SEOとリスティングの共通点と違いとは?メリットとデメリットを解説

SEO対策実例・コラム
コンテンツSEO・コンテンツマーケティング
2019.09.09
SEOとリスティングの共通点と違いとは?メリットとデメリットを解説

このページの内容は、SEOとリスティングの共通点と違い、それぞれのメリットとデメリットを解説します。このページを読むことで、ご自身が行うべきなのは、SEO対策なのかリスティングなのかの判断材料になればと思います。

SEOもリスティングも検索エンジンを利用して集客する

SEOとリスティング広告はどちらも、検索エンジンを利用して集客するという点では同じです。ただ集客する方法が異なります。

SEOではGoogleに評価されるサイトを作成し、高い評価を受けることで上位表示を目指します。広告費用がかからず、一度上位表示されれば、順位を維持できることが多いです。

一方リスティング広告では、広告費用をGoogleに支払うことで、通常の検索結果とは別に下記画像のように広告として表示されます。かけ捨ての費用がかかりますが、検索結果よりも目立つページ上部に表示されることもあり、短期間で確実な成果があるのが長所です。

SEOとリスティング広告それぞれの方法にメリットとデメリットがあるため、よく理解して適切な方(もしくは両方)を選ぶ必要があります。

リスティングのSEOに対するメリット

リスティング広告がSEOよりも優れている点は以下の2点です。

  • 短期間で成果がでる
  • 中長期で手間がかからない

短期間で成果がでる

リスティング広告は広告費を支払い、出稿したその日から検索結果に表示されます。出稿を開始した日から、サイト経由の利益を獲得することも可能です。さらに以下のように出ている、業種別の平均CVR(コンバーション率)と平均CTR(クリック率)とリスティング広告を出稿するキーワードの検索ボリュームを活用すれば、おおよそのアクセス数を予想することもできます。

業種

検索連動型
平均CVR

検索連動型
平均CTR

権利団体

1.96%

4.41%

自動車

6.03%

4.00%

BtoB

3.04%

2.41%

コンシューマーサービス

6.64%

2.41%

出会い系
サービス

9.64%

6.05%

Eコマース

2.81%

2.69%

教育

3.39%

3.78%

人材・
採用サービス

5.13%

2.42%

金融・
保険サービス

5.10%

2.91%

健康・
医療サービス

3.36%

3.27%

日用品

2.70%

2.44%

工業サービス

3.37%

2.61%

法務

6.98%

2.93%

不動産

2.47%

3.71%

テクノロジー

2.92%

2.09%

旅行・おもてなしサービス

3.55%

4.68%

参照:WordStream https://www.wordstream.com/blog/ws/2016/02/29/google-adwords-industry-benchmarks

一定期間に確実に成果を出したい方や、サイト経由の売上高をある程度予想したいという方は、リスティング広告を使うことをおすすめいたします。

中長期で手間がかからない

リスティング広告を出稿する際にも準備しなければならないことは多いです。以下の4つが主に準備が必要な項目ですが、これ以外にも多くのやるべきことがあります。

  • 広告文(ランディングページ)の作成
  • 広告予算の決定
  • 実際の運用(もしくは利用する広告運用代行業者の決定)
  • リスティング広告の効果検証

しかし新規サイトを作成し、SEO対策により上位表示を狙うのにかかる手間よりは、リスティング広告にかかる手間は少ないです。SEO対策を自社で行う人員を割けないという場合には、手間がかからないのは大きなメリットになり得ます。

リスティング広告のSEOに対するデメリット

リスティング広告は以下の2点において、SEOに劣っています。

  • 広告費がかかる
  • 費用が掛け捨てになる

広告費がかかる

リスティング広告には費用がかかり、業種によってはかなり高額です。下の表は業種と平均CPC(クリック単価)をまとめたものです。

業種

検索連動型
平均CPC

ディスプレイ
平均CPC

権利団体

157円

68円

自動車

270円

63円

BtoB

366円

86円

コンシューマーサービス

704円

89円

出会い系
サービス

305円

163円

Eコマース

127円

49円

教育

264円

51円

人材・
採用サービス

224円

85円

金融・
保険サービス

378円

94円

健康・
医療サービス

288円

69円

日用品

323円

66円

工業サービス

281円

59円

法務

742円

79円

不動産

260円

82円

テクノロジー

418円

56円

旅行・おもてなしサービス

168円

48円

参照:WordStream https://www.wordstream.com/blog/ws/2016/02/29/google-adwords-industry-benchmarks

ディスプレイCPCはCTRが低い代わりにCPCも安いですが、CTRが高い検索連動型のCPCは人気業種では、700円以上と、高いのがお分かりいただけると思います。

費用が掛け捨てになる

リスティング広告を出稿している間は検索結果に表示することができますが、出稿を停止してしまえば、検索上位に表示されなくなってしまいます。上で紹介したように高額な検索連動型広告の費用を払っても、基本的に費用は掛け捨てになってしまうということです。

SEOのリスティングに対するメリット

SEOがリスティング広告よりも優れているのは、以下の3点です。

  • 直接的な費用がかからない
  • 上位表示が維持される
  • CTRが高い

直接的な費用がかからない

SEOでサイトを上位表示するのに、直接的な費用はかかりません。当然サイトを作成する際にはサーバー代やドメイン代などはかかります。しかしインハウス(自社)でサイトの記事を作成し、SEO対策を行えばかかる費用は担当者の人件費のみです。

なお弊社のようなSEO会社にSEO対策をご依頼いただく場合には、費用がかかりますが、かかった費用は掛け捨てにならず、サイトの価値として積み立てられていきます。そのためより費用の無駄がないのはSEOです。

上位表示が維持される

SEO対策により上位表示に成功すれば、定期的にページを更新し、Googleのアルゴリズム変更があれば、適切にサイトに変更を加えて、サイトの管理を怠らなければ、上位を維持できるケースが多いです。そのためサイトから長期的に利益を得ることが可能です。

ただ近年はGoogleのアルゴリズムの変更により、ブラックハットSEOなどを行なっている場合には、検索上位からペナルティーで圏外に飛ばされることもあります。ブラックハットの現状と、おすすめのSEO施策については、以下の記事を参照ください。

SEOのブラックハットとはどんな施策?ペナルティは?効果はあるの?

CTRが高い

以下は検索順位別の平均CTRです。

検索順位

平均CTR

1位

21.20%

2位

10.65%

3位

7.57%

4位

4.66%

5位

3.42%

6位

2.56%

7位

2.69%

8位

1.74%

9位

1.74%

10位

1.64%

参照:INTERNET MARKETING NINJAShttps://www.internetmarketingninjas.com/blog/google/announcing-2017-click-rate-study/

リスティングにより表示されるページは上で、写真でお見せした通り、「広告」と表示されます。広告を嫌うユーザーはクリックしないため、平均CTRは低いです。一方SEO対策により上位表示することができれば、CTRが高く、より多くのアクセスを獲得できます。

SEOのリスティングに対するデメリット

SEOがリスティング広告に劣っているのは、対策の開始から効果が出るまでに時間がかかり、中長期の対策が必須だということです。

中長期の対策が必須

SEO対策を始めてすぐに結果が出ることは少ないです。コンテンツの作成やサイト設計など、時間をかけて行う必要があります。なお短期間で成果が上がりやすいオールドメインを利用したり、SNSなどの検索エンジン以外を経由したサイトのアクセスを増やし、リンクを獲得し、クロールされやすくすることで、SEO対策の成果を早く出すことは可能です。

リスティングとSEOの選び方

ここまで紹介してきた、リスティングとSEOのメリットとデメリットをまとめたのが、次の表です。

種類

SEO

リスティング

メリット

コストの低さ
持続性の高さ
CTRの高さ

即効性の高さ
手間の少なさ

デメリット

対策にかかる期間の長さ

コストの高さ
コストが掛け捨て

これらのメリットとデメリットをもとに、ケース別にSEOとリスティングのどちらを選ぶべきなのかを紹介します。

短期的に成果を出したいならリスティング     

短期的に成果を出す必要がある場合は、リスティング広告を利用することをおすすめいたします。リスティング広告であれば場合によっては、即日で利益を出すことも可能です。一方SEOはいつ成果が出るか事前に正確に予測するのが難しいため、短期的に成果を出したい方には向きません。

中長期的な成果を出したいならSEO

手間をかけてでも、中長期的に安定した成果を出したいのであればSEOをおすすめします。良質なコンテンツを作成し、自然リンク(ナチュラルリンク)を獲得することにより、Googleから高い評価を得ることができれば、長期間上位表示し、利益を得続けることが可能です。

リスティングとSEOの併用も効果的

リスティング広告とSEOの併用も効果的です。SEO対策を行いつつ、リスティング広告を利用し、アクセスを集めるとともに自然リンクとサイテーションを獲得し、サイトの評価を高めるという方法です。SEO対策を行い、コンテンツの質を高め、サイト設計を見やすくし、自然リンクとサイテーションを獲得しやすい環境を作っておけば、リスティング広告の費用も掛け捨てではなくなります。

※サイテーションについては以下ページにてご確認ください。

SEO対策のトレンドとは?【2019年最新版】初心者でも5分で理解できる

まとめ

リスティング広告にもSEOにも、検索エンジンを利用して集客するという共通点があるものの、それぞれに長所と短所がありました。リスティング広告とSEOのどちらを利用するか、選択を誤ってしまわないように十分に気をつけていただくことをおすすめします。

またSEO対策は複雑です。この記事を読みSEO対策を行おうという方も、正しい方法を理解していないと、割いたリソースが無駄になってしまう可能性があります。無駄を減らすためにも、SEO対策の際には、次の記事をお役立てください。

SEO対策とは?検索で上位表示されるため知っておくべき基本と仕組み

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)