Google for jobs(Googleしごと検索)がリリース!求人広告業界を変えるかも!?

SEO対策実例・コラム
2019.01.29
2019.01.28

仕事探しをもっとスムーズにするために、

Googleは、「Google for jobs(Googleしごと検索)」を日本では2019年1月23日に

公式ブログ「Google japan blog」にてリリース発表しました。

Google for jobs(Googleしごと検索)とは?

Googleの自然検索結果に求人サイトの求人情報を分かりやすく表示する機能です。

例えば、

  • 蔵前 バイト
  • 蔵前 正社員 求人
  • 蔵前 カフェ アルバイト

と検索した際に、検索ユーザーの意図に沿った求人情報を検索結果に表示されます。

  • 勤務地が蔵前で、アルバイトを探している人
  • 勤務地が蔵前で、正社員の求人を探している人
  • 勤務地が蔵前で、カフェでのアルバイト探している人

といった具合です。

いままでですと、大手求人サイトから条件検索して求人を探される方が多いかと思いますが、

今後はgoogle検索結果から直接的にGoogle for jobs(Googleしごと検索)にて、求人を確認することが可能となりました。

新たな求人ページの導線が生まれたということもあり、うまく活かすことで競合との差別化が可能となります。

Google for jobs(Googleしごと検索)の検索結果画面

「蔵前 カフェ バイト」で検索した結果は以下となります。

PC検索結果画面

スマホ検索結果画面

上記のように検索ユーザーの意図に沿った求人結果が表示されます。

エリアや求人職種を入れるだけで、求人情報がでてくるのはとても便利ですね。

今後利用するユーザーも増えていき、この表示枠の重要性が高まってくるのではないでしょうか。

どうやったら表示されるの?

Google for jobs(Googleしごと検索)に表示させるためには、構造化データを用意する必要があります。

googleに構造化データがクロールされ、検索結果に表示される仕組みです。

詳しく知りたい方は、google検索のリファレンスのページをご確認ください。

まとめ

まだリリースしたばかりで対応できない求人サイトもあるかとは思いますが、今後浸透することにより、求人広告分野において、いままでの常識が覆るかもしれません。

今回は簡易的なご紹介となりましたが、ログインしていると求人のアラート情報や気に入った求人を保存できるなど、単に求人を掲載するだけではなく、使いやすい機能がありますので、またの機会にご紹介できればと思います。

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)