Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)とは?変更点や設定方法など解説

SEO対策
SEO解析
2021.01.27
アナリティクス4のアイキャッチ画像

Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)が、2020年10月に正式にリリースされました。そこで本記事では、次世代アクセス解析ツールとして登場したGoogleアナリティクス4プロパティの改良点や設定方法などについて解説します。

そもそもアナリティクスって何?という方は下記の記事をご覧ください。

Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)とは?

Google Analytics 4プロパティ(GA4)とは、2020年10月14日(米国時間)にリリースされた最新版のアナリティクスです。

2019年に導入されたベータ版の旧称「App+Web Property」が基礎となっており、今後はGA4がデフォルトプロパティになるとGoogleから正式にアナウンスされています。

Googleアナリティクス4プロパティの変更点とメリット5つ

アップグレードされたGoogleアナリティクス4プロパティは、従来のユニバーサルアナリティクス(UA)と比べて何が進化したのでしょうか?

この段落では、改良されたポイントやメリットについて解説します。

計測単位と分析方法の変更

1つ目の変更点として、「計測単位」と「分析方法」の違いが挙げられます。

計測単位 分析方法
ユニバーサルアナリティクス(UA) ページ セッション
Googleアナリティクス4プロパティ(GA4) ユーザー イベント

これまで重視されていたのは、あくまでコンテンツページに残された「結果」でした。

一方、Googleアナリティクス4プロパティ導入後は、「ユーザーの行動」にスポットを充てた分析が可能になったのです。

▼計測単位と分析方法が変更されたメリット

  • 「ユーザーの行動」が正しく把握できるようになった
  • 「コンバージョン(CV)の要因」が明確になる

Webサイトとアプリの統合計測が可能に

「Webサイトでの行動」と「アプリでの行動」とを紐づけて統合的に計測できるようになったのも、Googleアナリティクス4プロパティの大きなメリットです。

今まで、Webサイトとアプリを別々に計測するのが面倒だと感じていた方も多いでしょう。

▼従来の計測方法

  • Webサイトの計測:Googleアナリティクスで計測
  • アプリの計測:Firebase AnalyticsまたはAppsFlyerなどで計測

一方、Googleアナリティクス4プロパティでは、内部に「ウェブストリーム」と「アプリストリーム」の両方が用意されています。

つまり、同一人物が所有するWebサイトとアプリを紐づけることで、クロスプラットフォーム分析が可能になったのです。

ビューの廃止とデータストリームの追加

Googleアナリティクス4プロパティでは「ビュー」が廃止され、新たに「データストリーム」が追加されました。

▼データストリームの種類とデータ収集の方法

  • Web:「GTM」または「gtag.js」で、新計測IDをWebサイトへ追加
  • iOS:Firebase SDKと連携
  • Android:iOSと同じ

これにより、わざわざGoogle タグマネージャーでタグ設定を行わなくても、Webとアプリの両方に対して「スクロール数」などのイベントが自動計測されるようになりました。

セッションからイベントの計測へ

ユニバーサルアナリティクスではセッション中心の計測だったのに対し、Googleアナリティクス4プロパティではヒットタイプがイベントに統一されています。

旧GA 新GA4
ページビュー ページビューとして計測 イベントとして計測
イベント イベントとして計測 イベントとして計測
Eコマース Eコマースとして計測 イベントとして計測
カスタムディメンション カスタムディメンションとして計測 ヒット単位:イベントとして計測
ユーザー単位:ユーザープロパティとして計測

GA4のイベントは大きく4種類に分かれており、Webとアプリの横断解析も可能です。

カスタムイベントを除く3種類については、Google アナリティクス 4プロパティのヘルプページにて対象イベントの種類が掲載されています。

▼イベントの種類と特徴

Youtubeとの連携

従来のユニバーサルアナリティクスとは違い、Googleアナリティクス4プロパティではYoutubeとの連携が可能になりました。

YouTubeのエンゲージメントビューからのコンバージョンは、アプリとウェブそれぞれで発生したデータをレポートに含めることができます。

機械学習の導入による予測指標

GA4に導入された「機械学習」とは、「AI学習」とも呼ばれている通りAI(人工知能)の働きの1つです。

GoogleはGA4に導入した機械学習の効果について下記のように解説しています。

Googleの高度な機械学習モデルを適用することで、新しいアナリティクスは、データの重要な傾向を自動的に警告できます。たとえば、新しい顧客のニーズのために需要が高まっている製品などです。それはあなたがあなたの顧客がとるかもしれない将来の行動を予測するのを助けさえします。たとえば、解約確率を計算するため、マーケティング予算が圧迫されているときに顧客を維持するためにより効率的に投資できます。特定の顧客グループから得られる可能性のある収益など、新しい予測指標を追加し続けています。これにより、オーディエンスを作成してより価値の高い顧客にリーチし、分析を実行して、一部の顧客が他の顧客よりも多くを費やす可能性がある理由をよりよく理解できるため、結果を改善するためのアクションを実行できます。

出典:Google Marketing Platform

つまり、収集したデータを機械学習で分析することで、「将来、顧客が起こすであろう行動」を予測できるようになったのです。

▼予測指標の一例

  • 今後 7 日以内にサービスを利用する確率
  • 今後 7 日以内で離脱する確率
  • 売上の高いユーザーの傾向

機械学習の予測指標を利用するための条件

Googleアナリティクス4プロパティに導入された機械学習の予測指標を利用するには、3つの条件を満たしていなければなりません。

▼利用条件

・購入ユーザーまたは離脱ユーザーのポジティブ サンプルとネガティブ サンプルの最小数。要件として、関連する予測条件をトリガーしているユーザーが 1,000 人、トリガーしていないユーザーが 1,000 人いることが必要になります。

・モデルの品質が一定期間維持されていることが要件になります。

・購入の可能性と離脱の可能性の両方を対象とするには、プロパティは purchase と in_app_purchase の少なくともどちらか一方のイベント(自動的に収集される)を送信する必要があります。

出典:Google アナリティクス 4プロパティのヘルプページ

自動インサイトの実装と通知

Googleアナリティクス4プロパティに導入された機械学習によって、自動インサイトが実装されました。

GA4導入後に下記のようなシグナルが検知されると、自動的にダッシュボード上で通知されます。

▼自動インサイトの通知例

  • 集計データ上で異常な変化を検知した時
  • 新たな傾向が検出された時

プライバシー重視のデータ収集

Googleは公式サイトにて、いかにユーザーのプライバシーに配慮しているかを下記のように解説しています。

新しいアナリティクスはプライバシー重視の設計となっており、Cookie や ID に関する制限事項などの業界の変化によってデータに不足が生じた場合でも有効活用できます。

出典:Google Analytics Solution

変化し続けるテクノロジー業界を念頭に、新しいアナリティクスは、Cookie や ID を利用できるかどうかにかかわらず、将来のニーズに適応できる設計になっています。

出典:Google Analytics Solution

つまり、Googleは昨今の傾向から「Cookieに依存した計測」よりも「ユーザー単位の計測」を行う方が重要だと判断しているのでしょう。

BigQueryの無料搭載

GA360で有料だった「BigQuery」が、Googleアナリティクス4プロパティでは無料で利用できるようになりました。

GA4に標準搭載されたBigQueryによって、下記のようなメリットが得られます。

▼BigQueryのメリット

  • BIツールでの分析やデータの可視化
  • セールスや顧客サポートへの活用
  • 広告配信へのデータ活用
  • ダッシュボードでの共有

Google アナリティクス4 プロパティの設定方法

この段落では、これまで集積したデータが影響を受けないように、旧アナリティクスのプロパティを残したまま新たにGA4用のプロパティを作成する方法をご紹介します。

旧アナリティクスからGA4プロパティを新規作成

アナリティクス4のプロパティ作成画面

左下の歯車マークから設定画面を開き、上部中央の「プロパティを作成」をクリックします。

アナリティクス4のプロパティ設定画面

任意のプロパティ名を入力し、タイムゾーン・通貨・ビジネスの概要を指定して「次へ」をクリックします。

アナリティクス4のデータストリーム設定画面

「データストリーム」の設定画面が表示されますので、今回は「ウェブ」を選択します。

アナリティクス4のストリーム作成画面

サイトのURLと任意のストリーム名を入力し、アクティブになった「ストリームを作成」ボタンをクリックします。

アナリティクス4の測定ID表示画面

右上にGから始まる「測定ID」が表示されたら、アナリティクス側の設定は完了です。

Googleタグマネージャーの設定を追加

タグマネージャー設定画面

タグマネージャーの管理画面にアクセスし、GTMのタグ追加から「Googleアナリティクス:GA4設定」を選択します。

タグマネージャーのタグ設定画面

「タグの設定」画面に切り替わったら、「測定ID」という項目が表示されるはずです。

ここに、GA4側の管理画面(データストリームの設定画面)に表示されている「G-***」という測定IDをコピペし、トリガーとして「All Pages」を選択します。

アクティブになった右上の「保存」をクリックし、最後に「公開」ボタンを押して完了です。

Googleアナリティクス4に移行すべき?

リリースされたばかりGoogleアナリティクス4は、まだ発展途上の段階です。

書籍やWeb上での解説記事などが少ないため、移行を躊躇している方も多いでしょう。

その反面、データが蓄積されるほど精度が高まる機械学習を活用しているからこそ、いち早く導入した方が時間のロスが省けます。

しかも、分析を正確に行うにはより多くのデータが必要ですが、旧GAで蓄積されたデータをGA4に移管することはできません。

したがって完全に移行するのではなく、既存GAのプロパティ設定を維持したままGA4を新しいプロパティで追加して併用する方が安全です。

ちなみに、GA4にアップグレードしようと新規でインストールしようと、既存のGAプロパティはそのまま残り、新旧が共存します。

まとめ

Googleがアナウンスしている通り、今後はGoogleアナリティクス4プロパティがアクセス解析の主軸になります。

ただし、旧アナリティクスからGA4への完全移行はおすすめできません。

旧アナリティクスとGA4を併用し、データを収集しつつ使い方にも慣れておきましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索する

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)