サイトリニューアルでPVは減る?リニューアル時の注意点やCVの意識

SEO対策実例・コラム
2019.07.22
サイトリニューアルでPVは減る?リニューアル時の注意点やCVの意識

サイトのリニューアルをしたことでアクセスが激減したなどの事例は1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、PV数が減少する原因と対策や、PV数とCVRの数などについて解説していきます。

PV数が減少する原因と対策

サイトをリニューアルすることで、PV数が減少する原因が下記になります。

リダイレクトを設定していない

サイトをリニューアルすることで、ドメインの変更や、下層ページのURLの変更などもあるかと思います。

元のURLを新しいURLに変更したときに、検索エンジンが自動で変更を認識することが出来ません。

サイトページのURLが変わった場合、リダイレクト処理を行い、引越し先のURLをきちんと検索エンジンに伝える必要があります。

リダイレクトを行わないことで、検索エンジンだけでなく、検索ユーザーからも新しいページが見つけづらくなり、サイトの評価が落ちてしまう可能性があります。

上位表示されていたキーワードの順位が落ちかねません。

また、リダイレクト先が違ったり、全てのコンテンツのリダイレクト先をトップページに集約することもNGです。

後者の例では、2018年4月の国税庁のサイトリニューアルが挙げられます。

この時はユーザーがブックマークしてたページも全て消えて、サイト内検索機能も機能せず大混乱となりました。

このようにリニューアルしてユーザーが混乱することがないように、リダイレクトする際は、旧URLと新URLの対応表などを作って管理すると良いです。

また、リダイレクトも302ではなく、301すると良いです。

301は恒久的な転送でを表し、旧ページの評価を引き継ぎますが、302は旧ページの評価を引き継がないからです。

クローラーの設定確認

サイトリニューアル中は検索エンジンがクロール出来ないように設定する場合は、公開後に設定を必ず解除しましょう。

公開後に検索エンジンがクロールできず、評価が下がる可能性があります。

もしクロールされているか、されていないか不安な場合は、Google Search Consoleで確認できます。

タイトルタグ変更

タイトルタグですが、サイトリニューアル時にデザインなどが変わるからといって大幅に変更する事で、上位表示されていたキーワードの評価が下がってしまうか可能性がありますので、もし変更される場合は狙っているキーワードを踏まえたタイトルを再考する必要があります。

また、重複もよくないので、必ずページの内容にあった内容にするようしてください。

削除したページは404エラーを返していない

旧サイトのコンテンツをそのままリニューアルしたサイトに移行することがSEOにおいて重要になります。

しかし、旧サイトにおいて、あきらかに質の低いコンテンツが掲載されてる場合は、そのようなページを削除して、リニューアルしたサイトでは公開しないようにする事もあります。

このような削除したページに関しましては、404エラーで返すようにしましょう。

サイトマップの未設定

特にリニューアルしてURLが変更しているのであれば、Googleが各ページの認識に時間がかかる場合がございますので、サイトマップの設定を行いましょう。

コンテンツを減らし過ぎ

ページごとのメインコンテンツを減らすと評価が下がる可能性がございます。

減らす必要があるか、また、減らすことでコンテンツが充実しなくなるので、新しいコンテンツ追加を行うなどの対応は必要です。

モバイルファーストインデックス(MFI)未対応

サイトデザインに関しましては、現在モバイルファーストインデックス(MFI)の導入からモバイル用サイトの評価が主軸となっております。

サイトをリニューアルする際には、MFIを意識したサイト構成が必要になるかと考えます。

下記が参考サイトになります。

2019年7月モバイルファーストインデックス(MFI)がデフォルトへ!確認方法や、対応について

アクセス数だけで判断するのは禁物

アクセス数はPV数だったり、訪問数(セッション数)をさしますが、単にこのアクセス数だけが重要と言うわけではございません。

CV(コンバージョン)が最重要という考え方もあります。

 

お問い合わせページ以外で直帰率が高いということはユーザーが欲しいコンテンツがない、もしくは探せなかった可能性があります。

そのため目的のページまでの導線を改善すれば、これはユーザーがストレスなく行きたいページに行けます。見慣れない構成だとユーザーの目を惹きやすいですが、その反面、どこに何があるのか分からなくなる可能性があります。そのため、逆にその業界で見慣れた構成にするとユーザーも探しやすくなります。

また、目的のページを見つけるための工夫も必要です。例えば、フローティングメニューで問い合わせページへのボタンをいつでも見れるようにしたり、問い合わせページへのボタンを大きくするなど。。

CV、CV率(CVR)とは?

CV(コンバージョン)とは、「変換」「転換」「転化」といった意味になり、Webサイトにおける最終的な成果の事になります。

そしてCV率(CVR)は、最終的な成果の率になります。

例えば、通販サイトで検索ユーザーが購入に至った率、資料請求を求めているサイトで検索ユーザーが資料請求した率になります。

CV率が低いという事は、サイトに訪問したけれどもサイトの目的に達さなかったということになります。

100アクセスあったときに資料請求回数が1であれば、1%。100アクセスあった時に資料請求回数が10あれば、10%となります。

CVRに関しましては、コンバージョン数/訪問数(セッション数)で計算することができます。

理屈になりますと、CVRを上げるためには、分子であるCVを上げる、分母であるアクセス数を下げる。

と言うことは、アクセス数は下がってもCV数がある一定数確保もしくはCV数が上がれば、アクセス数が少なくても問題ないということになります。

また、CVが下がっている場合、直帰率の高さが影響している可能性があります。

導線設計を見直す

目的のページまでの導線を改善すれば、これはユーザーがストレスなく行きたいページに行けます。

見慣れない構成だとユーザーの目を惹きやすいですが、その反面、どこに何があるのか分からなくなる可能性があります。

そのため、逆にその業界で見慣れた構成にするとユーザーも探しやすくなります。

また、目的のページを見つけるための工夫も必要です。

例えば、フローティングメニューで問い合わせページへのボタンをいつでも見れるようにしたり、問い合わせページへのボタンを大きくするなど、検索ユーザーのための工夫は必要になります。

ちょっとした魅力的なコンテンツを入れる

ユーザーの興味を惹くためにもちょっとしたインパクトのあるコンテンツがあると良いです。

例えば動画や漫画といった興味を惹きやすいコンテンツを入れると滞在時間が伸び直帰率を下がる可能性があります。

Webサイトの表示速度の改善

Webサイトの表示速度は重要で、どんなに魅力的なコンテンツが用意されていても、表示速度が遅くては、魅力的なコンテンツが表示される前にユーザーが離脱してしまいます。

実際にアメリカのリサーチ会社「Aberdeen Group」の調査によると、表示速度が1秒遅れることで、PV数が11%、CV数は7%減少するようです。

アクセス数だけでなく、CVRも重要

このように、アクセスが多くてもコンバーション数がなければ、本来のサイトの目的は達成できません。

サイトのリニューアルに関しても、コンバージョン数が確保できるようなサイトでないといけないという事になります。

サイトリニューアルに伴い、PV数が減ったとしても、CV数が確保出来ているのであれば、問題ないと考えます。

しかし、アクセスそのものがなければ、コンバージョンすらあり得ません。まずは検索ユーザーとサイトの接点を持つという意味で、アクセスそのものは非常に重要になりまので、上記に記載させていただきました「PV数が減少する原因と対策」は必ず対応が必要になります。

まとめ

サイトリニューアルに伴い、PV数の減少する可能性は大いに考えられますが、対策をとることで対応が可能かと考えます。

また、PV数だけを意識せず、サイトの根本的な目的に焦点を置くことで、本来の目的は達成できると考えます。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)