アルゴリズムアップデートとは?SEO対策時に知っておきたい順位変動の仕組み

SEO対策実例・コラム
2019.07.05
アルゴリズムアップデートとは?SEO対策時に知っておきたい順位変動の仕組み

 

SEO対策を施してGoogleの検索結果の上位にサイトが表示されるようになっても、アルゴリズムアップデートが行われると、何もしていないのにサイトの順位が下がってしまうことがあります。

アルゴリズムアップデートとは何なのか、アルゴリズムアップデートでなぜ何もしていないのに順位が下がってしまうのかなど、アルゴリズムアップデートに対する疑問点を解説します。

アルゴリズムアップデートとは

アルゴリズムアップデートとは、Googleの検索結果の順位を決めている評価基準を、正確性を追求しより時勢に即した新しいものに更新することです。

このアルゴリズムアップデートは大規模なものから小規模なものまで、年に数回程度行われています。最も重要なのは、このアルゴリズムアップデートが行われるたびに、Googleの検索結果が変動する、ということです。

評価基準をアップデートする

Googleはクローラーと呼ばれるプログラムで、インターネット上にある無数のサイトの情報を収集し、検索データベースに登録しています。そして、そのデータベースの中で、独自の評価基準に基づいて順位をつけ、検索結果に上位から順番にサイトを表示しています。

この評価基準に従って順位をつけているプログラムが「アルゴリズム」です。

アルゴリズムを定期的に更新することで、検索機能の精度をより高く、より正確なものにすることができます。

詳しくは後述しますが、サイトの中にはブラックハットSEOなど、検索アルゴリズムの欠点をついてSEOを悪用するような方法で評価を上げているサイトも存在します。そういったサイトをより高い精度で検索結果から排除するためにも、Googleは定期的にアルゴリズムの中枢部のプログラムを更新し続けているのです。

アルゴリズムアップデートでなぜ順位が変わるのか

アルゴリズムアップデートが行われると、Googleが設定した新しい評価基準の影響を受けて、サイトの順位が変更される場合があります。

その結果、今まで上位だったサイトの順位が落ちたり、逆に今まで下位だったサイトの順位が上がったりして、検索結果の順位変動が起きるのです。

アルゴリズムアップデートの具体的な内容は、詳しく明かされないことがほとんどです。

しかし、アップデートが行われる前後でキーワードごとの検索順位を比較することで、どのようなアップデートが行われたのかをある程度予測することはできます。

特に何もしていないのにサイトの評価が下がってしまったという場合は、アルゴリズムの新しい評価基準にサイトの内容が今までほど合致しなくなってしまったのかもしれません。

アルゴリズムアップデートはなぜ行われるのか

アルゴリズムアップデートは、大規模なアップデートが年に数回という比較的高い頻度で実施されています。サイトの評価基準を更新するためだけでなく、ユーザーの利便性をより考えた結果、このような頻度で実施されているのです。

では、アルゴリズムアップデートはなぜこんなにも頻回に行われているのでしょうか。

ユーザーにより良い検索結果を提供するため

アルゴリズムアップデートが行われるのは、サイトの評価基準を更新し、利用者にとってより良いコンテンツが常に上位に表示されるようにするためですが、それだけではありません。

サイトの中には、検索順位を上げるために、ブラックハットSEOやコンテンツのコピーなどの悪質なSEOを行っているサイトがあります。

このようなサイトは訪問者にとって検索の妨害になるだけでなく、SEOポイズニングなど、より悪質なサイトへの足掛かりになっている可能性もあるため、放置しておくと被害が拡大してしまうかもしれません。

こういった悪質なSEOを行っているサイトをより高い精度で検索結果から除外するためにも、アルゴリズムアップデートは重要な役割を果たしています。このようなサイトをより正確に判定し順位を下げるなどのペナルティを与えるのも、アルゴリズムアップデートの重要な役割の一つです。

アップデートで変更対象になることが多い「YMYL」に注意

アルゴリズムアップデートの影響を特に受けやすいと言われているのが、「YMYL」と呼ばれる分野のサイトです。「YMYL」とは、「Your Money,Your Life」の略称で、Googleの検索品質評価ガイドラインである「General Guidelines」にその定義が定められています。

「General Guidelines」(英語版)には、YMYLの定義について「Some types of pages could potentially impact the future happiness, health, financial stability, or safety of users. We call such pages “Your Money or Your Life” pages, or YMYL.」と記述されています。

ざっくりと翻訳すると、「ユーザーの未来の幸せ、経済的な安定、健康面、安全面などに影響を与える可能性のあるページをYMYLと定義しています」という意味です。

YMYLは特別に呼称が設定されているだけあって評価基準が厳しく、またアルゴリズムアップデートでの変動も大きいジャンルです。アップデートで評価を下げないためにも、他のサイトよりもより高い専門性や情報の信頼性が必要となります。YMYL分野のサイトを作成する際は、評価基準が他ジャンルより厳しい、ということを覚えておきましょう。

 

アルゴリズムアップデートで順位を下げられないために

アルゴリズムアップデートは事前に予告されることが少なく、予告があったとしてもアップデート内容までは公開されないため、事前の対策が難しいです。ただし、2019年6月のアップデート時は大型アップデートを行う旨の予告があったので、今後は事前予告ありのアップデートも増えてくるかもしれません。

何よりも重要なのは、アルゴリズムアップデートが行われたとしても順位が下がらないサイトを構築することです。

アルゴリズムアップデートで順位を下げられないために重要な対策と、アップデートでサイトの評価が下がってしまったときにおすすめの方法をご紹介します。

ページ内のコンテンツの品質を高める

何よりも重要なのは、ページ内のコンテンツの品質です。いくらSEO対策を施しても、ページ内のコンテンツの品質が悪いと、アルゴリズムから高い評価を得ることはできません。

ページ内のコンテンツの品質を高く保つことで、アルゴリズムアップデートが行われても、大幅に評価を下げられるのを防ぐことができます。

また、SNSで拡散されるような質の高いコンテンツを作成することにより、被リンクの獲得が期待でき、結果として検索結果での順位上昇の可能性が高くなります。

順位の下がったページのリライト

検索の順位が下がってしまった、検索での流入が減ってしまったページが出てしまったら、そのページのリライトがおすすめです。

ただし、やみくもに文章を書きなおすだけでは、正しい評価は得られません。最新の正確な情報を加筆する、より専門性の高い情報を加えるなど、利用者にとって利便性の高いコンテンツと判断されるようなリライトをすることが大切です。

さらに、リライト時にHTMLタグのdatetimeタグを使って日付を更新したり、ワードプレスの公開日時を最新のものに更新したりすると、より新しい情報としてクローラーに認識してもらうことができます。

まとめ

アルゴリズムアップデートによる検索順位の変動は、事前に対策するのはとても難しいです。

だからこそ、日ごろから「質の高いコンテンツを作る」という意識をきちんと持つことが重要になってきます。サイトにコンテンツを入れっぱなしにしておくのではなく、アップデートに合わせたリライトや最新の情報の加筆などを行い、こまめにコンテンツを更新して信頼性の高い情報を利用者に提供することが大切です。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)