ワードプレス化のメリット 【HTML VS ワードプレス】

Webサイト制作
2021.11.30
HTMLvsWordpress

近年、スマホやタブレットの普及と共にWEBサイトの需要は格段高まっています。
コロナ渦の影響もあり、自社でECサイトを持つ企業も増えました。
企業のコーポレートサイトもかつての様に企業の情報を書くだけではなく、コラムや商品説明を載せているWEBサイトも多いです。
その為、かつてはすべてHTMLで作成されていたWEBサイトも「ワードプレス化」を提案される事が多くなってきたのではないでしょうか?
ただ、いきなり「ワードプレス化」を提案されてもどのようなメリットがあるのかすぐには理解しにくいと思います。
その為、HTMLサイトとワードプレス化した場合もサイトの作成・運用のメリットをまとめていきます。
ワードプレスがどの様な物かはこちらの記事を参照してください。

HTMLのサイトの特徴

メリット

  • HTMLは学習コストが低くすぐに習得できる
  • HTMLで組まれたサイトは1URL1ページの為、理解しやすい

デメリット

  • WEBサイトのデザインと内容が1つになっている為、デザインを変更しにくい(コストがかかる)
  • 動的な機能(問い合わせフォーム等)はHTML以外に頼る必要がある(JS、CGI、PHP等)
  • やりたい事はすべて自分で作らなければならない
  • 新規ページを作成する場合、ページ全てを作らなければならない

全てHTMLで作られたサイトは、HTML自体の学習コストが低いこともあり、導入コストがとても安いです。
しかし、思った通りのサイトを作りたい場合様々な工夫が必要になります。
また、運用コストが重くなりがちです。
その為、定期的なコンテンツの追加を行うWEBサイトの場合は不向きであると言えます。

以下のようなWEBサイトを作る際に向いています。

  • 内容が固定で変わることがない。
  • コンテンツ量が少なく、とりあえずWEBサイトがほしい場合。

ワードプレス化した場合のメリット

HTMLサイトをワードプレス化した場合、一番大きく変わるのがデザインと内容が分離される点です。
通常、HTMLでWEBサイトを作成している場合はHTMLファイル1つで1つのページ(内容)が表示されます。
しかし、ワードプレスの場合同じデザインで内容が異なるページの場合
1つのファイルで複数のページが表示できます。
イメージとしてはブログサイトの様な形でWEBサイトを運用して行けるのです。
また、ワードプレスにはプラグインという他の人が作った便利機能が公開されています。
無料のものから有料のものまで様々ですが、多くの場合このプラグインを使う事でやりたい事が行えると思います。
デザインに関してもサイトのデザイン(テーマ)が配布されているものもあるのでそちらを利用する事で、簡単にWEBサイトを作れまる。

メリット

  • デザインと内容の分離ができる為、運用のコストとデザイン変更のコストが低くなる。
  • プラグインを利用する事で様々な機能を簡単に実装できる。
  • 配布されているテーマを利用する事ですぐにWEBサイトを作成できる。

プラグインで実装できる機能例

  • 問い合わせフォーム
  • 画像の遅延表示(画面スクロールした場合に必要な部分の画像だけを読み込む)
  • セキュリティの強化

おすすめのプラグインはこちらの記事で紹介しています。

ワードプレス化をする場合の問題点

HTMLで作られたサイトをワードプレス化する事は、WEBサイトの運用を格段に容易にします。
しかし、ワードプレス化を自分の手で行うにはハードルがあります。
それは、ワードプレス化を行う際にはサイト設計やPHP等の技術が必要になるからです。
ただし、運用する場合はこの技術がなくてもサイトを運用していけるというのがワードプレスの特徴だと思います。
その為、ワードプレス化を専門の会社に依頼し運用は自分たちで行っていくという事も可能です。
特にWEBサイトの設計は、動的なWEBサイトの開発経験があるほど使いやすいサイトを作ることができます。
専門の会社が作ったワードプレスのWEBサイトであればかなり運用面でのコストを低下させられるWEBサイトになるでしょう。
この場合、ワードプレス化にコストがかかってしまいますが、日々のHTMLの更新が多ければ多いほど運用面でのコストの低下で補うことが能だと思われます。

ワードプレス化に必要な技術

ワードプレス化を自分の手で行う場合は以下の技術を習得しているとよりよいWEBサイトが作れます。

  • HTMLを書くことができる。
  • PHPの基礎を理解している。
  • 動的なWEBサイトの設計ができる。
  • WrodPressに用意された関数を理解し使用できる。

まとめ

HTMLで作られたWEBサイトも、必ずしもワードプレス化を行う必要はないでしょう。
しかし、定期的な更新がある場合や、現在の運用にコストが書かている場合、SEO対策を始める場合等
現状になにか問題がある時は、まず行う対策の候補として上げたほうが良いでしょう。
ワードプレス化には、目で見えるコスト以外にもやりたいことを実現する為の近道であると考えられます。
ワードプレスはなにか難しいものだと感じている方もいると思いますが、運用するだけでしたら特殊技術がなくても問題ありません。
是非、WEBサイトをワードプレス化しましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索する

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)