SEOで重要なリンク構造の最適化方法とその目的

SEO対策実例・コラム
2020.02.04
SEOで重要なリンク構造の最適化方法とその目的

コンテンツSEOの重要性が叫ばれて久しく、もはやリンク関連のSEO対策は時代遅れ。そう考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに以前のように手っ取り早くリンクを獲得して検索順位を上昇させるという手法は使えなくなりましたが依然としてリンクに対するSEOが有効であることに変わりはありません。特にサイト内部のリンク構造の最適化はコンテンツSEOの観点から見ても重要で、現状リンクへの施策としては最も有効な手段の一つと言えます。

リンク構造とは?

リンク構造とは自身のサイト内におけるページ同士の繋がりのことを指し、内部リンク構造とも呼ばれています。
つまりリンク構造を最適化するということは、ページ同士の繋がりをより良い形へと整理することを指します。

良いリンク構造と悪いリンク構造の違い 

では、より良い形にするためには具体的にどういったことを行えば良いのでしょうか?
目指すべき方向性は二つです。一つはユーザーに対する利便性、もう一つは検索エンジンのクローラーに対する利便性です。

良いリンク構造と悪いリンク構造の最大の違いはこの二つに対する利便性です。リンク構造を最適化するというのはユーザーへの利便性とクローラビリティを向上させることとほぼ同義です。

Googleはユーザーファーストの方針を強く打ち出しており、ユーザーにとって使いやすいサイトを目指すことはそれだけ検索エンジンの評価が高くなり、検索順位も上昇しやすくなります。

もう一つのクローラーに対する利便性は、クローラーがサイトを巡回しやすい構造にすることによりページの内容を把握しやすくすることです。

クローラーに対する利便性を向上させることの最大のメリットは、検索エンジンに対してコンテンツを正確かつ詳細に理解させることができる点にあります。

リンク構造を改善する前にチェックするべきこと

どのページからもリンクされていないページがないか
クローラーはページに張られているリンクを介してサイトを回遊します。そのため、どのページにもリンクされていなければクローラーが巡回することはなく評価対象外となります。
存在していないページにリンクされていないか
「404 page not found」のようにリンク先にページが見つからない場合はユーザーが目的のページにたどり着くことが出来ないと見なされ評価を下げることになります。
内部リンクの数が少なくないか
過剰なリンクはペナルティの対象となる可能性がありますが、リンクが少ない場合、例えば各ページに「戻る」や「トップ」のリンクしかないなど、特定のページに行けるルートが限られている状態はあまり好ましくありません。

リンク構造が重要である理由 

そもそも何故リンク構造を最適化しなければならないのでしょうか?

まず前提として現状でもリンクに対するSEOは有効だという点です。これは内部リンクも外部リンクも変わりません。
ただ、以前よりも抜け道的な、いわゆるブラックハットと呼ばれる手法が使えなくなっただけです。
現在でも高品質かつ関連の高いサイトからのリンクは高評価に繋がりますし、ユーザビリティの良い内部リンクも同様です。

その中で内部リンク施策であるリンク構造最適化を特に有効な方法として挙げるには理由があります。

一つは自分のサイト内だけで完結していること。外部リンクと異なり内部リンクは自身のサイト内への施策なので今すぐにでも着手できるという点で優れています。

もう一つはコンテンツSEOのためにリンク構造の最適化が必要だからです。
現状Googleが最優先しているのはコンテンツの質、ページクオリティやE-A-Tですが、それらをハイレベルで満たすコンテンツを作るのはかなりの労力と時間を必要とします。

コンテンツSEOから見た時、まさにこの点がリンク構造を最適化しなければならない理由になります。
何故ならばどれだけ苦労して高品質のコンテンツを作ってもそれが正確に評価されないのであればコストに見合った効果が上げられていないことになるからです。

つまりコンテンツSEOで作り上げた成果を最大限に発揮させるために必要なのがリンク構造の最適化なのです。
逆にコンテンツの質や量自体に問題はないはずなのに検索順位が思うように上昇しない。そういう場合はリンク構造が適切でない可能性が疑われます。

リンク構造で行うべきSEO対策 

リンク構造を最適化するには内部リンクの種類とそれらの性質についての理解が必要です。
ここで挙げている内部リンクのタイプはほぼ確実に効果が望めるものなのでできるだけ設置、あるいは効果的に運用することを心がけてください。

内部リンクの種類と特徴

グローバルナビゲーション
サイトのほぼ全てのページに設置されている主要コンテンツへのガイドリンクのこと。例を挙げると企業サイトにある「会社概要」、「事業内容」、「FAQ」などをひとまとまりにして設置しているリンクがこれに当たります。内部リンク施策におけるグローバルナビゲーションの役割は重要なページをクローラーに知らせることにあります。グローバルナビゲーションを設置することによりクローラーに優先順位の高いページを正確に認識させることができ、主要コンテンツへのセッションの増加が期待できます。
ローカルナビゲーション
主要コンテンツへのガイドであるグローバルナビゲーションに対して、同一カテゴリーごとのガイドリンクをローカルナビゲーションと呼びます。グローバルナビゲーションで表示されたコンテンツを更に分類する形で使われることが多く、下位のカテゴリーへのスムーズなアクセスを促します。



画像赤枠がグローバルナビゲーション、黄枠がローカルナビゲーション。これらを設置することによりアクセシビリティが向上し、ユーザーに対してもクローラーに対しても重要なページを明確に知らせることができます。
パンくずリスト
ブレッドクラムリストと呼ばれることもあります。ユーザーがサイトのどの階層にいるかを経路ごとに示したリスト。このページを例に挙げると「SEO対策なら株式会社ペコプラ」>「SEO対策実例・コラム」>「ページタイトル」と表示されている部分がパンくずリストです。

パンくずリストは特定の経路のみを表示するタイプ、そのページに飛ぶことができる経路全てを表示するタイプ、実際にユーザーが辿ってきた経路を表示するタイプがあります。サイトの性質によってどのタイプが有効か異なりますが、サイトの規模が大きい場合に全ての経路を表示させるとかなり雑然とした印象になるので避けた方が無難でしょう。



画像内オレンジ枠がパンくずリスト。短すぎれば不便、長すぎれば煩雑になるのでレイアウトを考えた上で設置するのがベターです。
関連リスト/関連項目
コンテンツとして近いページをリストとして表示したもの。リンク施策として関連性の高い優れたコンテンツへのリンクは検索順位を向上させる上でも有効です。これは内部リンクでも同様で、関連のあるコンテンツを緊密にリンクさせることはユーザーのセッションの質を改善することにもつながります。



画像緑枠が関連リスト/関連項目。閲覧ページと関係のあるページを列挙することによりユーザーの回遊を促します。
アンカーテキスト
リンクが設置された文章あるいは語句のことを指します。外部リンクにも使われ、共通の注意点としてはテキストの表示とリンク先の内容を一致させること。過去においてはアンカーテキスト内に上位化を狙うキーワードを詰め込むことにより検索順位を上げることができましたが現在ではペナルティの対象となるので注意が必要です。



画像内青文字がアンカーテキスト。Wikipediaは関連リスト/関連項目やアンカーテキストを効果的に用いることによって利便性と回遊性の高いリンクを構築しています。
サイトマップ
サイトマップは二種類あり、一つはユーザー向けのhtmlサイトマップ、もう一つはクローラー向けのxmlサイトマップです。htmlサイトマップはカテゴリーを一覧表示したものが一般的で、膨大なコンテンツから目的の項目を見つけ出す助けとなります。一方xmlサイトマップはサイトの詳細情報やコンテンツをクローラーに速やかに知らせるための機能を持っており、通常クローラーが巡回しにくいページや外部リンクが少ないページに対しても効率的に回遊させることができます。xmlサイトマップの作り方については弊社の記事でも紹介していますので、詳細は以下のページにてご確認下さい。→https://pecopla.net/seo-column/seo-sitemap



Amazonのhtmlサイトマップ。膨大な数の商品をカテゴリー別にリストアップすることにより目的の品物に速やかにアクセスすることができる構造になっています。主だった内部リンクのタイプは上記の通りですが、共通して言えるのは過剰にリンクや表示を集中させないこと、関連性の高いものあるいは階層構造になっているものをリンクでつなぐことです。多様なタイプのリンクを設置することはクローラーの回遊性やユーザーのアクセシビリティの向上に寄与しますので是非とも活用ください。 

まとめ

コンテンツSEO中心の時代に何故リンクへの施策であるリンク構造最適化が必要なのか?

  • ユーザビリティを向上させることは検索エンジンへの評価にも繋がる。
  • クローラーに対して回遊しやすいリンク構造を作ることによって、クロールの頻度を上げ評価されやすい状態を作ることが出来る=高品質のコンテンツがより評価されやすくなる。
以上のようにコンテンツを正確に評価させるためにはリンク構造最適化が必要であり、リンク構造を最適化することにより更なる検索順位の向上が見込めます。
特にコンテンツの量が増えるに従いクローラーが巡回に要する時間も増加し、より適切な内部リンクを設置しなければならなくなります。コンテンツの量は質とともに重要な要素であり、コンテンツSEOを進めていけば当然増えていくものです。

つまるところコンテンツSEOを突き詰めれば突き詰めるほど、いかにしてリンク構造を適切に敷設するかという問題に行き着きます。よってコンテンツSEOの観点から見てもリンク構造の最適化が重要なファクターと言えるのです。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)