SEOの為のキーワード
出現率チェックツール

コンテンツドクター

記事、文章の評価や
コピペをチェックする、
文章コンテンツの
総合診断ツールです。

キーワード出現率チェックする重要性

イメージ画像

キーワードの出現率を最適化することで、コンテンツの内容を検索エンジンに正確に伝えることができます。
昨今のSEO対策では、キーワードの出現率が直接SEOのランキング要素とは関係ないと言われてはおりますが、コンテンツを作成する際、対象のキーワードが全くコンテンツ内に含まれていない状態で、その対象キーワードで上位表示を狙うことは難しいのが現状です。
そのため、キーワードの出現率を最適化し、コンテンツの内容を正確に検索エンジンに伝えることで、その対象キーワードで評価されるスタートラインに立つことができます。

コンテンツドクター独自
キーワード出現率調査

イメージ画像

一般的な形態素解析では文章を構成する単語を最小単位に分解しますが、コンテンツドクターではそこからさらに単語の同士のつながりを解析し、複数の単語で構成される言葉を一つのキーワードとして抽出します。

抽出したキーワードを構成する単語それぞれの出現率や、同じ単語を使用した別キーワードの存在等から、その文章内でどのようなキーワードが重要とされているかを解析し、スコア化しています。

スコア化するロジックを2種類用意しているため、多角的な評価を行うことができます。

キーワード出現率チェックツール使い方

スコアチェック

スコアチェックを行うには、まず画面上部のメニューの「スコアチェック」をクリックして下さい。

コンテンツドクターのキーワード出現率チェックの登録方法

キーワード

作成するコンテンツの対象キーワードがある場合は、キーワードの欄に記載してください。
こちらにキーワードを入力することで、調査結果画面では共起語も合わせて確認することができます。
※未入力の場合は、共起語は表示されません。

URL

すでのWeb上公開されている場合は、URLを入力していただくと、そのページのテキストのチェックを行います。
※URLとチェック文章の両方を入力した場合は、チェック文章が優先されます。

チェック文章

チェックしたい文章を入力して下さい。
正確にキーワードの出現率スコアを調査するためには、Web上に表示される文章のみを入力していただくことをおすすめ致します。

キーワード出現率
チェックツール
調査結果画面

コンテンツドクターのキーワード出現率チェック結果画面

①コンテンツスコア1について

形態素解析を利用した単語の重要度スコアを記載しています。

②コンテンツスコア2について

ペコプラ独自の単語分解ロジックを使用し、単語の重要度スコアを記載しています。

③共起語リストについて

キーワードの欄に記載しているキーワードに対しての上位20サイトでよく使用されているキーワードを表示します。
また、表示された共起語をどれだけ使用しているかも表示されます。

スコア調整する方法

イメージ画像

スコアを上げるためにはそのキーワードの出現頻度を上げることが第一ですが、キーワードを構成する単語を使用した別キーワードを使うことも効果的です。
例えば「精密金属部品」というキーワードは「精密」「金属」「部品」という3つの単語で構成されています。これらの単語を含む別のキーワードを使うことで、「精密金属部品」をいうキーワードのスコアが上がります。

キーワード出現率チェックツール使用する際注意点

イメージ画像

弊社のキーワード出現率のチェック結果では、弊社独自のロジックでスコアが表示されます。
理想的なスコアとしましては、3.5〜6の範囲内に対象キーワードが含まれていれば、問題なく検索エンジンにコンテンツの方向性を伝えることができていると考えております。

また、仮にスコアが低い場合でも、無理やりキーワードを使用し読みづらい文章となってまで修正することはおすすめしません。
あくまでも最重要なのは、コンテンツの質であり、キーワードのスコアは質の高いコンテンツの方向性を正確に検索エンジンに伝えるための指標です。
キーワードの詰め込み過ぎは、Googleからペナルティを受ける可能性もありますので、無理な調整は避けましょう。

キーワード出現率チェックツール活用方法

イメージ画像

コンテンツドクターでは、自社コンテンツだけでなく競合サイトの調査を行うことも可能です。
ですので、「なかなか検索順位が上がらない。。」とお悩みのサイト管理者は、弊社のツールを使用し競合サイトのキーワード出現率を調査してみましょう。
そうすることで、キーワードのスコアに開きがないか、競合サイトと比較することができます

また、自社コンテンツをリライトする際も、キーワードの出現率を調査し、調整を行うことで現状よりも正確に検索エンジンにコンテンツの方向性を伝えることができ、検索順位が向上する可能性がございますので、ぜひ使用してみてください。

今すぐ使ってみる

※本ツールはβ版となります。