【WordPress】固定ページからWordPressのPHPプログラムを理解する

Webサイト制作
Web開発
2021.01.06

前回の記事では、WordPressの投稿でPHPのプログラムを実行する方法を書かせて頂きました。


今回の記事では、固定ページという機能を使用して、よりWordPressでの開発への理解を深めて行きたいと思います。

固定ページとは

WordPressの固定ページとは、投稿ページ以外の単一のページの事を指します。
企業ホームページの場合、会社概要やプライバシーポリシー等のページを作成する際に使用されることが多いです。
そのため、WordPressでの投稿記事の事を意識せずWordPress上でPHPプログラムを動かすことに注力できますので、今回は固定ページを作りながらWordPressでのPHPプログラミングを理解していこうと思います。

固定ページを作ってみる

それでは、実際に手順を確認しながら固定ページを作っていきたいと思います。

管理画面からページ作成

まずはWordPressのダッシュボードより、「固定ページ」を選択します。
固定ページ選択
「新規追加」を選択し、ページの内容を入力します。
新規作成
ページの内容を保存したら、パーマリンクのURLをクリックしてページを表示します。
ページ表示
固定ページが表示されました。

ファイルを弄ってみる

では、今度は固定ページのPHPファイルを直接編集して、ページを変更してみましょう。
こちらの記事にて、固定ページのファイル名は「page.php」だとわかります。

WordPressでサイト設計・作成する際のポイント


ですので、wp-content/themes/[選択しているテーマ]/page.php のファイルを開きます。

<?php
get_header();
?>

	<div id="primary" class="content-area">
		<main id="main" class="site-main">

			<?php

			// Start the Loop.
			while ( have_posts() ) :
				the_post();

				get_template_part( 'template-parts/content/content', 'page' );

				// If comments are open or we have at least one comment, load up the comment template.
				if ( comments_open() || get_comments_number() ) {
					comments_template();
				}

			endwhile; // End the loop.
			?>

		</main><!-- #main -->
	</div><!-- #primary -->

<?php
get_footer();

このようなコードになっている思いますので、echoを追加します。

<?php
get_header();
?>

	<div id="primary" class="content-area">
		<main id="main" class="site-main">

			<?php

            // ↓↓↓↓追加↓↓↓↓
            echo "これはテストです。";
            // ↑↑↑↑追加↑↑↑↑

			// Start the Loop.
			while ( have_posts() ) :
				the_post();

				get_template_part( 'template-parts/content/content', 'page' );

				// If comments are open or we have at least one comment, load up the comment template.
				if ( comments_open() || get_comments_number() ) {
					comments_template();
				}

			endwhile; // End the loop.
			?>

		</main><!-- #main -->
	</div><!-- #primary -->

<?php
get_footer();

ではページを見てみましょう。
ページ表示
echoした文字が表示されました。
そして、「while ( have_posts() ) :」〜「endwhile;」の間で、管理画面から入力した固定ページの本文が表示されていることがわかります。

まとめ

今回は固定ページを例に挙げて、WordPressでのPHPプログラムの編集方法を説明させて頂きました。
WordPressの投稿を取得するには専用の関数使用する必要がありますが、ごく基本的なものはこちらの記事で紹介しています。

そのまま使える!かんたんWordPressのPHPコード【記事一覧編】


固定ページに限らず、WordPressの開発はベースとなるPHPファイル内に投稿を取得して表示する処理を記載して行うことになります。

SEOやWEB制作に関する情報を検索する

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)