キーワードの出現率は重要?SEOとの関係性や調べる方法を紹介

SEO対策
コンテンツSEO
2022.01.11
キーワードの出現率は重要?SEOとの関係性や調べる方法を紹介

キーワード出現率はコンテンツの中身を現したもので、重要な指標となりますが、一方であまり意識していない人、あるいはそもそもキーワード出現率をよく分かっていない人も多いのではないのでしょうか。

そこで、キーワード出現率とは何を意味するものなのか、なぜ意識すべきなのかや、チェックする際のポイント等についてをまとめていますのでご覧ください。

キーワード出現率チェックで何が分かるのか

キーワード出現率をチェックすることで何が分かるのかといえば、主に下記のことが分かります。いずれもコンテンツ作成やサイト運営を行うにあたって重要なものだからこそ、キーワード出現率が大切なものだと考えられています。

サイト内のキーワードの数や割合

サイト内で使用されているキーワードの数、そして割合が分かりますので、コンテンツが正しく作成されているのかや、狙った通りのコンテンツとなっているのかを把握できます。

コンテンツ作成において、キーワードの使用は大前提ですが、総文字数に対してどれだけ使用するのか、数・割合はそれぞれが異なる戦略を持っていることでしょう。

一般的に、狙ったキーワードは使わなければ検索エンジンに認識されにくいですが、使い過ぎてもよくないとされています。その点を調整するという意味合いでも、キーワードの数・割合の把握は大切です。

サイト内で使用されているキーワード

狙ったキーワードだけではなく、他にもどのようなキーワードが使用されているのかを把握できます。

サイト内ではキーワードの使用も大切ですが、他に使用されている言葉で検索エンジンからサイトの方向性を判断されます。つまり、狙ったキーワード以外のキーワードの使い方も重要ですが、キーワード出現率を調べることでそれらの把握が可能です。

キーワード出現率が重要な理由

キーワード出現率は重要な指標として注目度が高まっていますが、その理由について、さらに紐解いてみましょう。

SEO対策として

SEO対策の重要な要素の1つといえば、やはりキーワードでしょう。SEO対策とは、狙ったキーワードにて検索エンジンの上位表示を目指すためのものです。キーワード出現率をチェックすることで、狙ったキーワードが使用されているのかをチェックできます。

使用の有無はもちろんですが、共起語等、メインキーワード以外に使用されている言葉を把握することで、コンテンツがSEO対策という視点の元で作成されているのかをチェックできます。

 キーワード出現数の調整のため

先に少々触れましたが、SEO対策では、とりあえずたくさんキーワードを使用すればよいのではなく、塩梅が大切とされています。使わないのは論外ですが、使いすぎるとかえってSEO対策を低減させてしまうとの指摘もあることから、キーワード出現数の調整もまた、SEO対策で大切なポイントとされています。

そのため、キーワード出現率をチェックし、使用されているのかだけではなく、多すぎないかを把握し、コンテンツ内のキーワード出現数の調整が可能になります。

ライバルの動向をチェックできる

キーワード出現率は、自らのサイトだけが対象ではありません。

競合サイトのキーワード出現率をチェックすることで、自らのサイトとの比較が可能です。自らのサイトよりも上に表示されている、つまりはSEO対策が自社よりも成功しているコンテンツのキーワード数と自社サイトのキーワード数を比較することで見えてくることもあるのではないでしょうか。

また、競合サイトは一社だけではないはずです。様々な競合サイトをチェックすることで、キーワードの出現率の最適値の把握が可能です。

キーワード出現率をチェックする際のポイント

キーワード出現率をチェックすることで得られるメリットは、サイト運営に欠かせないものだと分かっていただけたのではないでしょうか。

しかし、闇雲にチェックすれば良いものではありません。キーワード出現率をチェックする際のポイントがありますので、その点も把握しておきましょう。

適正出現率を把握しておこう

キーワード出現率の目安としては、3%から5%程度とされています。

先に「多すぎても少なすぎてもだめ」だとお伝えしましたが、その具体的数値が3%から5%になります。

もちろんあくまでも目安ではありますが、まずはこの目安を目標に、キーワードを使用したコンテンツの作成を目指してみましょう。

ツールによって、キーワード出現率や適正出現率の目安は異なりますので、仕様も確認できる際は、把握しておきましょう。

メインワードだけではなく他の言葉もチェックする

キーワード出現率チェックは、その名称からキーワードの出現率をチェックすることであることは理解しやすいです。

しかし、キーワード出現率チェックの対象は様々なキーワードです。上位進出を狙うキーワードだけではなく、共起語や関連キーワードなど、キーワード以外の言葉もチェックしておきましょう。

共起語、関連キーワードに関しては適正数値ではなく、使用されているのか否かが大切になります。むしろメインキーワード以上に使用されているようでは、検索エンジンに誤解を与えかねないのでコンテンツとして好ましくありません。

コンテンツの大枠とのバランス

キーワードがどこで使用されているのかも大切です。

例えば特定部分だけ、やたらと繰り返し使用されているよりも、ページ全体にふんだんに使用している方がSEO対策としては効果的です。

そのため、出現率の把握は大切ではありますが、「どこに使用されているのか」までチェックしておきましょう。

出現率だけではなく中身も大切

キーワードの出現率も大切な数値ではありますが、中身も重要です。

それは、キーワードが自然な形で使用されているのかです。

キーワードを使用したいがために、前後の文脈を無視していては、検索エンジンとしても「何のサイトなのか」が把握できません。

また、仮に検索エンジンに表示され、アクセスを集めたところで閲覧者に「見ても意味のないサイト」だと判断されかねません。

キーワードは使用が目的なのではなく、使用して検索エンジンの表示順位を高め、多くの人に見てもらい、サイトに設定している目的を達成するためのものです。

出現率を適正値にするためだけに、適当に用いるのは控えましょう。

キーワード出現率はいつチェックすべきか

キーワード出現率チェックはいつ行うのかという疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そこで、チェックするに適しているタイミングもご紹介しましょう。

サイトへアップロードする時

コンテンツ作成だけでは人に見てもらえません。

web上にアップロードしてこそ、検索エンジンのクロールにも引っかかりますし、人から見てもらえるようになります。

そのため、サイトにアップロードする直前にキーワードをチェックし、果たして本当にアップロードしてよいのか。改めて確認しておきましょう。

いわば最終チェック的な意味合いだと考えることができます。

思うようなSEO対策の効果が出ない時

コンテンツをweb上にアップロードし、後は人に見てもらうだけ…となったものの、中々閲覧者が増えない。検索エンジンに表示されないなど、なかなかSEO対策に効果が出ない時には一度サイトの見直しを含めてチェックしてみましょう。

キーワードが効果的に使用されていない状況ではSEO対策は効果が出にくいです。

先にお伝えしたポイントを踏まえてサイトを修正しましょう。

コンテンツを修正した時・リライトした時

コンテンツを修正やリライトした時にもチェックしておきましょう。

コンテンツはこまめに修正やリライトを行い、サイトとして常に効果的な状態を維持することが大切ですが、修正した後、キーワードの出現率が低下し、目安となる規定値を外れてしまった場合、SEO対策の効果が低下してしまいかねませんので、修正・リライト後も規定値が目安範囲内にあるのかを確認しましょう。

キーワード出現率チェックツールの紹介

キーワード出現率のチェックはツールを使用して行うのですが、ツールは多数登場しています。

そこでキーワード出現率チェックにおすすめのツールをいくつかご紹介しましょう。

ohotuku.jp

ohotuku.jp
出典:ohotuku.jp

登録不要、無料にてチェックしたいURL、キーワードを入力することで、出現率のチェックが可能です。

URL、キーワードの入力フォームが用意されているだけなので、直感的に利用できることでしょう。ハードルの低さという点はもちろんですが、ライバルの動向チェックも簡単です。

ファンキーレイティング

ファンキーレイティング
出典:ファンキーレイティング

こちらもサイトにアクセスして使用できるタイプのキーワード出現率チェックツールです。

URLを入力した後、チェックしたいキーワードを3つまで指定できますので共起語や関連ワードのチェックも可能です。

こちらの利点として、URLではなくテキストベースでのチェックが可能な点です。そのため、サイトアップロード前、テキスト状態のコンテンツのキーワードチェックが可能なので、アップロードする前にチェックしたい場合に重宝できるサイトです。

カウンター言葉と文字

カウンター言葉と文字
出典:カウンター言葉と文字

こちらはテキストを入力することでキーワードをチェックできるのですが、キーワードだけではなく、文字数、文、段落、さらにはキーワード密度など、キーワード出現率同様にチェックしておきたい点をチェックできます。

また、こちらも無料かつ会員登録不要で使用できますし、テキストベースなのでwebにアップロードする前の文章でもチェックが可能です。

 FC2キーワード出現率チェッカー

FC2キーワード出現率チェッカー
出典:FC2キーワード出現率チェッカー
こちらはURLを入力するタイプです。

URLを入力することでキーワードのチェックが可能ですが、無料で利用できるものではありますが、出力順位範囲、HTMLタグ設定、抽出品詞指定など、細かい設定が可能です。

キーワードの出現率だけではなく、意図した形で使用できているのかなど、より細かいチェックが可能なサイトです。

ContentsDoctor【β版】

キーワード出現率チェックツール
出典:ContentsDoctor【β版】

キーワードとテキストを入力することで、様々な指標をスコアとして表示してくれます。

キーワードだけではなく、共起語等のチェックも可能ですし、コピペ対策も同時に行えますので、SEO対策で把握しておくべき様々な数値の把握が可能です。

また、こちらも無料で利用できますし、あくまでもテキストのチェックになりますのでアップロード前のテキスト、あるいはライバルページのチェック等も可能です。

まとめ

キーワード出現率がなぜ重要なのか分かっていただけたのではないでしょうか。

SEO対策はキーワードがメインですが、使用するかしないかだけではなく、どれだけの割合で使用されているのかまで把握することで、より効果的なSEO対策と成ることでしょう。

決して大きな手間を強いられるものではありませんので、サイト作成の際には、キーワード出現率チェックも行っておきましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索する

コラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)