システム開発でのLuminati(ルミナティ)のトライアル

WEB制作・開発実例・コラム
2019.05.31
2019.10.18
システム開発でのLuminati(ルミナティ)のトライアル

私達は日々仕事をする中で、様々なシステム、サービスを利用しています。
それは、自社で開発したシステムもありますし、外部で開発運用されているシステムサービスもあります。
毎日行っている作業も、もしかしたら何か別のシステムを使用することで劇的に工数を減らす事ができるかもしれません。
そんなシステムを開発する中で、何を作成し、何を他社のサービスで補えばよいのかというのは難しい問題だと思います。
今回は私がシステム開発を行ってきた中で発生したサービス利用判断の理由を感想を含めて記載させていただきます。


Luminatiとは

世界最大のIP数を抱えるIP分散プロキシサーバー提供サービスです。
2019年5月現在でも200近い国、26,000を超える都市のIPが利用出来ます。
様々な料金プランとIPの使用方法(専用・共用)が用意されていて
しっかりと目的を設定すれば安価に沢山のIPが利用できるサービスです。
詳しい内容は公式ページを参照してみて下さい

LuminatiのIP

Luminatiには用途に合わせ3タイプのIPプランが用意されています。
このプランは、契約したIPで無料で使用できる通信量や無料分を超えた通信量に対する料金が異なります。そして、それぞれのプランでIPは共用IPと専用IPが用意されています。
共用IP :他の利用者と共用でそのIPを使用する契約になります。
  • メリット:専用に比べ費用が抑えられる。

  • デメリット:自分以外もこのIPを使用している為、リクエストを制御しきれない。知らない間にIP制限になっている場合もある。
  • 専用IP:契約後自分以外の利用者がこのIPを利用できなくなる契約になります。
  • メリット :このIPを利用できるのは自分だけになる為、リクエストやIP制限を制御できる。
  • デメリット:共用IPに比べ費用がかかってしまう。

  • また、専用IPは契約後からIPが専用になる為、契約直前にIP制限等になっているIPが割り振られる場合もあります。
    これを防ぐために、専用IPは直近の指定した日付の期間、指定したドメインにアクセスしていないIPという制限をつけるオプションが存在します。

    Luminatiトライアルを利用した理由

    SEOのツールを作成する際に、複数のIPアドレスが必要となり
    そのIPアドレスをVPSを契約し利用するか、プロキシサーバーを契約し利用するかという話になりました。
    その中でプロキシサーバー側の候補に上がったのがLuminatiでした。
    必要な数のIPを用意するのにVPSに比べ格段費用が抑えられ、契約したIPをコントロールするWEBシステムが既に提供されているのが候補に上がった理由です。
    早速、Luminatiの日本支部に連絡を取り説明を受け1週間のトライアルを行わせていただきました。
    トライアル自体は利用できる通信量に制限こそありましたが全ての機能がテストできLuminatiのIPの項目で説明したIPの違い等もチェックできました。

    Luminatiトライアルの結果

    Luminatiのトライアルを終え、最終的にVPSとLuminatiのどちらで開発を進めていくかという段階で 今回のシステムではLuminatiを採用し辛い点が上がり最終的にはVPSを利用してシステム開発する事になりました。

      今回のシステムでは
    • リクエストの間隔を細かく指定できる事
    • 使用するIPの選出を制御できる事(直近で何回使用されたのか等をシステムで管理する)
    • Google、Yahooに対するリクエストが可能である
    上記3点が重要でした。

    その為、IPを既に存在するIPコントロールシステムで管理するとIP選出の部分で細かいプログラミングが難しかったという点
    そして、Googleに対しリクエストを出した時にIP制限されていたり、結果が帰ってこないIPがいくつか存在していたという点
    この2点が決め手となりLuminatiの利用には至りませんでした。

    Luminatiの可能性

    今回は利用に至らなかったLuminatiですが、感想で述べた2点に関しても改善がされてきています。
    IPコントロールシステムは利用開始後すぐに使用でき、様々なタイミングでのプログラミングは可能です。
    今回開発する予定だったシステムにはマッチしないというだけで、すぐに使用したい場合にはメリットになります。
    Googleのリクエストで出た問題も、Google専用に特価したIPタイプが存在します。 費用は少しかかりますがGoogleに対するリクエストでも使用することは可能だと考えられます。
    今後別のシステムを開発する際にはまっさきに候補に上がってくるでしょう。

    まとめ

    Luminatiは安価に多数のIPを利用でき、更にそのIPを管理できる便利なサービスです。
    システム開発の仕様次第では、今かかっている費用をかなり抑えられる場合があります。
    また、新規でシステムを開発する場合にかかる工数を削減する可能性を秘めています。
    是非システム開発で多数のIPが必要になった場合は一考いただきたいです。

    SEOやWEB制作に関する情報を検索

    コラム

    ピックアップコラム

    最新コラム

    人気コラム

    過去の記事

    ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせはこちら

    03-5829-9912

    受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)