集客パフォーマンス最大化施策!コンテンツマーケティングとは?

SEO対策実例・コラム
コンテンツSEO・コンテンツマーケティング
2019.04.10
2019.04.11
Webサイトへのアクセス数アップ!SEO対策はなぜ必要なのか?

この記事をご覧の皆さんの中には、日々のWebサイト運営に頭を悩ませている人もいるのではないか思います。

近年は、IT化の動きが活発で、自社の収益を効果的に伸ばしていこうと考えた場合、オフラインでのユーザーの動向のみならず、オンラインでのユーザーの動向にも注意し、そこから集客を図り顧客の獲得を行う必要性が増しています。

そこで、これらのニーズに応えるための効果的な方法の1つとして今回の記事で紹介するのが、「コンテンツマーケティング」という手法です。

コンテンツマーケティングの具体的な内容については以下で説明していきます。

コンテンツマーケティングって何のこと?

「コンテンツマーケティング」とは、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することにより、ユーザーに自社に関することに興味を持たせてエンゲージメントを高めることにより、最終的に自社の利益に繋がる行動を促すマーケティング手法の1つです。

「コンテンツマーケティング」で提供するコンテンツは、ユーザーにとって有益なものでないといけません。

ユーザーにとって有益なコンテンツを作成できなければ、効果的に自社のwebサイトに集客することができず、自社の利益になる行動を促すことができません。

では、どのようにしてユーザーにとって有益なコンテンツを作るのか、その具体的な方法については以下のようになります。

適切なペルソナの設定

「ペルソナ」とは、マーケティング用語の1つで自社がマーケティング対象として想定する象徴的な利用者像のことを言います。

適切な「ペルソナ」を想定することで、自社にとってのターゲットユーザーが具体化され、ターゲットユーザーのニーズを把握しどのように行動をする傾向にあるのかなどを詳細に理解することができるようになります。

適切な「ペルソナ」を設定するためには、自社の利用者の購買履歴や、市場調査などの実際に集計されたデータをしっかりと活用する必要があります。マーケティング担当者の勘などの主観のみで作成するようなことは避けなければいけません。

「ペルソナ」を設計する際には、実際のデータをしっかりと利用して、自分たちが考える自社にとって都合のよさそうなターゲットユーザー像を「ペルソナ」として設定しないようにしましょう。

想定するターゲットユーザーのニーズの把握

適切な「ペルソナ」を設定できたら、次にやることは、自社の想定するターゲットユーザーはどのようなニーズを抱えているのかをしっかりと把握することです。

ユーザーにとって有益なコンテンツであるためには、最低条件として対象とするユーザーが欲している内容を含んだコンテンツでなければいけません。

コンテンツを作成する際には、ターゲットユーザーの抱えているニーズを把握してコンテンツ作成を行う必要があります。

ニーズに基づいた対策キーワードの設定

一般的に想定されるユーザーは、自身の抱える疑問を解決するために検索エンジンを利用して、それらの疑問を解決するための情報を検索することが想定されます。

その際に、検索エンジンに打ち込むことになるキーワードがありますが、それがサイト運営者にとっての「対策キーワード」と言われるものになります。

想定されるニーズを含んだ「対策キーワード」に沿ったコンテンツを作成することで、はじめてユーザーにとっての有益なコンテンツになります。

「対策キーワード」を設定する際には、「対策キーワード」をただの文字列と考えず、その対策キーワードは本当にユーザーが求めているニーズに基づいているのかしっかりと確認する習慣をつけることが重要です。

Webサイトの運営担当者は、これらの点に注意してコンテンツを作りましょう。

コンテンツマーケティングはなぜ必要なのか?

これまでは、「コンテンツマーケティング」とは何かについて説明してきましたが、この記事をご覧になっている人で、そもそもなぜ「コンテンツマーケティング」は必要とされているのか、という疑問を抱いた人もいるのではないでしょうか。

「コンテンツマーケティング」を行わなくても、「コンテンツSEO」と言われる、SEOの内部施策の中の1要素がすでにあり、「コンテンツSEO」の対策を行っていれば十分であると考えることもできます。

では、なぜ「コンテンツマーケティング」が必要とされるのか、それは「コンテンツSEO」だけでは自社のwebサイトに集客し、利益につなげるのに不十分だからです。

どのように不十分であるのか、それを理解するためには、「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」の違いについて理解する必要があります。

「コンテンツマーケティング」と「コンテンツSEO」の具体的な違いについては以下のようになります。

 

コンテンツマーケティング

コンテンツSEO

①ユーザーとの接触経路

検索エンジン経由 SNS その他広告などの施策

検索エンジン経由

②想定接触ユーザー

顕在ユーザー 潜在ユーザー

顕在ユーザー

③実施目的

自社のwebサイトへの集客

エンゲージメントの強化(リピート購入の促進など) 

自社のwebサイトへの集客

(③の実施目的については、両者とも最終的には、当初に立てたコンバージョンの達成に行き着くわけですが、ここでは、第一義的な目的について表記しました。)

「コンテンツSEO」だけでは、自社の商品やサービスなどの自社関連の事柄に現状興味を抱いていないと思われる潜在顧客などに適切な対応ができなません。

「コンテンツSEO」が対象にしているのは、すでに自社関連の事柄に興味を抱いているユーザーがメインだからです。

しかし、「コンテンツマーケティング」の場合には、「コンテンツSEO」ではカバーしきれていない潜在顧客にまで接触することができ、そのうえ幅広い接触経路でユーザーに接触を試みることができます。

これらが「コンテンツSEO」があるにも関わらず、「コンテンツマーケティング」が必要とされる理由です。

コンテンツマーケティングの具体的な方法とは?

ここまで、①「コンテンツマーケティング」とは何か、②なぜ「コンテンツマーケティング」が必要なのか、などを説明してきましたが、ここからは「コンテンツマーケティング」の具体的な方法について説明していきます。

「コンテンツマーケティング」の具体的な方法は以下のようになっています。

ユーザーの感情に訴えかけるコンテンツ

ユーザーの感情に訴えるコンテンツとして挙げられるのが、「バイラルコンテンツ」が挙げられます。

「バイラルコンテンツ」とは、FacebookやTwitterなどのSNSなどを通じて、ウイルスのように人伝いに感染していくような伝播性を持ったコンテンツのことです。

おもわず「いいね」を押したくなるような人々に何かしらの感動を与えるコンテンツは、未だ自社関連の事柄に興味がないユーザーに興味を抱いてもらうには最適なコンテンツの1つであると考えられています。

「バイラルコンテンツ」の形態としては、クイズ形式、動画形式のものなどがあります。

ユーザーの知的好奇心に訴えかけるコンテンツ

ユーザーの知的好奇心に訴えかけるコンテンツとして挙げられるのが、ブログなどを活用した「記事コンテンツ」が挙げられます。

「記事コンテンツ」の作成は、低コストで始めることができ、参入障壁も低く、導入が比較的しやすいコンテンツであると思われます。

動画の作成などよりもコストを含めた労力がかからないので、とりあえず一番初めに導入するには最も適正なコンテンツなのではないでしょうか。

ただし、両者ともにSNSでシェアしてもらいやすいようにするという視点は大切であるので、この点に注意が必要です。

まとめ

これまで、コンテンツマーケティングについて説明してきましたが、いかがでしたか。

今回の記事のポイントをまとめます。

  • 「コンテンツマーケティング」とは、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供することを通じて、ユーザーに自社の利益になる行動をしてもらうための施策であること
  • 「有益なコンテンツ」を作成する際には、①適切なペルソナを設定し、②ターゲットユーザーのニーズを把握し、③それらのニーズに基づいた対策キーワードをもとにコンテンツを作成すること
  • 「コンテンツマーケティング」は「コンテンツSEO」だけではカバーできない領域をカバーするもの
  • 「コンテンツマーケティング」の具体的方法としては、①ユーザーの感情に訴えかけるコンテンツ、②ユーザーの知的好奇心に訴えかけるコンテンツの作成などがあること

この記事をご覧の皆さんは上記の点を参考にして、「コンテンツマーケティング」の導入を検討するのも1つの方法ではないかと思います。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)