SEO対策において最重要であるコンテンツの作成手順を解説

SEO内部対策
SEO対策
2021.10.11
コンテンツSEO

コンテンツ作成の目的はそれぞれ異なるものではありますが、多くの人に見てもらうという目的は同じです。

コンテンツ作成は、最終目的こそ異なれど、人を集めて見てもらうことが大切になります。

SEO対策はもちろんですが、コンテンツの内容によって訪問者の行動も変わりますのでとても重要な部分です。

そこでコンテンツを作成するためのポイント等についてを解説。

これらのポイントを抑え、適切なコンテンツ作成を行い、目的達成を目指しましょう。

コンテンツ作成のためのキーワード選定

コンテンツ作成にあたっての一歩目はキーワードの選定です。

まずはキーワードを設定し、そのキーワードを軸にコンテンツ作成を行うことになりますが、キーワードを設定するにあたっての注意点やポイント等を覚えておきましょう。

キーワード設定の考え方

キーワード設定は簡単ではありません。

なぜなら、既に競合他社が同じキーワードでコンテンツ作成を行っている可能性があるからです。

そこでキーワードを決める際、検索エンジンにて候補となるキーワードで検索をかけてみましょう。

そこで上位表示されているサイトこそ、いわば「ライバル」です。

ライバルが多ければ多いほど、検索エンジンにて上位表示され、アクセスを集めることが難しくなります。

だからといって競合が少ないであろうキーワードを探し、設定すると、そもそも検索される需要が少ないので、やはりアクセスを集めることが難しい可能性が高いです。

結局はどのようなキーワードを選んだとしても競合よりも上位に表示されるためにはSEO対策が欠かせませんので、コンテンツを作成する目的にマッチした、検索されやすいキーワードの設定が重要です。

キーワードは一つじゃない

キーワードの考え方として、メインとなるキーワードを選び、さらにその補完的なサブキーワードの設定も重要です。

なぜなら、消費者が検索エンジンで何かを調べる際、単語一つで検索するケースは稀です。

例えば今いる場所の近くの美味しいラーメン屋を探そうと思ったら、「ラーメン」という語句だけではなく、今いる場所や「値段」「評判」「支払い方法」「営業時間」「駐車場」など、様々な関連語句と一緒に検索をかけるケースが一般的です。

つまり、コンテンツ作成の際にはキーワードの関連語句も意識する必要がありますので、まずは大枠となるキーワードを設定し、それに伴う関連語句も設定してコンテンツ作成を進めることになります。

キーワードは今後の方針になるので慎重に選ぶ

コンテンツ作成の際のキーワード選びは慎重に行いましょう。

時間がかかっても仕方ありません。

競合や関連語句の調査、キーワードそのものの検索需要等、調べられるものはすべて調べましょう。

なぜなら、キーワードの変更は基本的にはすべきではありません。

コンテンツ作成を進めたものの、思うように人が集まらないからとキーワードを変更すると、コンテンツのメインテーマブレてしまい、結果中途半端な内容のコンテンツとなってしまいます。

これでは上位に表示されるまで、さらに時間がかかることでしょう。

SEO対策としても良いものではありませんのでキーワードを変更することがないよう、キーワードを設定してのコンテンツ作成が求められます。

▼関連記事

コンテンツ作成に入る前にしておくべきこと

コンテンツ作成の前にすべきことはキーワードの設定だけではありません。

他にもいくつか行っておくべきことがあります。

これらはどれか一つだけ行えばよいのではなく、すべて行う必要がある、どれも重要なものです。

競合コンテンツの調査

競合の存在の把握・調査はコンテンツ作成に於いても重要です。

なぜなら、検索エンジンに競合サイトよりも上位に表示されない限り、競合よりもアクセスを集めるのは難しいです。

どのような目的でコンテンツ作成を行うにせよ、アクセス数は多いに越したことはありませんが、競合が上位に表示されている状態では、多くの消費者はまずはそちらにアクセスします。

そして上位に表示されている競合サイトで目的を達成したら、自らのサイトに訪れることはありません。

つまり、検索エンジンにて競合サイトよりも上位に表示させ無ければなりません。

競合サイトよりも上位に表示されるためには何が必要なのか、調査を行い、対策を考える必要があります。

キーワードの検索需要の調査

コンテンツ作成の柱となるのがキーワードですが、果たしてそのキーワードはどれだけの検索需要があるのかを調べましょう。

検索需要に関してはキーワードプランナーなどの検索ボリューム調査ツール等を活用することで簡単に調査できます。

検索エンジンでは多くのキーワードにて検索が行われていますが、どの言葉がどれくらい検索されているのかを調べることで、仮にそのキーワードで上位に表示できたとして、どれだけのアクセスが期待できるのかも見えてきます。

▼関連記事

サブキーワードの調査

コンテンツ作成で柱となるのはキーワードですが、キーワードだけではなく、関連語句、つまりサブキーワードの調査も大切です。

なぜなら、実際にコンテンツ作成する際には、様々なページを作成することになりますが、ページ単位ではサブキーワードが柱となります。

サイト全体の柱がキーワードなら、ページの主役はサブキーワードになります。

サブキーワードは多いのか、どのような語句があるのか、サブキーワードそのものの検索需要など、コンテンツ作成前の段階で調査しておきましょう。

サイトの規模や更新頻度の計画

サイトの規模、さらには更新頻度も事前に計画しておきましょう。

なぜなら、サイトの規模や更新頻度によってできることが変わります。

例えばより大きな規模にしたいのであれば、それなりのリソースが必要になりますし、更新頻度も同様です。

毎日のように更新し、情報を発信したいのであれば、リソースはもちろんですが、頻繁に情報発信できる環境を整える必要があります。

コンテンツの目的の整理

コンテンツ作成の目的も大切です。

サイトに人を集めるだけなのか、あるいはサイトにアクセスしてくれた人をさらに違う場所に誘導したいのか、資料請求してもらいたいのか、実際に商品を購入してもらいたいのか等、目的によって適切なコンテンツは変わります。

当然、コンテンツ作成にも影響が出る部分なので、どのような目的を持っているのか整理しておきましょう。

この点は正解か間違いかという話ではなく、目的によってコンテンツ作成の方向性が異なるので、事前に目的を整理しておこうという話です。

コンテンツの作成の流れ

コンテンツ作成の流れも大まかに説明しましょう。

作成から人に見てもらうまでの流れを覚えておくことで、コンテンツ作成のスケジュール感を正しく把握できることでしょう。

キーワードに基くコンテンツの作成

まずはキーワードに基いたコンテンツの作成です。

テキストがメインとなりますが、目的に合わせて画像等を入れるなど、読みやすいコンテンツとなるよう作成しましょう。

事前にコンテンツの規模やサブキーワード等は設定しているかと思いますので、それらに基いての記事作成となります。

検索キーワードに適した見出しを設定する

コンテンツを作成するにあたってまずおこなうことは、検索キーワードで検索するユーザーの検索意図にマッチした見出しを作成することです。

また、キーワードは、文中だけではなく、見出しにも含めましょう。

なぜなら、見出しはSEOの観点からも重要な役割を担っていますので、見出しに含めることで有効なSEO対策となります。

さらには、SEO対策だけではなく、訪問してくれた閲覧者に対し、サイトの内容を分かりやすく見てもらえることで滞在率を上げる効果も期待できますので重要な部分です。

▼関連記事

それぞれの見出しにあった内容の文章を作成する

見出しも大切ではありますが、見出しにあった内容の文章の作成を心掛けましょう。

なぜなら、見出しにキーワードを入れているにも関わらず、見出しと関係ない内容の本文が書かれているようでは検索エンジンからの評価が下がるだけではなく、訪問してくれた閲覧者のニーズに応えることもできません。

最悪「見出しで釣っているだけのサイト」との烙印を押されかねず、サイトの信頼性を低下させてしまいます。

▼関連記事

リード文やタイトルを作成する

文章作成こそコンテンツ作成の肝ですが、リード文やタイトルに関してもキーワードを含めることが重要です。

リード文で訪問してくれた閲覧者の興味をそそるか、あるいは他のページへと離脱されてしまうかを占う部分です。

また、タイトルはいわばお店の門構えのような部分です。如何に興味をそそり、「このページを見てみよう」と思わせるタイトルを作成できるかがカギですが、ここでもSEO対策の観点から、キーワードを含めることを忘れないようにしましょう。

▼関連記事


サイトへのアップロード

コンテンツを作成したらサイトにアップロードしましょう。

アップロードしなければ、人に見てもらえません。

アップロードの方法は様々ですが、できる限り簡素な方法が良いでしょう。

なぜなら、アップロードはその後何度も行うことになります。

特定の人間だけしか行えない方法の場合、その人間がいない時にはサイトへのアップロードができません。

しかし誰でも可能にアップできる方法であれば、特定の人間に頼ることなく、いつでもサイトへのアップロードが可能です。

修正や更新作業

書籍の場合、出版した後は手を加えることはできませんが、サイトの場合、アップロードした後も手を加えることができます。

間違った情報だと指摘された場合や誤字・脱字を発見した場合には修正すべきですし、その後の更新作業も含め、コンテンツ作成はアップロードで終わりではありません。

また、適時リライトを行っていくこともコンテンツSEO対策をする上で重要な作業となりますので、定期的に最新の情報となるよう情報の更新をおこなっていきましょう。

読みづらいコンテンツの特徴

コンテンツ作成の最終目的はそれぞれ異なりますが、見てもらってこそなので、見やすい・読みやすいコンテンツ作成が大切です。

では何が読みづらいコンテンツなのか。

この点を把握・留意し、常に読みやすいコンテンツ作成を心掛けることも大切です。

誤字・脱字が多い

誤字・脱字が多いコンテンツは読んでいて疲れます。

誤字や脱字を見かける度に、何を記載したかったのかを想像しなければならないのです。

読み手の負担が増えるのはもちろんですが、誤字が多すぎるとサイトそのものの信頼性も損ねます。

幸いなことに、WEB上のコンテンツは修正作業が行えますので、誤字・脱字のないコンテンツ作成が重要ではありますが、誤字や脱字を発見したらすぐに修正しましょう。

改行がない

ある程度の長さで適宜改行しましょう。

改行の無いコンテンツは読みづらいだけではなく、訪問者の「読もう」という意識を低下させかねません。

特に昨今はスマートフォンでwebサイトにアクセスする人も多いです。

改行されていないコンテンツは、スマートフォンから見るとモニターが文字で埋め尽くされてしまい、読みづらいものです。

カラーリングの主張が強い

webサイトはすべてが思いのままです。

文字の大きさ、色、文体ももちろん指定できるのですが、あまりにも主張の強いカラーリングのサイトは読みづらいです。

どのwebサイトでも基本的には黒字がベースとなっていますが、違う色にしたり、やたらと太字にするなど装飾を多々使用すると、読みづらいと感じさせてしまうでしょう。

また、文字以外の部分も同様です。

背景の色と文字の色が同系色では読みづらいですし、文章ばかりでは読みづらいだろうからと、頻繁に画像ばかりを入れると、文章そのものが読みづらくなってしまいます。

コンテンツ作成後、身近な人に見てもらい、感想を聞くなどして読みやすいコンテンツ作成を心掛けましょう。

隙間がなく文字や画像が詰め込まれている

ある程度スペース(隙間)を入れることも大切です。

文字や画像で埋め尽くされていると、目が疲れると感じる閲覧者もいます。

適度に余白をいれることで、読みやすいサイトとなるのですが、あまりにも余白が大きすぎると、逆に読みづらいコンテンツとなってしまいます。

この塩梅は人それぞれなので難しい部分ではありますが、大きすぎず小さすぎずのバランスを考えて余白を作るようにしましょう。

コンテンツ作成の際の注意点

これまででコンテンツ作成は心掛けるべき点が多々あると分かっていただけたかと思いますが、まだまだあります。

特にこれから紹介する点はサイト運営そのものを左右する部分になりますので、よく覚えてきましょう。

あくまでも訪問者の視点を忘れない

大前提として、訪問者視点を忘れないコンテンツ作成が大切です。

様々な目的があるにせよ、訪問者にアクションを起こしてもらってこそです。

訪問者の視点を考えず、自らの都合ばかりを押し付けるようなサイトでは、思うような結果は得にくいです。

誘導したいサイトがあるからとリンクを様々な場所に張り付けたり、見てもらいたい広告があるからと勝手に何度も広告が表示されるシステムにしたりでは、見ている側はすぐに離脱してしまうでしょう。

ですので、訪問者が知りたい情報は掲載されているか、必要な箇所に適切なリンクや画像が設置されているか意識して、コンテンツを作成しましょう。

炎上リスクを慎重に考える

いつどこで起きるか分からない炎上騒動ですが、自らのサイトで炎上騒動が起きないよう、炎上リスクは慎重に考えましょう。

何気ない表現が炎上してしまう可能性もあります。

炎上リスク集をチェックし、なぜ炎上したのかや、どのような表現が炎上に発展したのかなどを踏まえてのコンテンツ作成が重要です。

一度の炎上騒動で大きなマイナスイメージが付与されてしまう可能性もありますし、webサイトにとどまらず、会社や個人に身の危険が及ぶ可能性もあります。

サイトが炎上したところで何ら得になることはありませんので、炎上リスクは慎重に考えておきましょう。

同じ内容のコンテンツにならないよう気を付ける

同一サイト内に同じコンテンツを作成しても意味がありません。

むしろ検索エンジンから低い評価を下されかねませんので、同じようなコンテンツの作成は控えましょう。

SEO対策として、多くのコンテンツが必要になりますが、同じようなコンテンツを大量生産したところで意味はありません。

コピーコンテンツは論外

他のサイトをコピーしてコンテンツ作成することは絶対に控えましょう。

webサイト上の文章も立派な著作物です。

コピーしてサイトに掲載した場合、著作権違反なので刑事責任を問われる可能性があります。

また、刑事責任だけではなく、検索エンジンからも同一サイトと評価されてしまいますので、検索エンジンに表示されなくなる可能性があります。

刑事罰はもちろんですが、このような検索エンジンの処置も大きなデメリットになります。

▼関連記事

まとめ

コンテンツ作成は注意すべき点が多々あります。

慣れていないと、意識しなければならない点が多々あるので、コンテンツ作成が面倒なものに感じることでしょう。

しかし、これらをすべて心掛けなければ目的達成は難しいです。

大変ではあっても、目的を達成したいのであればこれらを踏まえたコンテンツ作成が求められます。

SEOやWEB制作に関する情報を検索する

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)