SEO対策に必須の知識「パンダアップデート」とは?ペナルティを回避する方法

SEO対策実例・コラム
コンテンツSEO・コンテンツマーケティング
2019.04.24
SEO対策に必須の知識「パンダアップデート」とは?ペナルティを回避する方法

Googleの検索アルゴリズムは定期的にアップデートされますが、その中でも影響の大きかった検索アルゴリズムのアップデートが「パンダアップデート」です。パンダアップデートにより、コンテンツの質が低いサイトが検索上位に表示されることは少なくなりました。

パンダアップデートで低品質なWebサイトの検索順位は下がった

検索エンジンの検索結果に低品質コンテンツを含むサイトを上位表示することで、利用者のユーザビリティを損なってしまう可能性があります。そこで低品質コンテンツを含むサイトの検索順位を下げ、高品質コンテンツで構成されたサイトの検索順位を上げることを目的としてGoogleが行ったのがパンダアップデートです。

パンダアップデートが行われる以前には「コンテンツファーム」と呼ばれる低品質のコンテンツを大量に含むサイトが、上位表示されることが少なくありませんでした。しかしパンダアップデート以降は低品質なコンテンツで構成されたサイトは、Webサイトが検索エンジンから、どの程度良く評価されているかを表すドメインオーソリティやサイト規模にかかわらず、検索順位が上がりにくい傾向があります。

パンダアップデートで検索順位が下がるコンテンツ

パンダアップデートにより、サイトの検索順位を下げる原因となる低品質コンテンツとは、具体的には以下のようなコンテンツです。

自動生成されたコンテンツ

プログラムによって自動的に生成されたコンテンツは低品質コンテンツとみなされます。特に以下の2つのコンテンツには必要です。

  • 自動化されたツールで翻訳されたテキストが、人間によるチェックや編集を経ずに公開されたコンテンツ
  • 複数のウェブサイトからのコンテンツを、十分な付加価値を加えずにつなぎ合わせたコンテンツ

自動生成されたコンテンツ

この記事は英語サイトを日本語に翻訳したものをそのまま公開しています。このようなコンテンツは低品質なコンテンツです。

この他にも「検索キーワードを含むが、文章として意味をなさないテキスト」「マルコフ連鎖やAtom/RSSで生成されたテキスト」などを含むコンテンツは、低品質コンテンツとみなされる自動生成されたコンテンツです。

誘導ページ

特定の検索キーワードで検索上位に表示し、ユーザーを特定のサイトやページに誘導する目的で作成されたページが誘導ページです。

誘導ページ

「TOEIC 勉強方法」の検索キーワードで記事が作成されていますが、内容は他のサイトのページに誘導するものです。このような誘導ページは低品質コンテンツとみなされます。

無断複製されたコンテンツ

2012年にパンダアップデートが実施されるまでは、サイトのページ数を増やすことで検索順位を上げることが可能でした。しかし現在ではページ数を増やすことを目的に、評判の良い他のサイトのコンテンツをそのまま転載したコンテンツは、無断複製されたコンテンツとして検索順位を下げる原因になります。

既存のサイトのコンテンツを利用する場合でも、付加価値を加えることができるコンテンツを作成しましょう。

実質のないアフィリエイトサイト

アフィリエイトのためだけのサイトや、ユーザに対する付加価値を加えていないアフィリエイトサイトも検索順位が下がってしまいます。アフィリエイトサイト内で、商品説明を記載する場合には、他のサイトと類似の商品説明を記載するのでなく、実際に商品を利用したユーザとしての感想などを加えて付加価値を加えましょう。

パンダアップデートで検索順位が落ちた場合の対処法

パンダアップデートにより、サイトの検索順位が落ちた場合の対処法は以下の通りです。

優先度1:高品質コンテンツの追加

パンダアップデートでサイト全体の検索順位が落ちてしまった場合、サイトが落ちる原因になったページを削除するよりも最初に行うべきなのは、高品質コンテンツをサイトに追加することで、ユーザに付加価値を与えるサイトにすることです。

優先度2:コンテンツのリライト

高品質コンテンツをサイトに追加しながら、既存のコンテンツをリライトし、よりユーザーに付加価値を与えられるものにしましょう。作成してから時間の経ったコンテンツの場合には、最新情報を加えてリライトすることで、ユーザービリティが上昇します。

優先度3:NOINDEXにする

NOINDEXにしたコンテンツは、Googleの検索エンジンにインデックスされません。サイト内の低品質コンテンツをNOINDEXにすると、高品質コンテンツだけがGoogleの検索エンジンにインデックスされるようになり、サイトを検索上位に表示しやすくなります。

しかしNOIDEXにするということは、そのコンテンツ経由でのサイトへのユーザーの流入がなくなるということです。サイトを利用して集客を行なっている企業の場合、サイトへのユーザーの流入が減れば、売上の減少に繋がります。

パンダアップデート以降に検索順位を上げるために重要なEAT

パンダアップデート以降に検索順位を上げるためには、コンテンツの「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trust Worthiness(信頼性)」が重要です。

Expertise(専門性)

コンテンツやサイト全体が専門性を持っているかどうかを指します。ウォーターサーバーに関するコンテンツを例にすると、雑多な内容を含む個人のブログサイト内のコンテンツよりも、ウォーターサーバーに特化したコンテンツを含むサイト内のコンテンツの方が、専門性が高いと判断され、検索上位に表示されやすいです。

画像は「ウォーターサーバー」という検索キーワードで検索した検索結果です。検索上位は全てウォーターサーバーに特化したサイトのコンテンツとなっています。

Authoritativeness(権威性)

権威性は正しいと信じられている状態のこと。権威性のあるコンテンツとは「あの人が書いたなら」「あの会社が言うのなら」と思わせることができるコンテンツです。

権威性

画像は「胃腸炎 薬」で検索した結果です。検索上位4つは病院や製薬会社などのコンテンツで、全て医療のジャンルで権威性があります。2番目の赤枠の記事は、医療とは直接関係のない東洋経済のコンテンツですが、このコンテンツは医療ジャーナリストによって作成されており、やはり権威性が高いです。

Trust Worthiness(信頼性)

信頼性があるとは、多くの信頼を獲得していること。Googleの検索アルゴリズムが信頼性を評価する方法は公表されていませんが、サイトの運営者が明らかなサイトのコンテンツは信頼性があるとされることが多いです。

サイトを利用して集客をする場合には、運営者情報のページを作成し、以下の情報は最低限でも入れることをおすすめします。

  • 会社名
  • 住所
  • メアド
  • 電話番号

Googleがアルゴリズムで重視する25のポイント

Googleが検索アルゴリズムにおいてEAT以外に重視しているのは、以下の25のポイントです。

  • あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
  • この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
  • サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
  • あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
  • この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
  • このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
  • この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
  • 同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
  • コンテンツはきちんと品質管理されているか?
  • この記事は物事の両面をとらえているか?
  • このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
  • 次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
  • コンテンツが外注などにより量産されている
  • 多くのサイトにコンテンツが分散されている
  • 記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
  • 健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
  • サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
  • 記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
  • 記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
  • ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
  • 記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
  • 記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
  • 記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
  • ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
  • このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか

ペンギンアップデートに注意

低品質コンテンツを含むパンダアップデートとは別に、低品質なリンクを主な対象としたペンギンアップデートも行われています。SEO対策をするうえでは、パンダアップデートの対策だけでなく、ペンギンアップデートの対策も行いましょう。

ペンギンアップデートでは、以下の低品質なリンクおよび手法を含む場合に、サイトの検索順位が下がる可能性があるので注意してください。

 

  • リンクプログラム
    Google検索結果でのサイトのランキングを操作することを目的としたリンクです。

  • クローキング
    検索アルゴリズム上の評価を高めるために、検索エンジンとユーザーに対し異なるページを表示する手法です。

  • 不正なリダイレクト
    検索エンジンを騙す目的で、サイトにアクセスしたユーザーを、ユーザーがアクセスしようとしたURLから別のURLに移す手法です。

  • 隠しテキストや隠しリンク
    ユーザーがブラウザでサイトを閲覧した際には表示されず、検索エンジンだけが認識する文字やリンクです。

  • スニペットの悪用
    検索結果で表示されるコンテンツのスニペット内(画像赤枠)にユーザを騙すために、コンテントと関係のない文言を表示する手法です。

スニペット

まとめ

低品質なコンテンツを含むサイトの検索順位を下げ、高品質なコンテンツを含むサイトの検索順位を上げるパンダアップデートは、以前のようにアップデートがある毎にGoogleからアナウンスされるということはなくなり、Googleの検索アルゴリズムの一部として動作しております。

そのため従来のように、SEO上の効果だけを狙った質の低いコンテンツを作成しても、意味をなさなくなりました。今後は、ユーザーに価値を提供できる高品質なコンテンツを作成し、ついでにGoogleにも評価されるのを狙うのがよさそうです。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)