コンテンツマーケティングとは?メリット・デメリットを解説

コンテンツSEO・コンテンツマーケティング
2019.04.03
2019.04.05
コンテンツマーケティングとは?メリット・デメリットを解説

「コンテンツマーケティング」という言葉、耳にすることが多くなって久しいですが、実はよくわからないという人は少なくないようです。しかし、今さら人には聞きづらい・・・
そこで今回は、コンテンツマーケティングとは何か?また、そのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。コンテンツマーケティングを理解して活用いただき、ビジネスチャンスを広げる手助けになれば幸いです。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、ユーザーのニーズを的確に捉えたコンテンツ(記事・動画など)を作成し、自社サイトなどで発信することで集客に繋げ、商品やサービスの購入に結びつけるマーケティング手法のことです。

アメリカでは企業の9割がコンテンツマーケティングを利用しているといわれています。日本でも今では多くの企業がコンテンツマーケティングを実践しています。インターネットが浸透している現代では、コンテンツマーケティングのニーズは今後も増加していくと予測されます。

コンテンツマーケティングのメリット

1.低予算で始められる

コンテンツマーケティングのメリットはまず、低予算で始められることです。広告の掲載のように広告の制作費や掲載費用として予めある程度の予算を投入する必要はなく、自社サイトにページを追加するなどで制作コストを抑えることができ、掲載費用を考慮する必要もありません。始めるにあたってハードルが低いといえます。

2.コンテンツを資産として蓄積できる

また、一度作成したコンテンツは自社の資産として蓄積されるということがメリットのひとつに挙げられます。
作成したコンテンツがユーザーの知りたい情報を十分にカバーしており、ユーザーを満足させることができれば、ユーザーにとって「有益なコンテンツ」となります。

有益なコンテンツは、ユーザーから評価されて複数のユーザーにシェアされることから、多くのユーザーに商品を知ってもらう機会が広がり、結果として商品の購入に繋がる機会が増えることになります。

3.SNSとの相性がよい

コンテンツマーケティングは、SNSとの相性が抜群です。ユーザーにとって価値のあるコンテンツはTwitterやFacebookなどで拡散されますので、自社サイトへのアクセスを爆発的に増やすことも可能になります。結果として、予測した以上に売り上げを伸ばすことも可能となります。

4.集客効率が高い

ユーザーにとって有益なコンテンツを配信していれば、そのコンテンツを見たユーザーが興味を持ち、自社が発信するコンテンツを継続して見てくれるようになると考えられます。
その結果、自社の商品やサービスにも親近感や信頼感を持ち購入してくれるようになります。このように、企業側から直接ユーザーに働きかけなくてもよいことから、集客効率が高いといえます。

コンテンツマーケティングのデメリット

1.成果が出るまでに時間がかかる

コンテンツマーケティグはユーザーに幅広く認知されるまでに多少時間を要します。また、コンテンツの閲覧が商品の購入に直結するとも限りません。
そのため、迅速な成果を期待している企業では、コンテンツマーケティングを断念してしまうことも少なくありません。

コンテンツマーケティングの担当者が短期戦略ではないことを理解して取り組むだけでなく、経営層も即効性を期待できないことを理解して継続していかなければならない戦略です。
コンテンツマーケティングで成果を出すためには、中長期的に継続していくことが必要となるため、短期的に成果を求める場合には向いていないと言えます。

2.良質なコンテンツを作るのに労力がかかる

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、コンテンツの質が高いことが求められます。しかし、良質なコンテンツを作成するのは簡単なことではありません。ユーザーが必要としている情報を提供するには、その時のニーズを把握するためのリサーチも欠かせません。

アウトソーシングでコンテンツの作成を依頼すると、当然コストがかかります。また、アウトソーシングする場合、ライターが得意としている分野が異なるため、コンテンツの品質に差がでてしまうこともあります。

コンテンツマーケティングには、良質なコンテンツを継続して発信していくための環境や仕組みづくりが必要といえるでしょう。

3.継続してコンテンツを発信していく必要がある

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、継続的にコンテンツを発信していく必要があります。定期的なサイトの更新とある程度の量のコンテンツがあった方が、多くのユーザーに認知してもらいやすくなるためです。

企業がコンテンツマーケティングを行う場合、専任の担当者がいれば理想的ですが、多くの企業では他の業務と兼任で行なっていることが多く、そのために継続することが難しくなり、断念してしまうことが少なくありません。

良質なコンテンツを作成することはもちろん、継続してコンテンツを作成していくこともコンテンツマーケティングの難しさだといえます。

コンテンツマーケティングで成果を出すためには?

1.継続していくこと

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、継続していくことが大事です。毎日は難しいとしても定期的に情報を発信していくことがコンテンツマーケティングを成功させるためのポイントです。

有益なコンテンツを発信し続けると、興味を持ったユーザーが定期的にサイトを見てくれるようになり、徐々に自社と自社の商品やサービスのファンになってくれるでしょう。最終的には継続的な商品の購入や、サービスの利用に繋がります。

また、コンテンツが多くなるほどテキスト情報が増え、ユーザーの検索クエリのバリエーションに幅広く対応できるようになります。検索結果画面に自社サイトのコンテンツが掲載される機会が広がり、ユーザーに見つけてもらえる機会も広がります。こうして自社サイトへのアクセス数を集める可能性が高まるのです。

2.良質なコンテンツを作る

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、「ユーザーが読みたいと思うようなコンテンツ、読んで満足するコンテンツを作ること」が最も重要なポイントとなります。
インターネット上にはユーザー目線ではなく、自分目線で情報を発信しているコンテンツが少なくありません。「自分がよいと思うことを伝えたい!みんなに知ってもらいたい」というモチベーションはもちろん大切ですが、一方的に自分目線の情報になってしまうと、ユーザーは辟易してしまう傾向があります。

ユーザーが知りたい情報を十分に、また必要なだけ伝えられているかということを常に意識して、ユーザー目線でユーザーが求めている情報をイメージしながらコンテンツを作成することが必要です。
文字だけでなくグラフやイラストを使用したり、文字の色を変えたりして、ユーザーが読みやすいように工夫することも大切なポイントです。良質な情報を発信していながら、細かい文字ばかりで読みづらいためにユーザーがページを離れてしまっては元も子もありません。

また、動画や音声もコンテンツの一部として利用すれば、ユーザーにとってはさらにわかりやすく、親しみやすいコンテンツになることが期待できます。情報を伝えるために効果があるなら、いろいろな手法を活用することも良質なコンテンツを作成するうえで考慮すべきポイントです。

ユーザーが知りたい情報を十分に提供して満足してもらえるコンテンツを継続して配信してくことができれば、ユーザーは自社サイトを定期的に訪問してくれるようになるでしょう。

3.成果を出せないサイトの共通点

「たくさんのコンテンツを作ろう!」と意気込んで精力的にコラムなどのコンテンツを増やしていくサイトは少なくないようです。しかし、コンテンツは多ければ良い、というものではありません。

数を増やすことにばかり意識がいってしまい、内容の薄いコンテンツばかりが掲載されているサイトでは、ユーザーが求める情報を十分に提供することができなくなってしまいます。
そのためユーザーの興味を引くことができず、ユーザーはサイトから離れてしまいます。結果として、成果には繋がらないことになります。

また、ユーザーの滞在時間が短いということは、ユーザーにとって有益なサイトではないということになり、Googleからの評価も下がります。
Googleから評価されないということは、検索結果画面に表示されなくなることを意味しますので、数を増やすことにばかり捉われず、ユーザーに長く滞在してもらえる質の良いコンテンツを増やすことを心掛けましょう。

まとめ

  • コンテンツマーケティングとは、有益なコンテンツを継続的に発信して集客し、購買に繋げるマーケティング手法である
▼コンテンツマーケティングのメリット
  1. 低予算で始められる
  2. コンテンツを資産として蓄積できる
  3. SNSとの相性がよい
  4. 集客効率が高い
▼コンテンツマーケティングのデメリット
  1. 成果が出るまでに時間がかかる
  2. 継続してコンテンツを発信していく必要がある
  3. 良質なコンテンツを作るのに労力がかかる
▼コンテンツマーケティングで成果を出すために重要なポイント
  1. 継続すること
  2. 良質なコンテンツを作ること

コンテンツマーケティングは、低予算で始めることができるので着手するのにハードルは高くありませんが、ユーザーに有益な情報を継続的に発信していかなければならないという面で、コストがかかる手法です。

しかし、一度作成したコンテンツは自社の資産として蓄積され、インターネット上でユーザーに拡散されて多くの人に見てもらうことができます。
ユーザーがコンテンツを読んで自社に興味をもってくれれば、最終的に商品の購入につながる可能性もあります。ユーザーが能動的に商品やサービスに関わってくれるため、企業から働きかけるコストが削減されて、効率よく売り上げアップに繋がることがコンテンツマーケティングの魅力です。

成果が出るまでには多少の時間を要するものですが、Googleアナリティクスなどの分析ツールを利用して、ユーザーのアクセス数や滞在時間などコンテンツの質を測ることができる指標を確認し、また、コメントなどユーザーの反応をチェックしながら、コンテンツの改善に努め、成果に繋げていきましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)