/welcome?hl=ja

Google Search Consoleにログインしていただき、確認したいサイト(https://pecopla.net/)のURLをプロパティに追加し、所有権を確認してください。所有権の確認ができると、Google Search Consoleに対象サイトのデータが反映されるようになります。

それでは、今回使いたい機能を見ていきましょう。

▼関連記事

Google Search Consoleの「URL検査」機能で確認

1つ目は、「URL検査」機能を使って、Googleにインデックス登録がされているかを確認する方法です。

左のサイドバーにある「URL検査」をクリックしていただくか、サイト上部の検索窓に調べたいURL(https://pecopla.net/)を入力していただくと、結果が表示されます。

下記のように、「URLはGoogleに登録されています」と表示されれば、対象URLがインデックス登録済みだということになります。

google search console 検索窓

URL検査

 

▼関連記事

Google Search Consoleの「カバレッジ」機能で確認

2つ目は、「カバレッジ」機能を使って、Googleにインデックス登録がされているかを確認する方法です。
確認する手順は、

  1. 左のサイドバーにある「カバレッジ」をクリック
  2. 「有効」をクリック
  3. 「送信して登録されました」or「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」の中に対象URLがあるかを確認

カバレッジ

以上となりますが、数が多い場合は、Excel等にDownloadして、検索機能を使った方が早く見つけられるでしょう。

例としてExcelの場合は、表のタブの中に、対象URLがあるかを確認します。

  1. 「ホーム」から「検索と選択」をクリックしていただき、いくつか項目がありますが、「検索」を選択してください。
  2. ポップアップが表示されますので、そこに対象URL(https://pecopla.net/)を入力し、「セル内容が完全に同一であるものを検索する」にチェックを入れると、該当場所に飛んでくれます。

▼WindowsのExcel

excel(windows)

▼MacのExcel

excel(mac)

ここにない場合は、インデックス登録がされていない可能性があるので、エラーや除外の項目をクリックし、確認してください。

また、登録されていない原因に関しては、次の章で紹介していますので、そちらをご覧ください。

Googleにインデックス登録されない原因

Googleにインデックス登録されない原因

先ほどは、Googleにインデックス登録されているかを確認する方法について見ていきました。確認の仕方を知りたいという方は、第1章をじっくり見てもらえばと思いますが、サイトを運営していると、思ったよりインデックス数が増えていないなあと感じることはありませんか。そこで、この章ではインデックス登録されていない場合に考えられる原因について見ていきたいと思います。

Googleの品質に関するガイドラインに違反している

一番に考えられる原因としては、Googleの品質に関するガイドラインに違反していて、インデックス登録がされないケースです。このガイドラインでは、「インデックスからの完全削除」、あるいは「不正行為」について説明がなされています。

具体的なガイドラインの内容は、以下の通りで、詳細を知りたい方は下記のリンクを参照してください。また、このガイドラインに載っていないことは、何でもしていいというわけではなく、ユーザーにとって利便性の高いサイト制作を心がけましょう。

  • 自動生成されたコンテンツ
  • リンクプログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 十分な付加価値のないアフィリエイトサイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成
  • 構造化データのマークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

参照:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

▼関連記事

canonicalタグの誤った使用

重複コンテンツを防ぐ目的として、canonicalタグを使用しますが、その使い方を間違えてしまうと、対象URLがインデックス登録されなくなります。

canonicalタグは、サイト内で同じような内容が書かれているコンテンツが複数ある場合、評価を分散させないために使用します。使用する際は、重複していているコンテンツの中から、インデックス登録をさせたいページにcanonicalタグを記述します。この記述をする際に、対象URLを間違ってしまうと、間違って使用してしまったページがインデックス登録され、本来評価してもらいたいページがインデックス登録をされない場合があります。

また、似たようなコンテンツがあり、canonicalタグを使用していなかった場合、どちらかが重複コンテンツとして、評価されないこともあります。そういったケースでもインデックス登録がされない場合がありますので、注意しましょう。

▼関連記事

robots.txtでアクセス制限している

robots.txtの「Disallow:」にインデックス登録をしたい対象URLが含まれている。もしくは、「Disallow:」に指定したディレクトリ配下に対象URLが存在し、アクセス制限がされているケース。

アクセス制限をした場合、クローラが対象URLに来なくなりますので、設定にミスがないようにしましょう。

基本的には、「Disallow:」は「ログイン画面(/wp-admin/)」に使うことが多く、それ以外は、特定ページにアクセス制限をかけるといったことがなければ、「Disallow:/wp-admin/」のみにしましょう。

▼関連記事

メタタグでnoindexの設定をしている

本来、googleの検索結果に表示されないようにする方法として、メタタグにnoindexを設定しますが、その使用方法を間違えてしまうと、インデックス登録をしたい対象URLにクローラが来なくなりますので、注意が必要です。結論としては、対象URLには、noindexの設定はしないようにしましょう。

▼関連記事

サイトが新規でクローラが来ていない

サイトを立ち上げたばかりの時によくあるのが、そもそもクローラが来ていないので、インデックス登録がされないことです。対策としては、クローラビリティ(クローラがWebページを見つけやすくする)を改善してインデックスを促進させるために、サイトマップを送信することです。

▼関連記事


まとめ

今回は、Googleにインデックス登録されない際の確認方法や原因について紹介しました。
まとめると、
Googleにインデックス登録されているかを確認する方法は、下記の2通りを試してください。

  • site: 検索
  • Google Search Console の利用

Googleにインデックス登録されない原因は、下記の5つを疑って見てくだい。

  • Googleの品質に関するガイドラインに違反している
  • canonicalタグの誤った使用
  • robots.txtでアクセス制限している
  • メタタグでnoindexの設定をしている
  • サイトが新規でクローラが来ていない

最後に、この記事がユーザーの皆さんに少しでも役立っていただけると、書き手として冥利に尽きます。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)