【入門】Googleアナリティクスってなに?どうやって使うの?超初心者が触ってみた

SEO検証
2018.01.29

みなさん、こんにちは。

今日はGoogleアナリティクスの使い方について簡単に、私の勉強も兼ねて解説していきます。笑

私のようなまだ日の浅いWEBマーケッター・WEB担当者の方に役立つ入門書になればいいなと思ってます。


 

【入門】Googleアナリティクスを触ってみよう

Googleアナリティクスとは?

まずGoogleアナリティクスとはGoogleが提供しているアクセス解析ツールです。

サイトへのアクセス数をリアルタイムに把握したり、アクセスデータを期間ごとやデバイスごとで比較

もできるため、課題を抽出してサイト運営に活かすことができます。

基本的には無料で使え、Googleアカウントがあれば、ログインし登録をすれば使えるため、セットアップの手間なく使うことができます。

ちなみにプレミアム版ではデータ量の制限緩和・データ更新速度の高速化・サポート機能の強化、データの保証などなど魅力的な機能が付きますが、ミニマムのプランでも月額130万円になるため、利用されている会社は限られるのではないでしょうか。


 

Googleアナリティクスでなにが出来るの?

では具体的にGoogleアナリティクスで出来ることを見ていきましょう。

全てを挙げたらキリがないので一部を抜粋しました。このように沢山の項目からサイト状況を確認することが出来ます。

アナリティクス ホーム画面

ホーム画面                   ユーザーが訪れているページは?
・ユーザー数                  ・ページ
・セッション数                   ・ページビュー数
・直帰率                      ・ページの価値
・セッション継続時間

ユーザーを獲得している方法は?         ユーザーが訪れる時間帯はいつですか?     
・トラフィック チャネル            
・参照元 / メディア               ユーザーの地域は?
・参照サイト

最もよく使われているデバイスは?                      などなど      


 

確認の必要性が高い重要項目

それぞれの項目から様々な角度でサイト状況を読み解く事ができますが、今回はその中でも重要性の高い項目に絞り見ていきましょう。

 

セッション数

セッション数・ユーザー数・PV数(ページビュー数)の3つは混同しがちなので(私だけ?)確認しておきましょう。

・ユーザー数  サイトに訪問した固有のユーザーの数で、同一のユーザーが何回訪れようとユーザー数は1となります。

・セッション数 サイトへの訪問数を指します。

・PV数      ブラウザにウェブサイト内のページが表示された回数の事を指します。

字面だけだと分かりづらいので、例題を出してみたいと思いますので、良かったら考えて見てください。

 

問)以下のケースの場合のユーザー数・セッション数・PV数をそれぞれ求めなさい。

Aさんは、以前から気になっていたイヤホンを買いたいと思い、とあるECサイトに1日に3回アクセスをしました。

1回目は始業時間になってしまった為TOPページを見ただけで閉じ、

2回目は休憩時間が終わってしまった為、TOPページから商品カテゴリーページまで進むも閉じ、

3回目TOPページから商品カテゴリーページを開きブランドページを経由して、お目当の商品の詳細ページまでたどり着き

ました。しかし思いの外レビューの評価が低く、買うことをやりたため、詳細ページでサイトから離脱しました。


答)ユーザー数1・セッション数3・PV数6でした。(いきなり)


解説)ユーザー数は文中にAさん1人しか登場しなかったので、1です。

 セッション数はAさんがサイトに訪れた回数の3が答えでした。

           PV数は1回目)TOP
        2回目)TOP→カテゴリーページ
                     3回目)TOP→カテゴリーページ→ブランドページ→詳細ページ

   これらの合計値が答えになる為、1+2+4=7が答えでした。


さて、例題を解いた人は疲れたと思うので、あと一つだけ重要項目を見てみましょう。


 

トラフィックチャンネル

これで、どのような手段使ってユーザーがサイトに来ているのかを知ることができます。

グラフは英語で書かれている以下の4項目の意味を確認しておきましょう。

 

Organic Search オーガニック検索・自然検索からの訪問。
         検索画面上の広告表示を除いた通常の検索結果からの流入を指す。

Paid Search リスティング広告からの訪問。Organic Searchと対の関係。

Referral    参照元情報を持つ訪問。(参照元=流入元のサイト)
       外部リンクからの流入を指す。

Direct    参照元情報を持たない訪問を指す。Referralと対の関係。
       言い換えるとサイトからの流入ではない様々な手段がこれに当たるようです。
        イメージしづらいため、いくつか例をあげてみました。
       ・ブラウザから URL を直接入力した
       ・ブラウザのお気に入りからサイトへ訪問した
       ・エクセルや PDF などのリンクから訪問した
       ・e メールに記載されたリンクから訪問した


最後に 

今回のコラムではGoogleアナリティクスを簡単に、まとめてみました。
サイトにどのような経路を辿って、どれくらいの人が訪問したのか。という一番基礎的なところに焦点を絞って書きましたが、次回のコラムでは、このトラフィックについて、それぞれの項目で具体的に何の情報が取れるかなど、予習した上で書きたいと思います。

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)