記事のリライトでSEOを改善!

コンテンツSEO・コンテンツマーケティング
2018.09.18

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングという言葉がwebマーケティングの業界で当然のように使われるようになってどのくらい経ったでしょうか。
私もこれまで様々なお客様とお話をさせて頂く中で、経営者の方が「SEOは詳しくないけれど……」と前置きをされつつ「今は記事コンテンツをホームページの中に増やしていくことが大事なのでしょう?」と仰られることが度々ありました。
事実、コンテンツは現在のwebマーケティングにおいて重要な要素の一つです。
ただ、単純にコンテンツ数を増やせばいいというものではありません。量だけでなく”質”も大切です。
コンテンツSEOが重要と聞いたから記事を作成してサイトに掲載したけれど効果が表れない、という体験をされた方は少なからずいらっしゃるかと思います。
効果が表れるようになるまで良質な記事をドンドン書いて増やしてくという改善方法もあります。
ただ、既に掲載している記事をリライトすることで質を高め、効果を高めることもできます。
今回はSEOやコンバージョンを改善することを目的とした記事のリライト方法について説明させて頂きます。

なお、コンテンツSEOやコンテンツマーケティングとはなにか、ということについては過去に以下の記事で解説しております。
こちらも併せてお読み頂ければありがたいです。
【SEO初心者向け】コンテンツSEOとは?


リライトでSEOを改善できるポイント

タイトルと内容の一致

コンテンツSEOは、とにかく文字量が多ければ多いほど良い、メインキーワードの記載量が多ければ多いほど良い――というわけではありません。
例えば、私がこの記事の文字量と「リライト」というキーワード記載量を増やすためにASIAN KUNG-FU GENERATIONさんの楽曲である『リライト』について語りだして、サビのシャウトが気持ちいいから自分でも歌いたくなるけれど間奏が少し長いからカラオケでは選曲しにくいですよね(笑)なんて内容を延々と書いてしまうと、検索エンジンは楽曲に関しての記事と判断し「記事のリライト」「SEO リライト」と検索しても表示されなくなってしまいます。
タイトルと一致していない内容ではどれだけボリュームがあってもSEO的な効果は低いです。
もしそのような形で不一致な内容となっているのでしたら、まずはタイトルと不一致な内容をそぎ落とし、その上で記事として質を高めるためにタイトルと一致した内容についての情報量を増やしていくという流れでリライトしましょう。

最新情報の追記

昔に書いた記事の内容が、現在では状況が変わり古い情報になってしまったということもありうると思います。
その際は古くなった情報を削除して書き直すのではなく、最新情報を付け足すというかたちでリライトした方が良いです。
理由は、古い情報であっても「過去にあったできごと」として情報として価値があるためです。
価値ある情報は多いに越したことがないので、その内容を消さない方が良いと考えられます。
そして、そのように付け足す際には文章内とタイトルに【2018年9月追記】と追記タイミングを記載することで、より正確な情報発信となります。
また、追記タイミングをタイトルに記載することで、新しい情報を求めるユーザーを誘致できる可能性が大きくなります。

タイトル変更

見出しタグにはSEOで狙っているメインワードを含ませた方が効果的です。
その上でクリック率の改善として、ユーザーがより興味を引くタイトルに書き換えることも有効な手段です。
より短くて分かりやすいタイトルにする、より専門的なワードを入れてターゲットの誘致を狙う、などなどリライトしてみてクリックが増えるかどうか試す……というように試行錯誤してもいいポイントかと思います。

コピーコンテンツのチェック→リライト

コピーコンテンツがあると検索エンジンから評価を得られずペナルティを受ける可能性もあります。
発信したい内容が他コンテンツと同じになってしまうことは避けられないこともありますが、文章自体がまったく同じでは問題です。
コピーコンテンツチェックツールは無料・有料を問わず多様なものがありますので、そちらを使って確認し、もし見つかればその文章を書き直すという形でリライトすべきです。


リライトしてコンバージョンアップに繋げるには

コンテンツSEOが功を奏してサイトの閲覧数が増えてきても、肝心のコンバージョンが思ったほど向上しない……。
もしそのような状況になっているのなら、コンバージョンに繋がるコンテンツ内容になっていない可能性があります。
ここでは、コンバージョンアップに繋がげるためのリライトの仕方について記載いたします。

ユーザーの検索意図に応じる記事にする

Google Search Console(サーチコンソール)を利用することでサイト訪問者がどのような検索ワードでサイトにたどり着いたか調べることができます。
そして多くのユーザーの検索ワードに関する内容の記載が薄かった場合、十分に読まれることなく離脱している可能性が高いと考えられます。
ですので、もしユーザーの検索ワードと記事内容に乖離があるのでしたら、ユーザーの検索意図に応じる内容を記載して直帰を防ぎ興味を持たせることでコンバージョンに至る可能性を大きくすることができます。

コンバージョンに繋がる文章

コンテンツからコンバージョンに繋げるには、それを目的とした記載内容やストーリーが必要です。
本記事でしたら、リライトのポイントをしっかりと提示し、「リライトすべき項目が多い……」と読者の方に感じて頂き、記事の最後で「弊社にはライターが100名以上いますからご自身でのリテイクが困難なようでしたら是非ご相談ください」と記載してお問い合わせに繋げる……というストーリーの内容になっています。
SEOだけを目的としているのなら不要ですが、このようなストーリーを立てて「この点でお困りでしたら弊社にお問い合わせください」とまとめることは読者に行動を考えて頂ける可能性が生じる記載方法です。情報を紹介して終わり、という内容でコンバージョンに繋がらないとお困りでしたら、このようなストーリーを意識したリライトにすることで改善するかもしれません。

まとめ

SEO改善、コンバージョンアップを目的とした記事のリテイクをおこなうにあたってのポイントを記載させて頂きました。
コンテンツSEOは新しい記事をドンドン追加していくことが大事、というイメージがあるかもしれませんが、過去記事をうまくリテイクすることでもポジティブな効果が生じる可能性はあります。
ただ、上記のようにリテイクするにあたっても確認をするべき場所は多くあり、そして書き直しを考えるべき箇所がいくつも生じるかもしれません。
もしそのようなリテイク作業が困難でしたら、是非弊社にご相談くださいませ。
100名以上のライターを擁する弊社では様々な記事の作成を請け負っておりますので、記事に関しての様々なお悩みに応えられるかと思います。

 

先にこの記事の構造を説明した後でこのまとめを書くのはなんだか恥ずかしいですね(笑)

 

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)