SEOの為の
コピペチェックツール

コンテンツドクター

記事、文章の評価や
コピペをチェックする、
文章コンテンツの
総合診断ツールです。

コンテンツドクターコピペチェック強み

利用制限なし

回数制限なし

1日の使用制限などもございませんので、何回でもご利用していただくことが可能です。

どこにも負けない
文字数制限

文字数制限なし

コンテンツドクターでは、1度のコピペチェックに対し文字数の制限はなく、1月での調査文字数の制限を設けており、1千万文字/月調査することが可能です。
そのため、1度の調査でコンテンツを分割する必要がございません。

無料利用可能

無料利用可能

コンテンツドクターをご利用していただくにあたって、費用は一切かかりません!

コピペチェックする
重要性

イメージ画像

他社サイトのコンテンツをコピーし、記事を作成することはSEO上大きなリスクを伴います。
最悪の場合、著作権の問題で賠償問題に発展するケースや、Googleなどの検索エンジンから検索結果上に表示されないよう削除されるケースもあるため、コンテンツマーケティングを行う上では、コピーコンテンツは作成してはいけません。

そのようなリスクを回避するためにも、コンテンツを作成する際は必ずコピペのチェックを行う必要があります。

コンテンツドクターコピペチェック仕組み

イメージ画像

コンテンツドクターのコピペチェックは、
登録された文章からいくつかの短い文章に区切り、
その文章をgoogleで検索することで、
すでにweb上に似た文章が無いかチェックを行います。

コピペチェックツール
使い方

データ入力

まずは、ページ上部のメニューから「データ入力」を選択します。 記事の登録方法は3つありますので、それぞれ解説します。

個別登録

コンテンツドクターへデータを個別登録する方法

キーワード

作成したコンテンツで上位表示を狙っているキーワードを入力してください。

タイトル

コンテンツのタイトルを入力します。

本文

コンテンツの本文を入力し、「登録」をクリックすると完了です。

一括登録

コンテンツドクターへデータを一括登録する方法

エクセルで原稿を管理している場合は、登録画面と同じ形式にしていただくことでまとめて登録することが可能です。

コピペチェックツール
チェック結果画面

コンテンツドクターのコピペチェック結果画面

検索テキスト

本文を分解し、検索したテキストが一覧で表示されます。

検索した短文

コピーサイトがないか調査した際に、検索した短文が表示されます。

重複

本文内に重複がないか調査した結果が表示されます。

検索結果

コピーサイトが存在していた場合、その件数が表示されます。

最大重複率

最も重複が見られたコピーサイトとの重複率が表示されます。

検索結果

検索した短文で検索した際の、検索結果が表示されます。

共起語

調査した文章のキーワードのスコアと共起語が表示されます。
※共起語を調べる際は、文章を登録する際にキーワードを入力する必要があります。

コピペチェックツール
活用方法

上記でも記載しておりますが、コピーコンテンツは非常にリスクが大きいです。
そのため、Web上にコンテンツをアップする際は、必ずコピペチェックを行うことをおすすめします。

特に外部のライター様に記事作成を依頼している場合は、必ずコピペチェックを行い、問題がないか自社でも確認を行いましょう。

弊社のツールでは、無料で文字数制限もなく使用することができますので、是非活用して下さいませ。

今すぐ使ってみる

※本ツールはβ版となります。