サイトを上位表示するために必須のSEO戦略とは?

SEOトレンドレポート
SEO対策実例・コラム
2019.07.26
サイトを上位表示するために必須のSEO戦略とは?

昨今の世の中において、個人個人が情報収集をしようとする時の手段は、新聞や雑誌等の紙媒体やテレビが主流だった時代を過ぎ、Webサイトへと遷移していきました。老若男女問わず、多くの人々がネットを頼りにしているというのが、今この時代の現状です。毎日毎日多くの人が何かを知るためにサイトで情報を検索する、その母数はかなり大きいと言えます。

しかし、サイトを上位に表示させることができなければ、多くの人の目に留まることなく、ただ埋もれていくだけとなってしまいます。では、どうすればサイトを上位表示させることができるのか?その方法を詳しく探っていきたいと思います。

SEO戦略はどんな意味?

ホームページを運営したりブログを書いたりしている人というのは、ひと昔前は日本全体の人口に比べてそれほど多くは占めていなかったと思います。
しかし、広告収入で稼ぐYouTuberが脚光を浴びる機会が近年増えてきたことにも伴い、広告収入=Webを使って収入を得られる手段という事実が広く世間に認知されるようになりました。

そして、YouTuberに留まらず、同じように広告収入を得られる方法ということでサイトの運営が人気を集め出し、今や誰しもが簡単にブログを開設して記事を書き、様々な情報を自ら発信できる時代になっています。

日々多くのブログが新たにでき、数えきれない数の記事が日に日に量産されている現状がある中、何も考えずにただやみくもに記事を書いていては、その他大勢が書いた記事の中に埋もれてしまうだけです。
そうなってしまうと、記事を書くために費やした時間、労力が無駄になってしまうでしょう。それを回避するためには、SEO戦略をきちんと立てる必要があります。

アクセスを集めたり検索順位を上げるための手段である

何か知りたいことがあってネットで検索する時、上位表示されている多くの人から支持を得ているであろう記事を選択すると思います。
実際に自身が検索する時のことを考えてみると分かりやすいと思います。

知りたいことがあって検索した時に、限られた時間の中でどの記事をみようかと考えると思います。
その際、物理的に検索順位が上位のサイトにアクセスすることになると思います。
そのため、サイトをいかに上位に表示させられるか?がとても大切になってきます。

対策が枝なら戦略は幹

個人や法人問わずホームページやブログを運営していこうとする時、よく耳にするのは「SEO対策」という言葉だと思います。

では、この記事のテーマである「SEO戦略」とはどこが違うのか?
それは、対策というのは1つ1つの細かい項目を指しているのに対して、戦略というのは、それらをまとめて大きな方向性を決めることを指します。

すなわち、木で例えるならば、対策は枝であり、戦略はそれらをまとめて支える幹だと言えると思います。

アクセス数や検索順位の重要性

前述の通り、現在は数えきれないほど多くのサイトがWeb上に存在しているため、アクセス数を増やすことや検索順位を上位表示させることはとても重要なカギとなっています。

どのサイトであっても、上位であればあるほどアクセス数は多く集めることができますので、アクセス数を増やしたいのなら順位を1つでも上に表示させるということがとても重要になってきます。
いくら内容が興味深いサイトであっても、下位に表示されていては、滅多にアクセスしてもらうことはできないでしょう。

当然のことながら、アクセスする人が多ければ多いほどサイトに掲載した広告がクリックされる可能性は高くなります。

また、広告の中には、クリック数は関係なく表示されることが目的という種類も存在しますので、サイトを上位表示させ、アクセス数を多く集めることはとても重要です。

SEO対策とは異なる?

巷で良く聞く「SEO対策」という言葉、これはサイトを運営していく上でとても重要なことです。
そして、対策だけを立てる前に、合わせて戦略を明確にしておくことが重要です。
長い目で見た時に、一つ一つの対策を講じることのみならず、しっかりとした戦略を立てていくことが勝因となるでしょう。

対策と戦略について

対策と戦略、どちらも必要で欠かせないものです。全体として大きな戦略を立てた上で、戦略に沿った細かい対策を一つ一つ講じていく。これこそがSEO施策を成功させるカギとなるはずです。

効果的なSEO戦略とは?

何かについて記事を書こうとする時に、ただ自分の書きたいように書いているのでは、効果的なSEO戦略が立てられているとは言えません。
では、どのようなことに留意すればよいのでしょうか?

適切なキーワード選定

まずは、どのようなキーワードをテーマにして記事を書くのか?というのがとても重要になってきます。
理由は、そのキーワードを使って誰かが検索することで初めて、サイトが表示されるからです。

つまり、誰も検索しないようなキーワードを使って記事を書いていても、検索する人がいなければその記事が多くの人の目に留まることはありえません。
従って、多くの人が検索しているであろうキーワードをテーマとした記事を書いていくことが絶対に外せない条件となります。

その時、ただ個人の主観で「このキーワードなら沢山検索されているはず」など適当に決めるのは非常に危険です。
人は個人個人で使う言葉も言い回しも違うので、多くの人が検索しているキーワードを調べて確実に把握してから記事を書くようにしましょう。

キーワードの検索数を調べるツールは、Googleが運営しているキーワードプランナーや、goodkeywordの利用がおすすめです。
キーワードプランナーやgoodkeywordの使い方については以下の記事をご覧ください。

ロングテールSEOを徹底解説(メリット・デメリット・設定方法)

キーワードプランナーは、本来は自身がWeb上に広告を出したい時に、どういったキーワードであれば効果的な広告掲載ができるか?というのを知るためのツールです。
従って、広告掲載をするというイメージで、予算やターゲット等を決めてから、キーワードを調べるという使い方になります。
実際には広告を掲載しなくてもよく、検索ボリュームがあるキーワードを知る目的のみで無料で使えるので、とても便利だと思います。
ただし、無料の範囲ではそこまで正確な情報が得られないため、より効果的に細かく把握するなら広告費を少額でいいので入れて使うのがおすすめです。

Goodkeywordについては、キーワードプランナーよりも少ない操作で簡単にキーワードを調べることができます。しかしながら、キーワードプランナーよりはざっくりとした数値が把握できるのみに留まるので、目指すサイト順位に応じて使い分けるのが良いです。

閲覧者の知りたい情報を適切に盛り込む

検索ボリュームがあって、多くのアクセスを集められるようなキーワードを把握したら、次は実際の記事作成になります。
この時に、どのような記事なら閲覧者の満足度を上げることができるか?を常に念頭に置くようにすることが大切です。
実際にGoogleは、良質な記事の定義を、閲覧者にとって価値がある記事だとしています。

まず、閲覧者が検索して、表示された記事を見るのか見ないのか、一番重要になってくるのはやはりタイトルです。
多くの人の心をつかむような魅力的な言葉をタイトルに挿入することができれば、ひとまずクリックしてもらうということはできます。

しかし、実際に読んでみたらタイトルばかり良いことを言っていて中身はスカスカ、または全く役に立たない内容と分かれば、閲覧者はすぐにサイトを閉じてしまうでしょう。

Googleは独自の検索アルゴリズムによって、Web上の膨大な数の様々なサイトを常にチェックしています。
検索アルゴリズムは、サイトの閲覧者がどのぐらいそのページに滞在していて、どのぐらいで離脱するか?という離脱率を見ているのではないか?という説もあります。
ただしこれはGoogleの公式発表ではないため、【可能性があるもの】として参考程度に頭の隅に置いていただくのが良いかと思います。

中身が薄くあまり役に立たないと思われてしまう記事は、たとえタイトルで注目を集めてクリックされる回数は多くとも、大多数の人が途中で読むのをやめてサイトを離れてしまいます。
よって、当然のように離脱率が高くなってしまいます。そういった記事をGoogleはあまり価値がないサイトだと評価するため、記事の検索順位にも影響してしまいます。

反対に、たとえ気軽な気持ちで記事をクリックした人でも、思わず最後までしっかり読んでしまうような、内容が充実していて且つ閲覧者の役に立つ情報量や質であれば離脱率は低くなります。そして、Googleからも高い評価をされます。

このことから見えてくるのは、アクセス数を上げたり検索順位をアップさせたいがために小手先のテクニックばかり重視するのではなく、閲覧者に役に立つ情報をしっかりと提供できているのか?を常に自問自答して記事を作成していくのが得策と言えます。

また、時代とともに色々な動向や制度やシステムが変わったり、流行によって検索されるワードが変わってくるのが一般的です。
従って、一度書いた記事でも長く放置することなく、定期的に内容を精査して古い情報を最新情報にアップデートしたり、その時に検索ボリュームが多いキーワードを把握して記事を新たに追加することも効果的と言えます。

まとめ

サイトを上位表示するために必須のSEO戦略についてこれまで述べてきましたが、いかがだったでしょうか。
細々とした作業が必要であったり、頭を使って色々なことを決めたりなど、はっきりいって手間はかかるかもしれません。

しかし、正しい方向でしっかり戦略を練って作った記事は、無駄になることは決してないはずです。
従って、労力を惜しむことなく、ツールを積極的に活用するなどして、しっかりと戦略を立て、細かい対策を積み上げて基盤を作っていくことが重要であると言えます。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)