SEOの別ドメインとは何か?メリットとデメリットを紹介

SEO対策実例・コラム
2019.08.30
SEOの別ドメインとは何か?メリットとデメリットを紹介

新規ウェブサイトを作成するにあたり、別ドメイン(新規ドメイン)を取得し、0からサイトの作成を始める方は多いです。しかし新規ドメインを取得し、0からサイトを作成する以外にも、サブドメインを利用する方法や、すでにWebサイトを運営しているという場合は、そのサイトのサブディレクトリを利用するなど様々な方法があります。

そこで今回は別ドメインを利用するメリットとデメリットを紹介していきます。このページを読めば、新規サイトを作成する際に、自分が別ドメインとサブドメインのどちらを利用するべきなのか理解することが可能です。

SEOで重要な別ドメインとは?

別ドメインとは文字通り、既存のドメインとは一切関係のないドメインを指します。

例えば「https://pecopla.net/」というドメインをもとに考えると、別ドメインとは「https://seonotakumi.com/」というように、全く関係のないドメインです。もし「https://pecopla.net/」というURLを持つ弊社が「https://seonotakumi.com/」というドメインを取得し、新規サイトを作成すれば、弊社は新規サイトを別ドメインで始めたということになります。

別ドメインとサブドメインとの違い

サブドメインとは「○○○.com」の前に文字列を挿入し、「△△△.○○○.com」のようにしてドメインを区分けしたものを指します。例えば弊社がSEOに関する質問掲示板を新たに作成する際に、「https://seofaq.pecopla.net/」というドメインを利用すれば、弊社はサブドメインを利用したことになります。

別ドメインは既存のドメインと関係のないドメインとして扱われる一方で、サブドメインは既存のドメインのサブとして扱われます。そのため新規サイトを作成する際に、別ドメインを選んだ場合と、サブドメインを選んだ場合には、勝手の違いが大きいです。

別ドメインのデメリット

別ドメインを新たに取得し、新規サイトを作成するデメリットは主に2つです。

  • サブドメインを利用するよりも順位が上がりにくい
  • ドメインの費用が発生する

上記2つのデメリットを解説していきます。

サブドメインを利用するよりも順位が上がりにくい

以下の3つの理由から、別ドメインを利用する場合、サブドメインを利用して新規サイトを作成した場合よりも、検索順位が上がりにくいというデメリットがあります。

理由1:SEO評価を受け継ぐことができない

既存のドメインを利用する場合、既存のサイトがGoogleから一定の評価を得ていれば、新規サイトを作成した際に、ベースとなるドメインの一部の評価を受け継ぐことができます。そのため新規サイトであっても、比較的早く上位表示することが可能です。

一方で別ドメインを利用する場合は、既存のサイトにいくつ被リンクがあり、Googleからの評価が高くても関係ありません。既存のサイトから新規サイトにリンクを貼ることで、新規サイトの評価を高めることができるケースがありますが、基本的に1からSEO対策を行う必要があります。

理由2:初期段階においてコンテンツが不足する

既存のドメインに関連するサイトを作成する場合、サブドメインで作成すれば、ドメイン内のコンテンツが多くなり、結果的にGoogleからの高評価につながることが多いです。例えば、大まかなテーマが健康だったとすれば、ベースとなるドメインに健康に関する記事が1,000記事、サブドメインにも健康に関する記事が200記事入っていれば、1,200記事分の情報量で評価されます。

一方で、200記事入った新サイトが別ドメインの場合、既存のサイトとは分けて評価されるため、新サイトはコンテンツが少ないと判断され、評価が上がりにくいです。既存のサイトと重複コンテンツが発生しないように、注意しながら新規サイトにも多くの記事を入れる必要があります。

理由3:新規ドメインは検索順位が上がりにくい

新規ドメインを取得し、サイトを作成した場合、一時的に検索上位に表示することができても、一定期間圏外に消え去ることがあります。これはGoogleの「サンドボックス」や「ハネムーン」と呼ばれる現象です。その間は良質なコンテンツを作成し、記事を公開しても検索順位が上がることは期待できません。

Googleは意図的にこのような現象を引き起こすことはないと、公式で発表しているものの、コンテンツの品質を正当に評価しようというアルゴリズムの一連の処理により、「サンドボックス」や「ハネムーン」という現象が発生しているように見えることがあるとしています。そのため新規ドメインは検索順位が上がりにくい傾向があるのは否定できません。

SNSなどを有効活用し、オーガニックトラフィック以外の流入を増やし、被リンクを獲得することで、比較的短期間で検索上位に表示することも可能です。しかしサブドメインを利用する場合と比べれば、時間がかかります。

ドメインの費用が発生する

新規サイトを作成するために、別ドメインを取得すれば、別ドメインの取得に費用がかかります。また高額なSSLサーバ証明書も新規で取得する必要があるため、費用がかかる場合もあるため注意が必要です。

(なお多くの場合、SSLサーバ証明書はサブドメイン単位で発行されるため、サブドメインで新規サイトを作成する場合にもSSLサーバー証明書を新規取得する必要があります。その場合、別ドメインを利用する場合とサブドメインを利用する場合の費用負担は、ドメイン費用のみとなり、差額は小さいです)

別ドメインのメリット

別ドメインを利用して、新規サイトを作成する場合、検索順位を上げるのに苦労するというデメリットがあるにもかかわらず、別ドメインを利用する方もいます。別ドメインを利用するのには、以下のメリットがあるからです。

  • 検索上位を自社サイトで独占することも可能
  • 複数のサイトを保有することでリスクヘッジ可能
  • サイトの一貫性を保つことが可能

それぞれ解説していきます。

検索上位を自社サイトで独占することも可能

上位表示するキーワードによっては、同ドメインのサイト内の複数のページを上位表示することが可能だった時期もありました。しかしこれまでは同一サイトから表示されるページ数の制限に関する変更を度々行っており、現在は検索結果に表示されるページは、サブドメインを含め1サイトにつき、2ページまでとなっています。(特に関連性が高いサイトは3ページ以上表示されることもあります)

一方で別ドメインは、既存のドメインとは全く関係のないサイトとなるため、既存のサイトと新規サイトの2サイトで同一キーワードの上位表示を狙った場合、1サイト2ページまで表示されるので、検索結果に4ページまで表示することが可能です。仮に検索順位1位〜4位を独占すれば、アクセスの4割以上を獲得することができます。

ただし、これはあくまで全てが思い通りになった場合を想定しています。実際には2ページ表示されることはなかなかないということも合わせてお伝えしておきます。

複数のサイトを保有することでリスクヘッジ可能

Googleではガイドラインに違反した場合に、自動ペナルティーや手動ペナルティーが課され、検索順位が落ちることがあります。ペナルティーの原因は様々ですが、主に次の場合にペナルティーが課されることが多いです。

  • 低品質なコンテンツを大量に抱えている
  • 不自然なリンクが貼られている

ペナルティーを受けた場合でも、問題を改善すれば検索順位が戻ることはありますが、戻るまでの期間の、サイトからの売上の著しい減少は避けられません。さらに検索順位が長期間にわたって戻らないこともあります。

しかし別ドメインで複数のサイトを保有していれば、1つのサイトがペナルティーを受けてしまっても、残りのサイトがペナルティーを受けなれば、売上をある程度の水準で維持することが可能です。Googleがガイドライン違反に厳しい姿勢を見せており、ペナルティーのリスクが増えた現在、別ドメインを利用することで、リスクヘッジになります。

サイトの一貫性を保つことが可能

サブドメインは、ベースとなるドメインと関連づいたドメインです。そのためベースとなるドメインと関連の薄いテーマのサイトを、サブドメインで初めてしまうと一貫性を保つことはできません。

一方別ドメインを利用して、既存サイトとは別にサイトを作成することでサイトの一貫性を保つことができます。サイトの一貫性を保つことはSEOとブランディングの観点から重要です。

SEOにおけるサイトの一貫性の重要性

Googleは個別ページだけでなく、ドメイン全体として、どのようなテーマを扱っているかを判断して、検索順位に反映しています。例えば、SEOに関するサイトにSEOに関する良質なコンテンツが豊富にあれば、SEO関連のキーワードで、そのサイトを上位表示します。

しかし仮にSEOに関するサイトのサブドメインに美容院のサイトがあれば、Googleはそのドメインが、どのようなテーマを扱っているのか理解することができません。その結果上位表示するのが難しくなるため、SEOではサイトで一貫性を持たせるのが重要です。

ブランディングにおけるサイトの一貫性の重要性

既存のサイトと新規サイトのブランドイメージが異なる場合があります。例えば現在高級服をサイトで販売している企業が、サブドメインを利用して新規サイトを起ち上げ、そこで安価な服を販売する場合、既存サイトの「高級」なイメージが崩れてしまう可能性があります。

そのような場合、別ドメインを利用してサイトを作成することで、既存サイトのイメージを壊すことなく、新規サイトを起ち上げることができます。

まとめ

ここまで紹介してきたように、サブドメインで新規サイトを作成するのと、別ドメインで新規サイトを作成するのには大きな違いがあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。新規サイトを作成する際には、既存のサイトと新規サイトのテーマや、新規サイトにかけられるリソースの大小などを明確にしたうえで、別ドメインを利用するのか、サブドメイン (場合によってはサブディレクトリ)を利用するのかを決定することをおすすめいたします。

SEOやWEB制作に関する情報を検索

コラム

ピックアップコラム

最新コラム

人気コラム

過去の記事

ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5829-9912

受付時間:平日10:00~19:00(土・日・祝日を除く)