SEO的に注意したいドメイン変更時のチェックポイント

SEO対策実例・コラム
2017.06.20

今回は、ドメインを変更する際にSEO的に注意したいポイントについてお伝え致します。

お客様からもよくいただく質問となりますので、これからドメインを変更する予定がある方は、以下の注意点をご確認いただき、これまで大切に育ててきたサイトの評価がきちんと新しいドメインに引き継がれるようにしましょう。

ドメイン変更のメリット・デメリット

ドメイン変更をすることのメリットですが、SEO的には基本的にドメイン変更で得られるメリットは少なくデメリットの方が大きいです。

メリットがある場合としては、現在使っているドメインがペナルティになってしまっている。という場合はメリットがあります。
現状のドメインでは、何をしても順位が上昇しない。それどころかずっと圏外のまま。という場合はドメインを変更することでその状況を打開できる可能性があります。

デメリットはそれまで他のサイトから得ていたリンクの評価がなくなってしまうことです。
Googleは検索順位を決定する要因として、被リンクを重要な要素として使用しています。その被リンクはドメインを変更してしまうと基本的にはなくなってしまうため、それまで得ていた評価がなくなってしまいます。
これを防ぐために、ドメイン変更時には一般的にリダイレクトを行います。

ドメイン変更時のリダイレクト方法

リダイレクトですが、2種類あります。「301リダイレクト」と「302リダイレクト」です。

  • 301リダイレクト・・・恒久的な転送。リダイレクト先のドメイン(新しいドメイン)で今後も運営していきますという意味になります。
  • 302リダイレクト・・・一時的な転送。リダイレクト先のドメインは一時的に使用しているだけで、将来はリダイレクト元のドメイン(古いドメイン)に戻りますという意味になります。

どちらのリダイレクトも、一般的には「.htaccess」というファイルを使用して行います。
契約しているサーバーによってやり方が異なりますので、リダイレクトがうまくいかない場合は、契約しているサーバーに問い合わせてみてください。

一般的なリダイレクト方法(301リダイレクト)

  1. 「test.htaccess」というファイルを作成します。(ファイルにはまだ何も書かれていません。)
  2. そのファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。
  3. ファイル内に以下を記述します。(古いドメイン:▲▲▲.com 新しいドメイン:●●●.com)
  4. <IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.▲▲▲.com)(:80)? [NC]
    RewriteRule ^(.*) http://www.●●●.com/$1 [R=301,L]
    </IfModule>
    
  5. 上記を記述したファイル「test.htaccess」をFTPにてサーバーにアップ
  6. ファイル名を「test.htaccess」から「.htaccess」に変更

上記で、301リダイレクトの設定ができます。「www.▲▲▲.com」にアクセスすると、「www.●●●.com」に転送されます。
また、上記の記述方法ですと、下層ページのURLにも対応しているため、「www.▲▲▲.com/company.html」にアクセスすると、「www.●●●.com/company.html」に転送されます。
ただし、ファイル名が同じであることが条件となりますので、新しいドメインになる際に、ファイル名も大幅に変更されるという場合は上記の記述では対応できませんので、ご注意ください。

ペナルティになってしまったドメインの変更について

運営しているサイトが圏外から脱せず、全く順位が上昇しなくなってしまった場合は、最終手段としてドメインを変更するという方法が残されています。
それまでに、サイトの内部・外部を確認し、何かGoogleから評価が下げられるような部分がないかチェックし、改善も行った上でどうしても順位が回復しないという場合に行います。

ペナルティになってしまったドメインの変更ですが、上記で説明させていただいたような301リダイレクトは使用しません。
なぜかと言いますと、301リダイレクトは旧ドメインの評価を新ドメインに引き継ぐために行うリダイレクトとなるためです。
今回のケースのように、ドメインがペナルティを受けている場合は、そのペナルティを引き継がないようにしなければいけないので、301リダイレクトは使いません。

評価を引き継がずにドメイン変更を行う方法

  1. 旧ドメインのトップページに案内文を掲載します。
  2. 例) ●●株式会社のWebサイトは以下のURLに引っ越しました。 http://◯◯◯.com/
  3. 上記案内文のURLにリンクを設定する際に、「nofollow」を設置する。
  4. 例)
    <a href="http://◯◯◯.com/" rel="nofollow">http://◯◯◯.com/</a>
    

上記のように「rel=”nofollow”」をaタグ内に設置することで、旧ドメインから新ドメインにリンクが貼られているのですが、評価を引き継ぐことなく、ドメイン変更が可能となります。

ツールの再登録

ドメインを変更する場合、それまでWeb解析などで使用していたツールも登録しなおす必要がございます。
Googleのサービスですと、「Google Search Console」や「Google Analytics」などは新たに登録する必要がありますので、忘れずに再登録をしましょう。

上記ツール以外でも、URLを登録しているサービスがあり、今後も使用していくという場合は、再登録の必要があります。

まとめ

ドメイン変更ですが、誤ったリダイレクト設定などを行ってしまいますと、一気に順位が下落してしまう要因にもなります。

特によく陥りやすいミスが、旧ドメインのどのページにアクセスしても、新ドメインのトップページにリダイレクトされてしまうというケースです。
一見、旧ドメインのどのページにアクセスしても新ドメインのトップページに案内されるので、問題無いようにも感じるのですが、Googleとしては、これは快適な検索体験ではないという考えとなっています。

例えば、旧ドメインの会社概要のページにアクセスして、その企業の住所を調べたいというユーザーが新ドメインのトップページに誘導されたら、そこからまた会社概要のページを探してそのページにアクセスしなければいけないという、たらい回しとまでは言いませんが、検索ユーザーにとって使い勝手の悪い状態を作ってしまっておりますため、Googleからの評価が低くなってしまう可能性がございます。

機会としては、なかなかドメインを変更する機会はないと思いますが、順位に影響を与えやすい作業にもなりますため、慎重に行っていただければと思います。

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)