9月24日にGoogleがコアアルゴリズムアップデートを実施!今回のアップデートの特徴と対策は?

SEO対策実例・コラム
2019.10.29
2019.11.07

Googleは9/24にコアアルゴリズムアップデートを実施しました。 「自分のサイトの順位が低下してしまった」、「なぜ順位が低下したのかわからない」など、今回のアップデートで頭を抱えてしまう人もいるかと思います。 そこで当記事では、今回のアップデートの特徴と、アップデート後の順位変動をまとめました。また、順位が下降してしまった場合の対策も紹介します。


コアアルゴリズムアップデートによる各順位計測ツール変動状況

コアアルゴリズムアップデートによる各順位計測ツール変動状況は以下のとおりです。国内海外ともにおおむね9/25付近でかなり順位変動がありその後、10/4付近でもう一度大きな順位変動があることを示しています。
10/17付近、10/24付近でも大きな変動があります。

国内の順位計測ツール変動状況

国内の順位計測ツールの変動状況は以下のとおりです。

namaz

namazの変動状況は以下の通りです。9/24のコアアルゴリズムアップデート以降、順位変動が大きい状況が続いています。

namazでの順位変動状況(9月~10月)

出典:namaz.jp

サクラサクラボ

サクラサクラボの変動状況は以下の通りです。9/24のコアアルゴリズムアップデート直後に大きな順位変動を見せ、一旦変動が落ち着いた後に、10月頃から変動が大きい状況が続いています。

sakurasakuでの順位変動状況(9月~10月)

海外の順位計測ツール変動状況

海外の順位計測ツールの変動状況は以下のとおりです。

rankranger

rankrangerの変動状況は以下の通りです。9/24のコアアルゴリズムアップデート直後と、10/4に突出した順位変動が見られ、それ以降も変動が大きい状況が続いています。

rankrangerでの順位変動状況(9月~10月)
出典: rankranger

UScomSERP Fluctuation

SERP Fluctuationの変動状況は以下の通りです。9/24のコアアルゴリズムアップデート直後、そして10/4と10/16直後に大きな変動を見せています。

SERP Fluctuationでの順位変動状況(9月~10月)

moz

Mozの変動状況は以下の通りです。9/24のコアアルゴリズムアップデート直後と、10/4と10/16直後に大きな順位変動が見られます。

mozでの順位変動状況(9月~10月)
出典: moz

AccuRanker

AccuRankerの変動状況は以下の通りです。9/24のコアアルゴリズムアップデート以降、順位変動の大きな状況が続いています。

AccuRankerでの順位変動状況(9月~10月)
出典: AccuRanker

Advanced WEB RANKING

Advanced WEB RANKINGの変動状況は以下の通りです。Advanced WEB RANKINGでは以前から順位変動が激しかったのですが、9/24のコアアルゴリズムアップデート直後の変動は特に大きなものとなっています。

advanced-web-rankingでの順位変動状況(9月~10月)

今回のコアアルゴリズムアップデートの特徴

弊社が監視しているキーワードにおいても、順位の上昇下落がありました。 具体的にどのような特徴があったのかみていきます。以下のとおり、特に特定のジャンルを狙ったアップデートではなく、全てのジャンルにおいて、評価の見直しが行われたと考えられます。

整体系キーワード

アップデート前は、15位前後でしたが、コアアルゴリズムアップデート以降、6位に上昇しております。
こちらのキーワードを検索してくるユーザーは、評判が良い整体院を比較したり、すでに評判が良い整体院を見つけたいというニーズがあると考えられます。そのため、評判の良い整体院を探す上で、口コミや、整体院の特徴や料金、どんなメニューを提供しているのかということがポイントになると考えられます。
このサイトは、ニュースや最新情報の更新や、お客様からの口コミ情報を追加していましたので、この点がユーザーの検索意図のニーズを満たしているとと評価され、順位が上昇したと考えられます。

ゴミ回収系キーワード

アップデート前は、15位前後でしたが、コアアルゴリズムアップデート以降、10位以内になっております。
こちらのキーワードを検索してくるユーザーは、評判が良い回収業者を比較したり、どのようにしてゴミを出せばよいかというニーズがあると考えられます。

そのため、ゴミの出し方や、ゴミ回収する際にどのようなゴミを回収してくれるのか、回収料金はどのくらいなのか、口コミの有無がポイントになると考えられます。
このサイトは、お客様からの口コミ情報を追加していましたので、この点がユーザーの検索意図のニーズを満たしているとと評価され、順位が上昇したと考えられます。

歯科系キーワード

アップデート前は、3位でしたが、コアアルゴリズムアップデート以降、10位台後半になっております。
こちらのキーワードを検索してくるユーザーは、自分にあった治療をしてくれたり、評判が良い歯科を見つけたいという検索意図があります。

そのため、ユーザーが治療したい内容やユーザーの質問に答えるコンテンツや、お客様からの評判が書かれているか重要となります。
このサイトは、目的別にあった治療方法は書かれていますが、QAなどは一か所にまとめられていないため、ユーザーが検索意図は満たしているものの、ユーザービリティがほかのサイトと比べて少々使いにくくなっているため、下降したと考えられます。

このように似たようなコンテンツが分散していると、ユーザーからすると使いにくいサイトなりますので、出来れば似たコンテンツは一つに纏めると良いです。

廃棄系キーワード

アップデート前は、10位台前半でしたが、コアアルゴリズムアップデート以降、一気に圏外に飛んでおります。
こちらのキーワードを検索してくるユーザーは、具体的にどのようにして廃棄してくれるのか、サービスの特徴や活用事例、セキュリティはどうなっているのか知りたいという検索意図があります。そのため、このようなことが書かれているコンテンツがあるのかが重要となります。

このサイトは、廃棄方法の流れしか書かれていないため、圏外になったと考えられます。
このように、ユーザーの検索意図が変わり、以前には評価されていたものが、評価されないことも考えられます。

コアアルゴリズムアップデートで順位が下落した場合の対応策

コアアルゴリズムアップデートは、特定のページやサイトを対象としたものではなく、コンテンツ全体の評価方法のシステムを改善したものです。 つまりウェブマスター向けのガイドラインの違反や手動・自動ペナルティに対する対策がとられたわけではありません。そのため、コンテンツの品質を改善に努めたほうが良いです

ユーザーの検索意図を理解する

Googleに評価してもらうためには、ユーザーの検索意図を理解する必要があります。
例えば「風邪薬」というキーワードの場合、「風邪薬を購入したい」や「おすすめの風邪薬を知りたい」など、さまざまな検索意図があります。ユーザーが満足するコンテンツを作るには、それらの検索意図を把握しておくことが大切です。

ユーザーの検索意図を理解するためには、サジェストや共起語をチェックする方法などさまざまありますが、検索結果を見るという手段もあります。検索順位の上位10サイトをチェックし、それぞれの特徴や共通点を探ることで、ユーザーが求めているサイトの傾向を掴むことができるでしょう。

コンテンツに不足がないかチェックする

Googleに評価されるためには、独自性のあるコンテンツである必要があります。他のサイトにはないオリジナリティに富んだ、十分な分析・研究が織り込まれたコンテンツを作ることを心がけましょう。書籍や他のサイトを参照にした場合であっても、そのサイトならではの付加価値が提供できるようなサイトであることが望ましいです。

また、見出しやタイトルを目立たせたいあまり、不快感を与えるような言葉を使用してはいけません。ユーザーが友人と共有したり情報源として引用したくなったりするようなコンテンツになるように意識しましょう。

ただ、文字数だけ増やしても、ユーザーが求めていないコンテンツになる可能性があるので、ユーザーが求めている情報を適切に書かれているかチェックしましょう。

専門性が高い人が書いているか、誤情報がないかチェック

ユーザーが満足するには、正確な情報を提供する必要があります。
Googleに評価されるためには、情報に専門性が必要です。情報源が正しいものであること、コンテンツの制作者の背景が明らかであることなど、コンテンツの信頼性が重視されます。
そのため、その情報が間違ったものではいけません。特にお金や人生を左右する事柄において、安心してその情報を得られるようなコンテンツであることが大切です。

適切に制作されているか

Googleに評価されるためには、適切に制作されたコンテンツである必要があります。誤字脱字のない、ユーザーが読みやすいしっかりとしたコンテンツを制作しましょう。

コンテンツはモバイルでも読みやすいようにしましょう。また、広告を設置する場合、広告でコンテンツを覆い隠したり、触れやすい箇所に広告を設置したりなど、コンテンツを読みにくくしないようにします。

外部のクリエイターによって大量生産されたコンテンツや、それぞれのページの価値が高くないサイトも、Googleから評価されにくくなっています。ひとつひとつのページを丁寧に制作することが大切です。

何もしないのも一つの手段!

ただ、コアアルゴリズムアップデート直後に順位が下降しても、しばらく(弊社の感覚ですと、3週間程度)経つと、ほぼ元の順位に戻ってくることもあります。そのため、直後に順位が落としたからと言って、すぐに対応策を講じるのではなく、あえて何もせずしばらく様子を見るのも一つの手段です。 1か月経過しても順位が戻ってこなかったら、ご紹介した上記の項目を確認してみて下さい。

まとめ

今回のコアアルゴリズムアップデートでは、大きな順位変動が見られました。「自分のサイトの順位が下がってしまった」と慌ててしまう人もいるかもしれません。
しかし、順位が下降したからといって、コンテンツの質が低いと判断されたわけではありません。一旦順位が下がっても数週間すると元の順位に戻ることもございますので、当記事の項目をひとつひとつチェックしていき、順位変動の原因を冷静に分析していきましょう。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)