google検索結果画面の項目説明、結果画面の見方を理解しよう!

SEO対策実例・コラム
2018.08.31
2018.08.30
みなさん、google検索結果の表示されている項目に関して、ぱっと説明できますか?
わたしはSEO業界入る前わかりませんでした…笑

「情報が記載されている部分」「広告がなんか表示されている部分」など、
ざっくりした感じで、意外に分からない方もいらっしゃるのではと思います!

そのため、今回は検索結果画面の見方、項目説明を記載していきます!


SEO枠(自然検索結果・オーガニック検索結果)

SEO枠、自然検索結果 SEO枠(自然検索結果・オーガニック検索結果)といって、
広告枠ではない、gooogleが検索ユーザーに対して、有用な情報が掲載されているページと評価された、
サイトが掲載される枠となります。この部分で上位化を目指すのがSEO施策となります。

リスティング広告枠

リスティング リスティング広告枠です。

googleに広告費を支払うことで表示できる広告枠となります。
自然検索結果枠ではないため、URLの横に「広告」と記載されています。

サジェスト

googleサジェスト サジェストといって、検索キーワードを含んだときに関連性の高いキーワードが表示される機能です。

企業名を検索したら、「○○ 2ch」「○○ ブラック」などネガティブな内容の表示がされるケースがございますので、
その場合、採用に影響したり営業に支障がでるケースありますので、定期的にご確認いただければと思います。

関連検索(虫眼鏡検索)

関連検索(虫眼鏡) 関連検索(虫眼鏡)といって、その名の通り、検索キーワードに対して、関連しているキーワードが表示されます。
こちらにもサジェスト同様にネガティブな内容なども表示される可能性ありますので、定期的にご確認いただければと思います。

サイトリンク

サイトリンク サイトリンクといい、サイト内の代表的なページが表示される機能です。

企業名の場合、会社概要ページやお問い合わせページ、サービス紹介ページなどが表示されます。
この部分は意図的に調整することはできず、googleの判断により表示有無が決定します。
ただ、掲載したくないページを指定し、表示されないようにすることは可能です。

ローカルパック

ローカルパック エリア検索した時に検索意図マッチした検索結果を表示してくれる機能です。

例として、「蔵前 居酒屋」と検索してみました。周辺にある居酒屋さんが表示されているのがわかるかと思います。
グーグルマイビジネスを最適化することにより、表示を促すことができます。

最適化とは、ユーザーが見た時に店の雰囲気がわかる画像を記載したりするなど、
ユーザーにとって分かりやすい内容にしてあげることです。

ナレッジグラフ

ナレッジグラフといって、web上にある知識情報を検索結果上に表示させる機能のことです。
今回は例として「花火」と検索しておりますが、映画のタイトルを検索すると、
いつ放映されたのか、シリーズものなのか、役者は誰なのかなど、様々な情報が表示されます。

様々な情報がナレッジパネルに表示されますので、
ユーザーにとって利便性があれば、その項目はもっと増えていくのでしょう。

ワンボックス

ワンボックス ワンボックスといって、「○○とは」と検索すると、検索したキーワードの説明文や紹介文が表示される機能です。

その他、英字をいれると翻訳結果等も表示されることもあります。

まとめ

googleの検索結果には、検索ユーザーの利便性を考えた色々な項目があり、
日々、検索ユーザーのことを考えているgoogleによりアップデートが行われています。

弊社では今回ご紹介した下記項目に対して、 最適化施策や上位化施策を行うことができますので、 なにかお悩みある方がいらっしゃいましたらお気軽にお問い合わせくださいませ!

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)