SEO対策においてリライトは重要?リライトが必要なページの見極め方と手順について解説

SEO対策
コンテンツSEO
2021.08.18
SEO対策においてリライトは重要なのか

記事のリライトはSEO対策に欠かせないものです。

SEOを考慮して、すでにあるコンテンツを“目的”に応じて書き直すことで、検索順位を上げる事ができます。

今回、リライトが必要なページの見極め方と手順、そしてリライトする際の注意事項について徹底解説します。

このページを見れば、SEO対策に重要なリライトの方法が分かります。

リライトとは

SEO対策に欠かせないリライトについて、分かりやすく説明していきます。

リライトの定義

リライトとは“書き直し”の意味があります。

具体的には、特定のキーワードで書いた既存の記事を“検索ユーザーのニーズ”に応じて、修正を加えることで検索結果の上位表示を目指すことです。

リライトのSEO効果

リライトすることで、検索ユーザーのニーズに応えた記事に修正することができるのでコンテンツの質が上がります。

これにより、リライトされた記事は検索エンジンに再評価され、検索結果の順位が上がる効果が見込めます。

そのためSEO対策として、リライトは重要な対策の一つなのです。

リライトをするメリット

リライトのメリットとしては、新規に記事を制作するよりも早期に検索順位への効果が出やすいというのがあります。

新規に記事を制作すると、検索結果に自分の記事が表示されるにはサイトのドメインが強くない限り、平均して3か月以上かかると言われています。

そのため、すでに検索エンジンに評価されている既存の記事をリライトする方がコスパが良いと言えます。

積極的にリライトしていきましょう。

SEO対策でリライトが必要なページとは

とはいえ、書いた記事全てをリライトする訳ではありません。

やみくもにリライトしても、時間ばかり掛かってしまうだけで、効果が出にくいページもあるからです。

ここでは、SEO対策としてリライトしていくべきページの特徴を紹介していきます。

リライトするタイミング

リライトを検討するタイミングとしては、ある程度の記事数があり、サイトに一定数のアクセス数があるのが望ましいです。

そもそも訪問者がいなければ、どこをリライトすれば良いのか方針も立てられません。

記事を書き溜めていくつかの記事が検索エンジンのクローラーに認知され、評価され始めたタイミングで検討するのが良いでしょう。

リライトが必要なページについて

リライトすべきページには、いくつかの特徴があります。

主には、以下の傾向が出ている記事がリライトが必要なページと言えます。

検索順位が高く、クリック率が低いページ

一つ目は、検索の順位が高くクリック率が低いページです。

ここでいう検索順位は、狙ったキーワードの検索結果が少なくとも2~3ページ目以上に表示されているページが望ましいです。

クリック率とは、検索結果での表示回数に対して、ユーザーにクリックされた割合のことです。

つまり検索エンジンに評価されて検索順位は高いのに、検索ユーザーにクリックされていないページという事です。

この傾向があるページは、タイトルに問題があるケースなど課題がはっきりしていることが多いので非常にリライトしやすいです。

▼関連記事

検索順位が低く、クリック率が高いページ

二つ目は、検索順位が低く、クリック率が高いページです。

つまりこれは、検索ユーザーはタイトルやページ概要から「自分の求めている答えがこの記事にありそうだ」とクリックしたものの、期待したものではなく離脱してしまっているページと言えます。

この傾向があるページは、ページの内容を検索ユーザーのニーズに更に応えることができる様にリライトすれば、検索順位が上がる可能性があります。

リライトする記事の優先順位は明確にする

このように、リライトする記事にはいくつか傾向があります。

課題がはっきりしていて、その対応策も明確になっているページが、一番リライトしやすく効果も出やすいです。

時間は有限なので、今ある記事の傾向をしっかり分析して、リライトするページは優先順位をつけて対応していくことが非常に重要なのです。

リライトの手順【やり方】

ここでは具体的なリライトの手順を説明していきます。

リライトで目指すべき、質の高いコンテンツとは

そもそもリライトすることで、目指すべきゴールは何でしょうか。

それはずばり、検索ユーザーのニーズに応えた読みやすいコンテンツにすることです。

それこそがSEO対策としても目指すべき質の高いコンテンツと言えます。

検索エンジン側も「ユーザーの利便性を第一に考えているかどうか」をコンテンツに一番求めているのです。

そのため、ユーザーのニーズを第一に考慮しリライトをして、質の高いコンテンツを目指していきましょう。

▼関連記事

リライトする記事を選ぶ

先にも述べたように、全ての記事をリライトするのは非常に効率が悪いです。

ずばり「書き直す価値のあるページ」を選んでいく必要があります。

ある程度検索順位が上位にあって、課題がはっきりしているものを選んでいきましょう。

リライトする記事を選ぶ際には、まず「Google Search Console」を使って今の自分の記事を分析しましょう。

検索パフォーマンスの結果からキーワードごとの、表示回数とPV数、CTR(クリック率)、平均掲載順位などを見て判断していきます。

例えば、「Google Search Console」の画面を実際に見てみましょう。

サーチコンソールのデータのサンプル

この様に、クリック数、表示回数、CTR、検索順位などが一目で分かります。

このデータをもとに、今の自分のページを分析していきます。

リライトの方針を決める

「Google Search Console」で記事の分析を行った後は、リライトの方針を決めます。

これが非常に重要です。

もし間違った方針でリライトをしてしまうと、逆に検索エンジンからの評価が悪くなり順位も下がってしまうからです。

記事をリライトする

それでは実際に記事をリライトしていきましょう。

タイトルとディスクリプションの見直し

検索順位が高く、クリック率が低いページでは、タイトルとディスクリプション部分のリライトが有効です。

タイトルは、検索ユーザーの意図を汲んだ内容で30文字以内にまとめます。

ディスクリプションとは、検索結果に表示される「ページの概要部分」のことです。

ユーザーが思わずクリックしたくなるよう端的にページの概要を120文字以内で説明するのが望ましいです。

タイトルもディスクリプションも長文過ぎると、全文表示されないので前半部分に言いたいことはまとめましょう。

▼関連記事


E-A-Tを考慮する

E-A-Tとはつまり、ページの品質向上において欠かせない要素のことです。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthy(信頼性)

専門性がある記事内容だと、検索してきたユーザーの課題解決につながりやすいため、ページへの滞在時間も長くなります。

権威性とはつまり、他のサイトからリンクをたくさん貼られているかなど、第三者から評価されているようなサイトかどうかということです。

信頼性とは、つまり「どんな人が書いているのか」ということで、サイトの情報の内容は信頼できるものかどうかが重要となるのです。

▼関連記事

検索ユーザーのニーズに応える

検索ユーザーのニーズに応えるとはつまり、検索者のインサイト(顕在化していないニーズ)を深堀りすることが重要です。

例えば、Googleのサジェストキーワードや共起語(特定のキーワードと関連がある用語)から探る方法があります。

例えば、SEO対策を検索してみると

色々なサジェストキーワードが出てきます。

これらはすべて、検索ユーザーの検索意図でもあります。

SEO対策のやり方を調べたい人もいれば、誰かにやってもらいたいので費用を検索している人もいるわけです。

自分が狙う特定のキーワードに対して、検索ユーザーはどんな意図で検索しているのか、このニーズをとらえて、その答えをコンテンツに反映することが大事なのです。

競合にはない独自性を付加する

ページの上位化を狙うためには、すでに検索上位にあるライバルサイトの「見出し」や「コンテンツ内容」を分析して取り入れることは非常に有効です。

しかしそれだけでは、上位を狙うことは出来ません。

リライトする際は、自分の経験や知識を活かして独自性(オリジナリティ)を付与しましょう。

そうすることで、他のサイトが真似できない自分だけのコンテンツが出来上がるのです。

リライトする際の注意点

リライトはSEO対策として有効ですが、やり方を間違えると逆効果につながることもあります。

ここではリライトする際の注意事項を説明します。

リライトする方向性はしっかり考慮すべし

先に述べたように、リライトする際は「ユーザーのどのような課題」に対して「どのような対策」を行うのか明確にしましょう。

リライトはやりすぎてしまうのも良くありません。

大幅にリライトすると、実際に効果が出た場合「何が有効だったのか」分からず、次も活用できる知識が身に付きませんし、逆に結果が悪くなった場合「何が悪かったのか」分からないので、リライトし直すのも難しくなってしまいます。

リライトする目的と方針は必ず慎重に検討して実行しましょう。

必ず効果検証をする

リライトした後は、1か月後を目途に効果検証しましょう。

リライトする記事を選ぶ際に使ったデータ(表示回数とPV数、CTR(クリック率)、平均掲載順位など)と、リライトした後のデータを見比べて、効果を確認します。

その結果によって、次のリライト方針を検討していくのです。

SEO対策のリライトは一日にしてならず

SEO対策は、すぐに効果が出るものではありません。

リライトも、新規の記事よりは比較的早く効果が出ますが、定期的にアクセス状況を分析する必要があります。

リライトした後は、1か月を目途に効果検証しましょう。

その結果をもとに、またリライトを検討していく。

SEO対策としてのリライトは、その繰り返しです。

まとめ

SEO対策においてのリライトは重要か、リライトが必要なページの見極め方について紹介しました。

良質なコンテンツを作成して、検索順位の上位を目指す上でリライトは非常に重要です。

リライトするページを適切に見極めて、結果の出せるリライトを目指していきましょう。

リライトの道も一歩から。

地道にコツコツと記事をブラッシュアップしていくことが、SEO対策として一番有効なのです。

SEOやWEB制作に関する情報を検索する

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)