内部リンクを活用して検索順位を向上させよう!

SEO対策実例・コラム
2019.02.28
内部リンクとSEO

自分のサイトの掲載順位が気になる方も多いと思いますが、内部リンクの設置によってユーザビリティとクローラビリティが改善され、Googleからポジティブな評価を得ることができ、結果として、検索順位の向上に繋がるということをご存知でしょうか。

ここでは、内部リンクを設置することでなぜユーザビリティとクローラビリティが改善できるのか、内部リンクはどのように設置すればより効果的なのか、ということを考えてみたいと思います。

内部リンクとは

内部リンクとは、自分のサイト内に設定しているリンクのことで、これによりユーザーはサイト内の目的のページに移動することができます。また、クローラーは内部リンクを辿ってサイト内を巡回してページをインデックスし、サイトの構造を把握して評価することができます。

内部リンクをうまく活用することで、ユーザーにとって使いやすく、クローラーにとって巡回しやすいサイトを構築することができます。ユーザビリティとクローラビリティの向上は、Googleのポジティブな評価を獲得することに直結していますので、内部リンクを設置することは検索順位の向上に極めて重要な役割を果たしていると言えるのです。

内部リンクが重要な理由

ユーザーがサイト内の目的のページを効率的に見つけるためには、どこに何があるのか、今どこにいるのか、ということが一見してわかる仕組みが必要となります。関連するページへのアクセスが容易であれば更に便利でしょう。内部リンクを設置することでこれらを実現することができます。

クローラーは内部リンクが設置されていないページを認識することができないため、例えページに書かれているコンテンツが重要なことであっても、リンクが設置されていないページはインデックスされない可能性があります。また逆に、内部リンクが多く設置されているページを重要なページと評価するため、重要なコンテンツのページは内部リンクを充実させることでポジティブな評価を獲得することができるのです。

内部リンクの代表的なタイプ

内部リンクを設置する代表的なものとして、「パンくずリスト」や「関連記事」があります。

パンくずリストとは、上位から階層順にカテゴリを設計し、カテゴリを表すアンカーテキストにリンクを設置したもので、サイト内のどの位置にいるのかが一見してわかる形式です。ユーザーにとっては自分がどこにいるのかすぐにわかり、クローラーにとってもページが構造化されて巡回しやすく、非常に有用なリンクです。

関連記事は、コンテンツの最後やフッターに、関連する記事のタイトルをアンカーテキストにしてリンクを設置したものです。ユーザーは興味を持った関連情報へ簡単にアクセスすることができ、クローラーは関連性が高いコンテンツを巡回しやすくなりますので、ページの評価を高めることができます。

これらのリンク機能を活用して、ユーザーにもクローラーにもわかりやすいサイトを構築し、ポジティブな評価を獲得しましょう。

内部リンクの設置のポイント

権威あるページ

内部リンクは、ただ多く設置すればよいというものではありません。ポジティブな評価を獲得するためには、専門的(Expertise)で、権威(Authoritativeness)があり、信頼(Trustworthness)できるコンテンツでなくてはなりません。

「権威あるページ」を作成し、これを中心にして複数の関連するコンテンツのページへリンクを設置します。「権威あるページ」とは、 自社の主要なプロダクトやサービスについて、信頼に足る専門性の深さを示す情報を網羅しているページです。関連するコンテンツのページは、関係を強化するために互いにリンクさせます。

このようにリンクを設置することで、「権威あるページ」が持っている「E-A-T」がリンクするページにも伝達するため、サイトの評価が上がり順位の向上に貢献するのです。

アンカーテキスト

また、リンクを設置するときは、アンカーテキストに必ずリンク先のページのコンテンツを的確に表すキーワードを挿入しましょう。そうすることで、ユーザーは何が書かれているかを容易に推測することができ、クローラーはページのコンテンツを理解してインデックスすることができるようになります。

正規URL

もうひとつ重要なポイントは、正規のURLにリンクを設置するということです。同じコンテンツで複数のURLがあると、コピーコンテンツとみなされてインデックスされなくなってしまうからです。クローラーにオリジナルと認識してほしいURLを「正規URL」といいます。「www」があるものとないもの、「/」があるものとないものなど、どちらかを正規URLとして規定します。正規URLを規定する際に気を付けることを以下にリストアップしました。

  • wwwの有無
  • /の有無
  • パラメーターの有無
  • index.htmlをインデックスするか
  • サブドメインになってないか
  • スマホ用のURLが混ざっていないか

など。リンク先のURLは必ず正規URLを設定してクローラーが効率的に巡回できるように留意しましょう。

まとめ

内部リンクは、ユーザーにとってもクローラーにとってもサイトの構成を把握し、効率的にサイト内を回遊するために重要な機能です。また、重要なコンテンツのページを「重要なページであると」認識させ、重要なページの「権威」をサイト全体に伝達することもできる機能です。十分に活用して、サイトのポジティブな評価を獲得し、検索順位の向上に繋げましょう。

コラム

最新コラム

人気コラム

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)